派遣

40代で無職の末路は悲惨!絶望から脱出するためにやるべきこと

今、40代で無職の「中高年ニート」が増加しているということが社会問題になっているのは知っていますか?

高校や大学を卒業して一度は就職したものの、就職した会社で挫折してしまい、そこからニートになってしまったという方は多いようです。

年齢が若ければ、仕事もまだまだ選べる歳ではあるので再就職することは比較的難しくはありませんが、40代で無職となるとなかなか社会復帰することが難しくなってしまう場合がほとんどです。

少なくともこの記事を読んでいただいている方は「今の現状を変えたい」と危機感を持っている方かと思います。

この記事では40代無職の方が、絶望から脱出する方法について紹介していきますので、再就職のための参考にしてみてくださいね。

行動するのが遅くなれば仕事を決めるのが難しくなるかも…

リクルートは転職支援実績№1の転職エージェントです。

40代の転職サポートにも強く、完全無料で利用することができます。

悩む暇があるなら、まずは行動するべきです!リクルートに相談してみましょう!

【公式】リクルート

40代では再就職は無理だと年齢のせいにしてませんか?

でも大丈夫です。この記事で40代無職を脱出する方法を紹介していきますね。

「中高年ニート」増加の背景

40代無職の中高年ニートは何故増えているのでしょうか?まずは中高年ニートが増えた社会的な背景からお伝えしていきます。

統計省が2019年8月に発表した『年齢階級、雇用形態別役員を除く雇用者数』によると前年同月よりも全体の雇用者数は66万人増加していることがわかりました。

しかし全体の雇用者数が増加している一方で働き盛りの35歳~44歳の雇用者数に関しては前年同月に比べて44万人減少しました。

雇用形態別では正社員の割合が33万人減少しており、非正規で10万人減少していることが分かりました。

この統計省が発表したデータから分かることは「中年ニートの増加」です。

/万人総数正社員非正規
2019年8月1,237882355
対前年同月比-43-33-10

メディアでもこのような「中高年ニート」の増加を問題視しております。

NHKの「引きこもりクライシス”100万人”のサバイバル」によると現在日本の引きこもり数は100万人にのぼるとされており、なかでも40~60歳の引きこもりは推計で61万人とされているそうです。

また特に問題とされているのは「中高年ニート」は親と同居しているケースが多いので、親の死を届け出ることができず、社会的に孤立しているので親と共に亡くなると事例が相次いで起きているといったことです。

40代で無職の中高年ニートは親の支援なしでは生きていくことができないので、親が亡くなったときに生活ができなくなる事態が待ち構えているのです。

そうならないためには早いところ仕事を見つけて、親の支援なしでも生きていけるように収入を確保するべきなのです。

行動するのが遅くなれば仕事を決めるのが難しくなるかも…

リクルートは転職支援実績№1の転職エージェントです。

40代の転職サポートにも強く、完全無料で利用することができます。

悩む暇があるなら、まずは行動するべきです!リクルートに相談してみましょう!

【公式】リクルート

とにかく年齢を重ねるごとに仕事を選べる幅が狭くなってくるのは事実です。

早く40代無職から脱出したいのであれば、今すぐ行動に移すべきです。

40代無職の人の末路をパターン別に紹介

まず40代無職の人の末路は

  1. 結婚ができない
  2. 犯罪に手を染めてしまう可能性が高い
  3. 親と共倒れ

この3パターンが多いようです。

それぞれ具体的な説明を下記でしていくので参考にしてみてください。

40代で無職だと結婚できない

まず40代無職の末路としてあり得るのは結婚できないことです。

明治安田総合研究所が2017年に発表した『結婚に対する意識調査』によると35歳~54歳の3割の男性が”家族を養うほどの収入がない”というように答えました。

一方女性は4割の方が”希望の条件を満たす男性に巡り合わない”と答えました。

つまりこのアンケートから分かることは35歳以降で結婚するには男性側である程度の収入が必要ということです。

結局は世の中、愛ではなく金か…

でも女性が結婚相手に求める年収は具体的にどのくらいなのか?

というと東京都新宿区の結婚相談所サンマリエが調査した『結婚と婚活に関するアンケート』では400万円という回答が最も多かったです。

「400万円かぁ~」と半ば諦めている方は全然そんなことないですよ。

年収400万円は正社員として職を手にすることができれば、そう難しくない話しです。

なぜなら大手転職エージェントサービスの「doda」を運営するパーソルキャリアが年代別の平均年収を調査しました。

▼doda:年代別の平均年収について

年代男女男性
20代346万円367万円
30代452万円487万円
40代528万円583万円
50代645万円690万円

この調査で30代~40代の平均年収は487万円~583万円ということが分かりました。

つまり正社員として働くことができれば年収400万円を手にすることは誰にでも実現可能な範囲と言えますよね。

40代無職で独身という末路は悲しすぎるので、このような状態に陥らないためにも正社員として定職に就いていることをおすすめしますよ。

40代で無職は犯罪率が高い

40代で無職の人の末路は犯罪者になる可能性が高いということです。

これには理由があって中高年ニートは親の収入で生活をしていることにあります。

親が自分より先に亡くなったときに生活が一気に困窮してしまいます。

そのため中高年ニートは生きていくために犯罪を犯してしまう可能性が高いのです。

親と共倒れになる

最も40代無職の方に多い末路は親と共倒れになることだと思います。

親と同居している間は親の年金を頼りに生活することができますが、親が亡くなったときに生活ができなくなります。

そのとき犯罪に手を染める者もいれば、何もせず自分も親と共倒れになっていくパターンに分かれるかと思います。

山田くん

40代無職の末路は死ぬか、犯罪者なんて悲惨すぎる…。

でもどうしたら無職の末路を回避することができるの?

40代無職からの脱出方法について

40代無職の末路を辿らないようにするのは簡単なことです。

とにかく働くしかない

ですよ。

とはいっても、40代無職で就職活動をするにはどうしたら良いのか不安に感じる方もいると思います。

職歴の空白期間や年齢の高さが気になって思うように行動に移すのが難しいかもしれませんが、

  1. 職歴ブランクが短い人は正社員として働ける可能性があるので正社員としての仕事を探す
  2. 職歴ブランクが長い人は正社員就職難しいのでまずは派遣社員の仕事を探す

ことをおすすめします。

正社員や派遣の仕事を探す方法については次に紹介していきますので参考にしてみてください。

正社員として働く

40代無職から正社員として働く方法は

  1. 転職エージェントに登録してサポートしてもらう
  2. ハローワークで求人を紹介してもらう

ですね。

転職エージェントに登録すると求人紹介以外に面接対策や応募書類の作成方法など転職全般のアドバイスをもらうことができるので、

なにをしたら良いのか分からないといった方はまずは転職エージェントに登録することをおすすめします。

行動するのが遅くなれば仕事を決めるのが難しくなるかも…

リクルートは転職支援実績№1の転職エージェントです。

40代の転職サポートにも強く、完全無料で利用することができます。

悩む暇があるなら、まずは行動するべきです!リクルートに相談してみましょう!

【公式】リクルート

質の高い転職サポートを受けたいのであれば、リクルートエージェントがおすすめです!

派遣で働く

40代無職の中高年ニートの人が再就職をする際に1番現実的なのは派遣で働くことかと思います。

もちろん職歴の空白期間が短ければ正社員として職に就くことは可能かと思いますが職歴ブランクが長い人は正社員としていきなり働くのは採用のハードルが高いので難しいように思われます。

そのため採用ハードルの低い派遣から働き社会復帰を果たすことをおすすめします。

また努力次第では派遣から派遣先の正社員になれる可能性も全然あるので、まずは働くということを優先して考えましょう。

工場や倉庫のお仕事であれば、そこまで高いスキルは必要とされないので、職歴ブランクが長い人でも問題なく働くことができます。

ちなみに工場や倉庫の求人を豊富に扱う派遣会社は下記になります。

当サイトで評判・口コミを紹介しているので、気になる派遣会社の評判・口コミをチェックしてみるとよいでしょう。

  1. 【日総工産】日総工産の評判・口コミ
  2. 【綜合キャリアオプション】綜合キャリアオプションの評判・口コミ
  3. 【日研トータルソーシング】日研トータルソーシングの評判・口コミ

まとめ

40代無職の人が絶望から脱出する方法のまとめについては下記の通りです。

・転職エージェントに登録して正社員を目指す
・派遣社員として働き社会復帰を目指す

とにかく40代無職の人が絶望の末路を辿らないためには、まずは働くことが重要です。

悲惨な末路にならないように、とにかく今行動することが大事ですよ。

就職氷河期世代が正社員を目指す方法を解説。政府が支援するサポステとは? バブル崩壊後、不景気のあまり正社員になりたかったけどなることができなかった人が多くいます。この時期を就職氷河期と呼び、就職氷河期の時代...


就職・アルバイトランキング