派遣

人見知りに向いてる仕事!仕事が長続きしない人のための人見知り克服と仕事の選び方。

実は意外と多くの人が人間関係が上手くいかないという悩みを抱えています。実際に仕事の退職理由の多くは「人間関係」によるものが最も多いのは知っていますか?
自分はコミュ障じゃないと思っていても職場やお客さんとの人間関係がなかなか上手くいかず退職をしてしまったなんてことよくある話しです。

外交的な性格であれば人間関係で苦労することはありませんが、人見知りの人にはゼロからの人間関係の形成がとても難しいです。本記事では人見知りの人におすすめの仕事と人見知りを克服する方法を紹介していきますので是非参考にしてみてください。

人見知りは正社員になれないの?

仕事を探してください, 仕事, シルエット, 男, 従業員, 広告, 雇用機関

人見知りだからといって正社員になれないといったことはありません。世の中には人見知りの人でも正社員で働いてる人はたくさんいます。会社に入れば大前提最低限のコミュニケーションは必ず必要になってきます。

これはどの仕事に置いても変わりません。しかし仕事によってはお客さんとのコミュニケーションが全くなかったり、社内のコミュニケーションも必要以上に取ることがなかったりと様々なので、人見知りの人は自分に合った仕事選びが重要になってきます。

人見知りというのはあなた自身の個性でもあるので、無理に治そうとする必要はないのです。今まで職場や社外の人とのコミュニケーションを苦痛に感じていた人はそもそもの仕事選びを間違っており、自分の性格にあった仕事をすれば人間関係を負担に感じることは少なくなります。

したがって人見知りの人は人見知りのレベルがどの程度なのか振り返り、どのような仕事であれば続けられそうか考えてみましょう。本記事でも人見知りの人におすすめの仕事を紹介しているので是非参考にしてみてください。

人見知りの人ほど自己分析することが大事

人見知りの人は仕事選びが重要といったことを説明しました。まず仕事を選ぶまえに自己分析をして、どの程度の人見知りで、仕事でどのような場面でストレスを感じるか自己分析をすることがとても大事です。自己分析の方法として、マトリクス分析を用いるととても効果的です。

やり方としては縦軸と横軸に二本の線を引いて横軸は苦手なことと得意なこと、縦軸はストレスの度合いを示します。右にいくほど自分が得意な分野で上にいくほどストレスの度合いが高くなります。

要するに自分にあった仕事はストレス度合いが低く、得意な領域になるので右下の枠の仕事を選ぶのがベストです。また自己分析をする際に必要な考え方として、必ず過去の経験から未来(将来どのようになりたいか)を意識することがとても重要です。

この自己分析を入念にすることのメリットは面接対策になるのもありますが、なにより自分自身が本当にやりたいことが見つかるのが最大のメリットなので必ず自己分析はおこなうようにしましょう。

人見知りの人が選ぶと良い仕事

大通り, 女の子, 赤毛, 羞恥心, シャイネス, 非表示, 車を借りる

人見知りの人は社内外問わず、自分からコミュニケーションを取りにいくことが苦手に感じているので、できるだけ自分のペースでできる仕事を選ぶと良いと思います。

一方で営業のように顧客とのコミュニケーションの数が成果に直結してくる仕事は人見知りの人にはおすすめしません。なぜならばコミュニケーションに加えて成果を出せなければ評価されないことが苦痛になってくるからです。

したがって人見知りの人は次に紹介するような仕事が合っているのかもしれません。

人見知りに向いている仕事

人見知りの人に向いている仕事は具体的に下記のような仕事だと考えられます。どうでしょうか?意外と挙げてみれば人見知りの人でもできる仕事って多いのです。全く話さないという訳ではありませんが、1人でコツコツできる作業なので人見知りがハンデになることはありません。

▼人見知りの人に向いている職種の例

・工場
・物流倉庫スタッフ
・エンジニア、プログラマー
・webライター
・トラック運転手
・料理人
・デザイナー
・薬剤師
・イラストレーター
・ビルメンテナンス
・建築士
・経理
・研究、開発職
・漁師
・農家

特に工場や物流倉庫の仕事はノンスキルでもできる人見知りの方の代表的な仕事といっても良いでしょう。業務上でのコミュニケーションは比較的少ないうえに、扱う製品もモノなのでプラモデルや内職のように細かい作業を黙々とすることが好きな人にはとってもおすすめの仕事です。
肉体労働のイメージがあって女性は働きにくいイメージがある工場や倉庫の作業ですが、最近では機械化や空調完備が進んでいる工場や倉庫も増えてきたので年齢や性別に関係なく働きやすい環境になってきました。

人見知りに辛い仕事

人見知りの人にとって辛い仕事は具体的に下記のような仕事だと考えられます。これらの仕事の特徴は人と必ず関わらなければならないということです。そのため業務上コミュニケーションが必須で人見知りの人には辛い仕事であるということが分かります。

▼人見知りの人に向いていない職種の例

・接客
・営業
・介護
・看護
・警備
・事務
・総務
・コールセンター

なかでも接客や営業は自身のコミュニケーションが成果に影響し、売上が上がらなければ評価されないといったことやノルマが存在するといった厳しい仕事です。またコミュニケーションが必須な仕事にはお客さんからのクレームや電話対応が付き物なので、コミュニケーションが苦手な人見知りの人にはストレスの多い仕事です。

人見知りが仕事で辛いと感じるとき

低評価の口コミで落ち込むぼっち

周りから仕事ができない奴だと周りから思われる

人見知りの人は円滑なコミュニケーションが苦手で本当は業務スキルや知識があるのに周りからは仕事ができない奴だと決めつけられがちです。さらに電話対応をしているところをみて「電話もまともに取れない」なんて周りから言われてしまう始末です。
職場における人間関係は本当に重要で、特にチームで進めるような仕事であれば、本来はお互いな不得意な分野を補える関係が望ましいですね。人見知りはスキルがあってもコミュニケーション能力が足りてないばかりに仕事ができない奴だと見られるのが辛いですね。

職場に馴染めずに孤立してしまう

人見知りは自分から話しをするのが苦手です。そのため同僚の輪になかなか入っていけず孤立してしまいがちです。人見知りの人は最初が肝心で一度タイミングを逃すといつまでたっても同僚の輪の中には入れません。そのため中々職場に馴染むことが出来ません。人見知りは職場になかなか馴染めないことや職場で孤独といったところが辛いですね。

仕事で分からないことが聞けない

人見知りの人が仕事で1番辛いと感じるのは「分からないことが聞けない」もしくは「分からないことを気軽に聞ける人がいない」ということです。仕事が分からないというのは、とてつもない不安に襲われ、上司からも叱られるので、次第に仕事に行きたくない…なんてネガティブな気持ちになってしまう可能性があります。人見知りの辛いところは会社内で孤独なところが最もだと思います。

仕事を押し付けられてしまっても何も言えない

人見知りの人は優しい性格の人がとても多いです。そのため人にお願い事をされると断ることができないといった人も多いのではないでしょうか?また1度お願いを受け入れてしまうとドンドンとお願いをしてくる人もいるでしょう。このようなケースで人見知りの人はキッパリと断ることができないのが辛いですよね。

自己主張が苦手で自分の意見を言えない

人見知りの人は自己主張が苦手な人が多いです。自分自身の考えや意見は持っているのに発信するのが苦手なので、仕事で自己アピールが出来ず損をしてしまいがちです。そのためいつも自己主張の上手いひとに巻かれがちで評価もされにくいです。

仕事での人見知りを克服する方法

ガッツポーズで社員の士気を高める上司

どの仕事も職場でのコミュニケーションは最低限必要です。人見知りとかコミュ障だから社内で人と関わらなくて良いというのはほとんどありません。工場や倉庫の仕事だって確かに黙々とする作業中心ですが、最低限のコミュニケーションは発生します。会社員であれば報連相から避けては通れないので、人見知りを克服するためには下記の方法を試してみると良いでしょう。

・自分からまずは挨拶をしてみる
・積極的に飲み会などの社内イベントに参加してみる
・親しい同僚を1人〜2人作る
・仕事だと割り切ってみる
・資格取得や筋トレで自分に自信をつける
・仕事で圧倒的な成果を出す

人見知りを克服するうえで大事なのは「自分から歩み寄ること」です。社内の人間関係を作るうえで、まず相手に認知されることが大事なので、自分から少しずつ相手に歩み寄ることができれば社内の人間関係も良好に作ることができますし、人見知りも克服できます。また日々の筋トレや仕事で成果を出して自信をつけると自然と相手と同じ目線で話すことができるようになるので、人見知りを克服することができます。

まとめ

人見知りに向いている仕事と人見知りを克服する方法を以下にまとめました。

・人見知りでも正社員にはなれるが仕事選びが重要
・自己分析をおこなったうえで仕事を選ばないと失敗する可能性が高い
・人見知りはコツコツとできる作業が向いている
・人見知りは人間関係の形成が辛い
・どの仕事でもコミュニケーションは必須なので自分から歩み寄る努力をすることも大事

人見知りでも仕事選びさえ、間違わなければ長く続けられる仕事に出会うことができます。転職をする際には必ず転職エージェントに相談することをおすすめします。