労務・採用

【奥の手】上司が怖くて退職を言えない人が行うべき会社の辞め方を紹介。

仕事を退職するときに避けては通れないのが、今いる会社の上司に退職をすることを告げることです。

円満に会社を辞めたいと思いつつも、中には退職を上司に切り出した途端に過剰な引き留めや嫌がらせやなどで、なかなか退職することができないといった方もいるそうです。

誰しもが円満に会社を退職をすることを切に願うところではありますが、円満に会社を辞めることができない人の間で、

近年、”退職代行”といったサービスを利用する人が増えているとのことです。

この記事では退職を切り出せず悩んでいる人の為に、今いる会社の辞め方を紹介していきますので是非参考にしてみてくださいね。

【注意点】

円満退職を目指すのであれば、誠意をもって上司に退職を伝えるのが1番ベストです。

しかし、円満退職をできないのであればこの記事で紹介する退職代行サービスを使うと良いでしょう。

退職代行サービスを使わず退職することができるのがベストなので、
退職代行サービスは最終手段です。

円満退職するための退職の流れについて

初めての転職を試みている人は当然会社を辞めるのも初めてかと思います。

そこで一般的にどのような流れで会社を辞めていくのか、退職の流れについて紹介していきます。

【一般的な退職の流れ】

  1. 就業規則に従い退職日の数カ月前に退職願を上司に出す
  2. 上司と面談をして退職届を書面で提出する
  3. 上司との面談で最終出社日を調整する
  4. 自身が担当していた業務を後任へ引継ぎ
  5. 会社からの貸与物を最終出社日までに返却する
  6. 最終出社日までにお世話になった同僚へ挨拶
  7. (有給休暇が残っていれば最終出社日以降退職日まで有休消化)

円満退職を目指すのであれば、上司には自分の言葉で退職の理由を説明できるようにしましょう。

また後任への引継ぎや、お世話になった同僚への退職の挨拶も非常に重要です。

「どうせ自分は会社を辞めるし…」といって、最終出社日が決まった直後から手を抜いてしまうことは良くありません。

新天地への活躍を応援されながら送り出されるためには最後の最後まで、しっかりと自身の役割を全うすることだと思います。

これが円満退職の秘訣です。

退職を切り出すタイミングは後任への引継ぎを考えて、
最低でも退職の1カ月前以上には上司に相談するようにしましょう。

退職をするスケジュールは事前に計画するべき

退職するうえで1番やってはいけない行為は

  1. 後任への引継ぎをしない
  2. 退職日直前に退職を切り出す
  3. 上司に退職を切り出すことが出来ずにバックれる

です。

全部、呆れるほど論外ですね…笑
こういった行為は後々トラブルになる可能性が高いので絶対にやめましょう。

このような行為は人としての道理を外れてしまいます。
円満退職はおろか、むしろトラブルになる可能性が高いです。

トラブルにならないために円満退職をするためのスケジュールを計画する必要があります。

また「何となく転職をしたいから会社を辞めよ~」といった浅はかな理由で、退職をすると今後のキャリアに大きな傷が残る可能性があります。

自分自身を守るためにもまずは退職日までのスケジュールをしっかり計画することをおすすめします。

退職を決意したら、まずは貯金をすべき

今の会社を退職するにあたって、

  1. 転職先から内定を獲得してから退職を切り出す人
  2. 今の会社を退職をしてから転職活動を始める人

上記の2パターンの人がいると思います。

転職先が決まってから退職をする人はお金の心配はそこまでありません。

しかし今の会社を退職をしてから転職活動を始める人は、生活費や転職活動資金などお金の面の不安が大きいです。

お金がなくて十分に転職活動が出来ず、結果希望していた条件で転職ができなかったとなれば本末転倒です。

そうならないように転職を意識した瞬間から転職活動資金を貯金することをおすすめします。

とはいえ、どのくらい転職活動資金を貯金できれば良いのか、疑問に感じる人もいるかと思います。

転職活動資金の貯金目安は手取り収入の3カ月分は最低でも必要です。

▼例:手取り20万円の1人暮らしの人が最低限必要な支出

家賃50,000円
食費50,000円
通信費10,000円
合計110,000円

最低限必要な支出が11万円なので残りの9万円を転職活動資金に充てることができます。

なぜ3か月分も貯金する必要があるのかというと、
自己都合退職の場合、失業手当を受け取れるまで時間がかかります。

おおよそ失業手当の手続きから約3カ月はかかってしまうので、まずは無収入の期間困らないために手取り収入の3か月分は最低でも貯金することをおすすめします。

上司に退職の意思を言うまでの流れについて

退職の決意が固まり、いよいよ上司に退職の意思を伝えるときがきました。
この瞬間は誰でも緊張や恐怖を感じることかと思います。

上司に退職を意志を切り出すまでの流れについて紹介していきます。

【上司に退職の意志を切り出すときの流れ】

  1. 上司にメールか口頭でアポイントをもらう(まだ退職の意志は伝えない)
  2. 社内の人間に会話が聞かれないように社内の会議室を予約

【メールでアポイントを取るときの文面の例】

○○部長

お疲れ様です。○○です。

ご相談がありまして連絡しました。

つきましては○月○日の○時ごろお時間を頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

メールでアポイントを取るときはこのようにシンプルな内容でOKです。

また上司から具体的な内容を聞かれたら、「個人的(プライベート)に大事な話しがありまして…」と相手が深く聞きにくいように返答しましょう。

あまり先走って「退職したいです。」と言うと上司も引き留めの策を考えてしまうので、ここはあえて濁しておくのがベストです。

またアポイントを設定する時間ですが、勤務時間内だと上司の仕事を止めてしまううえに、同僚に会話を盗み聞きされる可能性があります。

そのため上司へのアポイントを取る時間は定時時間終了後が良いでしょう。

会社や上司に退職を言えない人の理由

会社や上司に退職を言いたくても言えない人には一体どのような理由があるのでしょうか?

辞める意思を伝えてから退職までの出勤する期間を思うとやはり慎重になってしまいます。 上手く辞めるためにどう話す?等と考えるとなかなか言えない。

引用元:Twitter

立場弱いから、辞めます、の一言がなかなか言えない。 退職したい理由は価値観の違い。 もう色々に呆れてしまって心がどんどん離れていく。

引用元:Twitter

退職しますって伝えに行くのが億劫でなかなか言えない 4月入ったら絶対行くぞ

引用元:Twitter

なかなか退職するという意思を伝えることができない人は

  • 立場が弱く、上司を怖いと感じている
  • 退職を伝えてから職場でアウェイになるのではないか不安
  • 退職することは悪いこと(逃げている)のように感じている

このような方が多いです。

しかし転職することは当たり前のことなので、今の会社を辞めることは全然悪いことでも何でもありません。

こういった不安を正面から受け止め、乗り越える必要があります。

当然、退職を告げて上司に怒られたり、職場内で多少嫌がらせに合うこともあるかもしれません。

でもこのことから逃げていてはいつまでも会社を退職することはできません。

実際、よほど今までの仕事ぶりが悪くない限りは周囲の人間が応援してくれるケースも多いです。

つまり大事なのは退職を告げてからも職場の同僚へ誠心誠意を込めた対応をすれば特に自身に悪いことが起きることはないので安心してください。

退職することができない人はどうする?

上司に「退職します!」とバシッと言ってやったぜ。
それなのに会社をなかなか辞めさせてもらえないのは何で?

一部で会社や上司がなかなか退職させてくれないといったケースもあります。

ブラックな会社は 退職で揉めるよね、ブラックって… どこまでもブラック……

引用元:Twitter

職場の事務の人から「前の会社の雇用保険被保険者証ってある?退職して2週間くらいで届くと思うんだけど…」とか聞かれてめっちゃ焦った。 ……言えない…退職関係でギクシャクして退職手続が進めてもらえないなんて…ねぇ?

引用元:Twitter

特にブラックな会社であればあるほど、上司から過度な引き留めや脅しなどで退職時に揉める可能性が高いです。

どうしても辞めさせてもらうことができない場合は、最終手段である

退職代行サービス

を利用することをおすすめします。

この退職代行とは、なかなか退職をさせてもらえないときに自身に代わって、企業に退職交渉をおこなってくれるサービスです。

近年、このような退職代行サービスをおこなう会社が増えつつあるなか、利用を検討するにあたっていくつか注意点があります。

【退職代行サービスを利用する上での注意点】

  1. 退職交渉は本来弁護士がおこなうので株式会社のような法人格で退職代行は法律上グレーである
  2. 悪質な退職代行業者に依頼すると、かえって退職を巡るトラブルに巻き込まれるリスクがある

退職代行業者を選ぶ際には弁護士が運営しているサービスを選ぶのがおすすめです。

退職することができない人におすすめの退職代行サービス

悪質な退職代行業者に依頼をすると、かえってトラブルに巻き込まれる可能性が高いので、退職交渉は弁護士に依頼するのが良いです。

費用に関しても退職代行サービスの相場が約3万円~5万円ほどです。

もちろん弁護士に依頼をする場合も、退職代行サービスの価格相場の範囲内です。

これから紹介する退職代行サービスは全て弁護士でおこなうサービスなので、参考にしてみてくださいね。

おすすめ退職代行サービス3選

退職代行サービスオススメだぞ

退職の意思を伝える時って人が一番ストレスを感じるタイミングだから色々トラブルとか起きるらしい

そこを代行してくれるし後腐れもないから次の転職先にもスムーズに楽な気持ちでいける

俺もこのサービスを利用して最初は不安だったけど転職してから年収もアップしたしおまけに彼女まで出来て人生大きく変わったんだ!

引用元:2ちゃんねる

【おすすめ退職代行サービス】

  1. 退職代行NEXT
  2. 退職代行ガーディアン
  3. 退職代行Jobs

▼ますは費用比較から

退職代行NEXT退職代行
ガーディアン
退職代行Jobs
運営元豊楽法律事務所東京労働経済組合株式会社アイリス
料金30,000円29,800円49,800円

【退職代行NEXT】

【退職代行NEXTがおすすめな人】

・退職交渉を弁護士に代行してもらいたい人
・残業代未払いを解決したい人
・有給休暇を含む退職時の給与を請求したい人

\LINEでまずは無料相談/

【公式】退職代行NEXT

【退職代行ガーディアン】

【退職代行ガーディアンがおすすめな人】

・今すぐに会社を辞めたい人
・なるべく費用を安く抑えたい人(追加費用は一切なし)
・誰にも会わずに辞めたい人

\年間724万人が利用!365日24時間LINE相談可能!/

【公式】退職代行ガーディアン

【退職代行Jobs】

【退職代行Jobsがおすすめな人】

・職場で精神的に疲れてしまいカウンセリングを受けたい人
・できるだけリスクの低い退職代行業者を利用したい人(退職代行Jobsは顧問弁護士が監修しているサービス)
・なるべく費用を安く抑えたい人(追加費用は一切なし)

\今なら通常49,800円⇒29,800円!/

【公式】退職代行Jobs

(注)最新の価格は公式サイトよりご確認ください。

”安心”で選ぶなら退職代行NEXTで、
”価格重視”で選ぶなら追加費用が0円の退職代行ガーディアンと退職Jobsがおすすめです。

まとめ

上司が怖くて退職を言えない人におすすめの退職方法についてのまとめは下記の通りです。

・まずは円満退職を目指す
・なかなか辞めることができない人は退職代行を利用して法律で解決する

退職代行はあくまでも最終手段だと思うので、まずはちゃんと上司と話し合いをして円満に退職できるように努力してみるのがベストです。


人事・労務ランキング