転職

携帯ショップ店員を辞めたい!新卒で携帯販売員を選んだ人の後悔6選!

学校卒業後、明確に自分のやりたいことが決まっており、希望の職業に就くことができた人はほんの一握りです。

学生時代に安易に就職先を決めてしまった後悔から、この記事に辿り着いてしまったという方は多いのではないでしょうか?

この記事では携帯販売員から異業種への転職について解説をしていきます。

お疲れ様です。森です。
私は人材業界で営業と採用業務の経験があります。

この記事では携帯ショップからの転職について解説をしていきます。

携帯ショップを辞めたい人の実態を調査!携帯販売員を選んだ後悔6選

携帯ショップを辞めたい人はどのようなことに悩みを抱えて転職を考えているのでしょうか。
こちらでは携帯販売員が仕事を辞めたいと感じる理由について実態を調査し紹介します。

クセの強い客の対応がストレス

携帯ショップってさ、理不尽なお客さんめちゃくちゃ多いんだよ…何でもやってくれると思ってる人、ほんっっっっとめちゃくちゃ多いんだよ…お客さん対応に疲弊して仕事辞めたいと思うことしょっちゅうなんだよ…仕事増やさんといてくれ…

引用元:Twitter

そろそろ危ないなと思いつつ面倒で
最悪の場合が起こる前に変えなきゃだね
携帯ショップ店員さんなんだね!私も結婚前だけど 携帯ショップで働いてたよ~
変な客多すぎで辞めたけどw

引用元:Twitter

そもそも接客が苦手

接客が苦手な自分にとって携帯ショップ店員なんて苦痛でしかない 早く1年半経たないかな 辞めたいとは思っても転職したばかりだから今辞めたら次は無いし

引用元:Twitter

業務量のわりに給料が安い

携帯ショップで時給1300円なんかで働いてられるか
マジで辞めたいわ〜はぁダルすぎる

引用元:Twitter

もはや、携帯ショップは何でも屋さん化してる。ほんと辞めたい……

引用元:Twitter

新卒と中途の給料に下手したら月4〜5万円の差があったり、退職金なんて出ないし会社によってはみなし残業むしろ残業代出ないところもある、給料は努力と資格次第だし定時に帰れるなんて夢のまた夢。朝礼では何故売れないのか詰められ辞めたいと伝えても辞めさせてくれない、それが携帯ショップです!

引用元:Twitter
【奥の手】上司が怖くて退職を言えない人が行うべき会社の辞め方を紹介。会社を辞めるとき上司や同僚から怒られたり嫌がらせがあるのではないかと不安に感じて、なかなか退職を言えない人が多いかと思います。しかし退職を言わなければ、いつまでも現状を変えることはできません。この記事では退職の流れや方法について紹介しているので是非参考にしてみてくださいね。...

まともに休憩が取れない

休み20分しかないまま気づいたらもう仕事終わるわ。笑
ほんと携帯ショップのこの時期嫌い。笑

引用元:Twitter

店舗が小さいため人間関係に悩みやすい

携帯ショップ店員をしていた時、地域の人間関係に馴染めず、ストレスで体調を崩して辞めました。休憩時間に外出できない店舗だったので辛かったです。

引用元:Twitter

将来性が見えない(スキルが身につかない)

僕が、初めて正社員として携帯ショップ店員として働いていた時、こんな接客スキルしかつかない底辺の仕事嫌だなと思い、最終的には辞めた。

引用元:Twitter

私が携帯ショップを辞めた理由は大きく分けて3つでした。

①接客が辛い
②休日・労働時間の不満
③一生の仕事として考えられなかった

引用元:Twitter

携帯ショップ店員を辞めたい理由を解説

携帯ショップ店員を辞めたいと感じるポイントは大まかに3つあります。

対人関係によるストレス

まず携帯販売員を辞めたいと感じる原因は人間関係が挙げられます。

携帯ショップは地域に根差す店舗も多いので、一度人間関係で失敗してしまったら、当然職場での居場所がなくなってしまいます。

さらにクセのある客を相手にすることも度々あるので、対人関係で悩む人は少なくありません。

給与・待遇が良くない

次に給与・待遇が良くないというのが挙げられます。

もちろん店舗にもよりますが忙しい店舗だと休憩をまともに取ることができません。
それなのに携帯ショップ店員の給料はそこまで高くありません。

業務量と割にあわないと待遇面に不満を感じる人は少なくありません。

スキルが身につかない

最後に携帯ショップ店員はスキルが身につきにくい点が挙げられます。

もちろんスキルが身につきにくいというのは本人の仕事に取り組む姿勢もあるかと思います。

直接顧客と触れ合うことができるので、意識高く仕事に取り組むことができている人はマーケティングや折衝力などのスキルを身につけられているでしょう。

しかし多くの人が接客以外のスキルを身につけることができないため長期的なキャリア形成に結びつきにくいです。

携帯販売員を辞めたいときはどうする?解決方法

年齢が20代〜30代で携帯販売員を辞めたいのであれば、まだまだ異業種に転職することは余裕です。
むしろ中長期的な年収アップやキャリア形成の視点で考えるのであれば、転職することをおすすめします。

携帯ショップ店員を続けた先に「将来なりたい自分」がいるのであれば、仕事を続けるべきですが、そうではないのであれば、我慢して働くのは勿体ないです。

でも携帯ショップの店員である、あなたが向いているのはどのような仕事でしょうか?

携帯ショップ店員の人に向いてる仕事

携帯販売員が向いている仕事はズバり「接客スキル」を活かせる仕事です。

携帯ショップで培った接客能力は転職先で大きな武器になりますし、いざ仕事を始めたあとも得意なコミュニケーションで成果を出すことが可能ではないでしょうか?

具体的な携帯ショップの元店員の方が向いている仕事は下記のとおりです。

  • 携帯ショップで得た知識と接客スキルを活かしてIT/通信系の法人営業職
  • 日常的なパソコンスキルを活かして事務職
  • 接客経験を活かして小売業

法人営業であれば営業の数値目標はありますが、そこまでクセの強い顧客はいないですし、土日休みで、人脈も拡がりやすいです。

将来的なキャリアアップや年収、プライベートを大事にしたいという方は、IT/通信業界で法人営業職になることを目指すのが良いでしょう。

携帯ショップ店員の人に向いてない仕事

携帯ショップ店員の人が向いてない仕事を探すときは、自分が何故仕事を辞めたいのかを振り返ってみると良いでしょう。

そうすると自ずと向いていない・向いてる仕事や業界が見えてくるのではないでしょうか?

クセの強い顧客などの対応に疲れた

個人向けの営業は色んな人がいるので法人営業か事務職の職種に転職するべき

給与が良くない

そもそも平均年収の高い業界に転職するべき

スキルが身につかない

どういったスキルを身に付けたいか考え、伸びている業界に転職するべき

同職種(携帯ショップ)のほうが、正直なところ内定をもらえる可能性が高い傾向にありますが、せっかくの転職の機会なので、未経験の業界や職種にチャレンジをするべきです。

年齢が20代〜30代であれば、むしろ異業界にチャレンジしないことは年齢という武器を活用できていないということになるので非常に勿体ないです。

転職の際に転職エージェントを使えば、客観的な視点で転職のサポートをしてくれるので、異業界への転職も安心して叶えることができます。

次でおすすめの転職エージェントを紹介するので、転職しようか迷っている方はまずは転職エージェントに無料相談をしてみましょう。

おすすめの転職エージェントを厳選ピックアップ!

リクルートエージェント

転職エージェントはいろいろ使ったけど、人におすすめするならリクルートエージェントかなぁと思います! やっぱりアドバイザーの質が高いし、求人数も多い! #仕事がない#新しい仕事

引用元:Twitter

リクルートエージェント、かなりおススメです。企業スカウトや営業のおすすめのレベルが高いと思います。 他の転職支援サービスだと本当に私のレジュメ読んだ?ってスカウトがスパムメールのごとく飛んでくるので

引用元:Twitter

リクルートエージェントに無料相談はこちら

パソナキャリア

とりあえずDODAかパソナキャリアおすすめです パソナキャリアは丁寧な面談、DODAは早いって感じですね〜 転職サイトはさっさと登録した方が精神的にもいいですよ!!!

引用元:Twitter

リブズキャリアとパソナキャリアは女性のキャリア支援に強いのでおすすめですよ。まだ登録してなければ登録してみてください!

引用元:Twitter

パソナキャリアに無料相談はこちら

doda

転職サイトはdoda

今のところはdodaのエージェントに見つけてもらった!
無料なのにめちゃくちゃ手厚いからおすすめ!!!

引用元:Twitter

おひさしぶりです! みよりはこないだdodaのキャリアアドバイザー使ったら上手いこと転職できた! 同時進行したら面接の日程ややこしくなったりするからそういうの使うと楽やしおすすめです!

引用元:Twitter

dodaに無料相談はこちら

まとめ

この記事では携帯ショップ店員を辞めたいと考えている方に向けて、今の仕事を辞めたくなる原因や、転職について紹介をしました。

辞める・辞めないでウジウジしているのであれば、正直悩む時間が非常に勿体ないです。

少しでも辞めたくない気持ちがあるのであれば、続けるべきですし、辞めたい気持ちの方が大きければ、スパッと転職を決断すべきです。

なぜなら年齢という武器を使えるうちは未経験から異業界転職を成功できる可能性が高いからです。

したがって携帯ショップ店員を辞めようか迷っている方は、まずは転職エージェントにこれからのことを相談してみることから始めてみましょう。


就職・アルバイトランキング