労務・採用

2020年4月から派遣法改正!同一労働同一賃金が導入されたらどうなる?をシンプルに解説

2020年4月より派遣法改正がおこなわれます。今回の改正におけるポイントは「同一賃労働同一賃金」で派遣社員と正社員の格差是正のための法律が導入されることです。

この同一労働同一賃金が導入されることによって派遣社員の生活はどのように変わる可能性があるのでしょうか。今回の派遣法改正の同一労働同一賃金が導入することによって、派遣社員の生活や仕事にどのように影響が出てくるか紹介してますので、分からない人は参考にしてみてくださいね。

同一労働同一賃金とは

同一労働同一賃金

同一労働同一賃金は正社員と非正規社員の給料や手当などの待遇差を無くしてしまおうと考えている法律です。

日本では非正規は年々増加しており、2018年から2019年にかけて約40万人増加しました。日本の雇用の3〜40パーセントが非正規社員と言われています。

日本国内の産業を支えている非正規社員で正社員と同じような仕事をしているのであれば同じ待遇が非正規社員に支払われるべきとしてます。同一労働同一賃金が導入されることにより正社員と非正規社員の待遇格差がなくなることで様々な働き方を選択できるようになります。

同一労働同一賃金のメリット・デメリットについて

同一労働同一賃金 メリット デメリット

同一労働同一賃金が導入されることによって働き手にはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?非正規社員が受けるメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット①賃金の上昇で給料が増える
メリット②職務経歴での偏見が無くなる
メリット③仕事のやりがいが生まれる

まず3つのメリットについてそれぞれ解説していきます。同一労働同一賃金によって非正規社員と正規社員の格差がなくなることによって、まず1つ目は賃金のアップで非正規の給料が増えることが期待されます。正社員と同じ待遇になるので、ボーナスは勿論のことですが手当てに関しても正社員と同じように受け取ることができるようになります。

次に職務経歴での偏見がなくなります。今までは非正規で長年働いていると負い目に感じてしまったり、正社員の面接を受けても書類選考が通過できなかったり、非正規社員から抜け出すのが難しいのが実態としてありました。しかしこれからは完全実力主義となるので非正規・正規などの雇用形態はあまり関係なくなるかもしれません。

最後にやりがいが生まれるということについては、やはり正社員と同じような仕事で同じような待遇を受けることができるというのは当然将来が見えるようになるので待遇格差の是正は非正規社員のモチベーションアップになります。以上の3つがメリットとなります。次にデメリットをご紹介したいと思います。

デメリット①優秀な人しか採用されない
デメリット②派遣を受け入れる企業が激減してしまう
デメリット③そもそも非正規社員にあわせた待遇に統一してしまう可能性がある

次は同一労働同一賃金によるデメリットを紹介していきます。まず1つ目は優秀な人材しか採用されなくなってしまう可能性です。会社員であれば必ず優劣の評価が付き纏います。そのため能力が劣っている人は雇用形態に限らず採用されにくくなる可能性があります。そのため非正規で今までの職歴ブランクがあるニートや引きこもり、仕事が長続きしない方は再就職できる可能性がより一層低くなる恐れがあります。

次に派遣を受け入れる企業が激減するということですが、同一労働同一賃金により、派遣料金が一気に値上がりとなります。そのため派遣先の人材コストが増え、派遣を受け入れる企業が減ってしまう可能性があります。また派遣を受け入れる際も優秀な人以外受け入れたくないという客先の要望が強くなり、紹介できる人材層が少なくなり人手不足に拍車をかけるようになるかもしれません。

最後にそもそも正社員の給与を減らして待遇格差の調査をする企業が出てきてしまうことの可能性があります。本来、ボーナスは正社員に支払う義務はないので、非正規の人件費のベースが上がった分はボーナスから補填するかもしれませんよね。そうなれば非正規社員の年収は上がるが正社員の年収は下がるという、本末転倒な法律になってしまいますね。以上が同一労働同一賃金の3つのデメリットでした。

導入のガイドラインについて

ガイドライン

下記は厚生労働省が定めた同一労働同一賃金のガイドラインになります。基本的な考え方は正社員と非正規社員の不合理な格差を無くすことです。そのため同一労働同一賃金で挙げた正社員の年収を引き下げる企業が出没する可能性を解説しましたが、雇用形態に関わらず不合理な待遇格差さを生み出すことを同一労働同一賃金のガイドラインではNGとされています。

出典:厚生労働省
出典:厚生労働省

またガイドラインには基本給や賞与、各種手当ての支払いのルールを具体的に決められております。待遇面以外にも福利厚生に関する記載も取り決められているので、派遣法改正前に派遣社員の方は一度厚生労働省のガイドラインを一読することをおすすめします。

▼厚生労働省
住所:東京都千代田区霞が関1-2-2
問い合わせ:03-5253-1111
HP:https://www.mhlw.go.jp/index.html

同一労働同一賃金によって派遣社員はどのように変わる?

疑問

2020年4月の派遣法改正により同一労働同一賃金が導入されます。非正規である派遣社員にはどのような影響があるのか解説します。影響があるとすれば2点です。

まず1点目は給料が増えたり、有給が自由に使えて正社員同等に福利厚生や各種手当てがもらえるようになることです。したがって生活は今まで以上に豊かになる可能性が高いです。

2点目は派遣社員として働ける人と働けない人の二極化です。派遣社員だったら誰でも仕事にありつけるという時代は終わるかもしれません。人材コストが上がりますので、派遣料金が値上げして派遣社員を受け入れる企業が激減する可能性があります。そうなってしまえば職を失ってしまった者が大量に増えてしまいます。派遣社員であれば職に就けるという時代は終了を迎えそうです。

まとめ

派遣法改正により同一労働同一賃金が導入されると、非正規社員と正社員の待遇面の格差は解消されるのは間違いないでしょう。しかし人材コストの急上昇により今まで派遣社員を受け入れていた派遣先が派遣法改正以降は人員の受け入れを抑えるなんてことも起こり得ます。

そうなったときには、果たして派遣法改正で格差是正をした意味が本当にあるのか、疑問に残ります。同一労働同一賃金は待遇格差の解消のメリットがある一方で、逆に雇用先が縮小してしまう可能性があるデメリットがあることを覚えておきましょう。

働き先が今後無くならないためには自身で資格を取得したり本業とは別で副業をして個人単位で稼ぐスキルを身につけることをおすすめします。これは非正規のみならず、正社員の方にも言えることなので、今後転職を考えてる方は将来的に稼げるスキルが身につけられるような業界に身を置くと良いでしょう。

もしどのような業界に行けば良いのか分からないという方は、その道のプロである転職エージェントや派遣会社のコーディネーターに一度相談してみることをおすすめします。