転職

転職が不安で悩んでいる人がやるべき3つのことを徹底解説!

転職を考えたときに「今、転職をするべきなのか」「転職先が見つかるのか」など悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

私も実際に転職を経験したことがあって、同じように悩んでいた時期があります。

この記事では実体験も交えながら、転職の不安を解決する方法について紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

初めまして。森です。
私は人材業界で営業と採用領域を兼任で働いています。

私が転職したときは、会社を辞めたあとだったので、とにかく不安でした…笑

現在、転職を考えていて悩んでいる方は最後まで読んでもらえると嬉しいです。

転職を不安に感じる理由について

人材業界№1のリクルートキャリアの調査によると、転職者全体の約70%の方が、転職先に入社するまでの期間で不安に感じたことがあるようです。

ほとんどの方が転職活動中に不安を感じますが、意外と内定獲得した後に不安を感じる方もいるようです。

年齢が理由で仕事が見つからない

転職の際に40代以降の方であれば特にネックになるのが年齢です。
一般的に40代以降の転職はマネジメント経験を求められます。

そのためマネジメント経験がない方であれば、年齢の高さが原因で転職の際の求人が限定されてしまうことがあります。

結果、希望の仕事が見つからないリスクがあるので年齢面で転職が不安だと感じる方も多いようです。

転職で年収が下がるかもしれない

転職で年収アップする人もいれば、逆に年収が下がる人もいます。

よく「転職をすれば絶対に年収が上がる」と勘違いしている人がいますが、これはケースによって異なります。

同職種・同業界への転職であれば、年収は上がる可能性が高いですが、
一方で未経験職種・未経験業界であれば年収が下がる可能性が高いです。

また転職先の考えによっても様々です。
そのため今の会社と同等以上の年収で転職ができるかの保障がないので不安に感じる方が多いようです。

希望する条件の求人が見つからない

転職は企業との「縁」に左右されることが多いです。
自分がやりたい仕事で企業の募集がなければ、自分が希望する条件の求人になかなか巡り合うことができません。

そのため転職活動の際に「自分が希望する求人が見つからないのでは?」と不安に感じる方が多いようです。

転職先でスキルが通用するか

ある程度の社会人経験を積んでからの転職となると、企業からは即戦力になるよう求められます。

特に同業界・同職種への転職であれば、その傾向は強いです。
そのため転職してからすぐに結果を求められてしまうので、自分のスキルが転職先でも通用するのか不安に感じる方が多いようです。

次の職場に馴染めるか分からない

実際、転職先の職場の雰囲気は入社してからでないと分からないことが多いかと思います。

面接時は「いい会社だ」と思っても実際に入社してみたら、職場の人間関係が最悪だったなんてこともあるかもしれません。

会社を辞める原因に関していうと、人間関係が原因で退職をするという方が最も多いと言われています。

そのため転職先での人間関係を不安に感じる方が多いようです。

会社を辞めたあとに転職活動をすると不安を加速させる

私の転職に関する失敗談ですが、転職活動は必ず在職期間中に行うことべきです。

私は会社を辞めたあとに転職活動を始めたので、「本当に転職先が見つかるのか」「今、転職すべきタイミングだったのか」など不安と後悔に襲われました。

結果的に私の場合は転職成功することができたので良かったのですが、こういった不安を抱えながらの転職活動は本当に危険です。

なぜなら不安から焦ってしまい、転職先を妥協してしまう可能性があるからです。
転職先を妥協してしまうと意味のない転職になってしまう可能性が高いので注意しましょう。

望まない転職をしてしまうと、転職を繰り返すようになってしまう可能性が高いので、納得した転職先に入社するのがベストです。

転職が不安の人がやるべき3つのこと

転職が不安な方が少しでも不安を解決する方法について紹介していきます。
転職を考えたら、まずは下記の3つのことをやるようにしましょう。

  1. 転職を決めたら求人市場のリサーチをする
  2. 退職したい日を逆算して引継ぎ書を早めに作成する
  3. 在職中に転職活動を進める

転職を決めたら求人市場のリサーチをするべし

転職を決めたら、まずは自分のやりたい仕事の求人がどのくらい出ているかを調査するようにしましょう。

この時にそもそも求人が転職市場にない状態であれば、今は転職のタイミングではありません。

一方で、希望の仕事の求人が多く市場にある状態であれば、転職にピッタリのタイミングといえるでしょう。

■リクナビNEXT
特徴:業界№1のリクルートが運営。転職経験者の8割が登録している。
【公式】https://next.rikunabi.com/

■doda
特徴:業界№2のパーソルキャリアが運営。求人数は10万件以上。
【公式】https://doda.jp/

退職をしたい日を逆算して引継ぎ書を作るべし

転職求人の市場調査もバッチリで、これで転職の決意が固まった方は、先に同僚への引継ぎ書類を作成しておきましょう。

辞めるからといって、引継ぎをテキトーにやることだけは絶対にやめましょう。

引継ぎ無しで最悪な辞め方をすると今後の人間関係に影響を与える恐れもあるので、会社を辞める時は綺麗な辞め方をするようにしましょう。

辞めたあとに、いつか取引先になる可能性などもあるかもしれません。また引継ぎをしっかりやるのは同僚の為でもあるので、そこはちゃんとするべきですね。

在職中に転職活動をするべし

転職活動は少しスケジュールが忙しくなり大変かもしれませんが必ず在職中に行うべきです。

会社を辞めたあとに転職活動は不安や焦りで失敗しやすいので、私はおすすめしません。

もしどうしても在職中に転職活動をするのが難しい人は、転職活動資金として最低でも生活費の6カ月分以上の貯金をしてから退職をするようにしてください。

お金の部分でどうしても焦ってしまうことが多いので、6カ月は無給でも生活できるくらいの貯金があれば少し精神的に余裕をもって転職活動ができると思います。

自己都合退職であれば申請すれば退職してから90日後に失業手当の給付を受けることができるので、生活費6カ月分以上の貯金をしておけば転職活動における、金銭面での不安は解消できそうですね。

在職中に効率よく転職活動をする方法について

在職期間中に今の仕事と並行して、転職活動を進めるのはスケジュール的にかなり大変ですよね。

そのため在職期間中に、いかに効率よく転職活動をできるかが肝になります。現職と並行しながら転職活動を進める方は、転職エージェントサービスを利用すると良いです。

なぜなら転職エージェントは無料で優良企業の求人を紹介してくれるので、自身で求人を探す手間であったり、応募書類の添削などもしてくれるので、応募書類を何回もやり直しするような手間をカットすることができます。

さらに企業の情報提供であったり、面接対策なんかも実施してくれるので使うメリットが非常に大きいです。

実際、転職経験者のほとんどが転職エージェントサービスに平均3~4社ほど登録しているといわれています。

複数登録をしている理由としては、それぞれの転職エージェントサービスで非公開求人が異なるので、複数登録したほうが希望条件の求人が見つかりやすくなるので満足度が向上するからです。

したがって、現職と並行しながら転職活動を進める方は、まずは転職エージェントに登録をして相談するようにしてみましょう!

■転職エージェントサービスの流れ

下記の3つの転職エージェントサービスが特におすすめです。

リクルートエージェント
リクルートエージェントは転職支援実績41万人上を誇る業界№1の転職エージェントです。

さらに非公開求人を約20万件以上を保有しておりこちらも業界№1と言われています。

各業界に精通したハイレベルな専門キャリアドバイザーがマンツーマンで転職サポートをしてくれるので、登録して損はないです。

\転職支援実績№1・登録利用は完全無料/

リクルートに無料相談

パソナキャリア
パソナキャリアは業界で最も親切・丁寧な転職サポートをしてくれると言われている転職エージェントです。

求人数は他よりも若干劣りますが、それ以上に転職サポートが手厚いので、実際に利用したことのあるユーザーからの満足度が非常に高いです。(転職支援実績25万人と申し分ない実績を誇ります)

転職が初めての方でも安心して利用ができる転職エージェントなので、個人的におすすめしたい転職エージェントです。

\求職者ファースト・登録利用は完全無料/

パソナに無料相談

doda
転職サイトはdoda
dodaは約10万件以上の求人を保有しており、リクルートに次ぐ日本トップクラスの転職エージェントです。

やはり強みは求人数が多いことと、あとはキャリアドバイザーがマメに情報をくれるので、転職活動の際に役立ちました。

また企業からのスカウト機能があって、求人を探す手間が省けるので、効率よく転職活動をしたい方におすすめです。

\情報量トップクラス・登録利用は完全無料/

dodaに無料相談

どれも無料で登録・利用ができるので、まずは登録後にキャリアドバイザーに相談してみましょう。(在職期間中でも利用ができます)

在職期間中に転職活動をした方の評判・口コミについて

■ネガティブな評判・口コミについて

リクルートエージェントってどーなんだろー登録在職中にしとくんだった… DODAは電話登録で紹介はひたすらメール…あんまりいい案件無いなー

引用元:Twitter

在職中の転職活動で日程調整大変だったけど、他のエージェントは電話をくれて移動時間とかも考慮してくれたりで調整してくれたけど、リクルートエージェントは企業の提示した次の日程です、お返事はwebで入力してねってなるだけでなんの配慮も調整もなく、むしろ在職中だって言ってんのに

引用元:Twitter

■ポジティブな評判・口コミについて

余計なお世話かもしれないから、読み飛ばしてくれても良いのだけど、リクルートエージェントも結構良かったよ。 無料でおすすめの求人教えてくれるし。 面接の日程交渉もしてくれるから、在職しながらでも安心して進められた

引用元:Twitter

9割方の人にとっての転職(在職してるけど、とにかく会社を変わりたい。給与は上がれば嬉しいけど維持できればまぁいいや的)においては、リクナビNEXTで自己応募よりは、DODAなりリクルートエージェントなりのエージェント紹介型の方が楽だし良い条件が多いと思う。取りに来る側も本気やし。

引用元:Twitter

それはやめたほうがいいと思う!転職エージェントだとパソナキャリアとリクルートエージェントはちゃんとしてたよ!ネオキャリアはおすすめしない〜!

引用元:Twitter

dodaのアンケートによると80%の方は在職期間に次の転職先を決めているようです。
在職期間中の転職活動はやはり転職エージェントサービスを有効活用して効率よく進めるべきです。

そのため転職エージェントサービスのトップ3であるリクルートエージェント・パソナキャリア・dodaに関しては登録をしておいて間違いないと言えるでしょう。

まとめ

この記事では転職が不安の方がやるべき3つの方法について紹介しました。
今の仕事を退職してから転職活動をすると余計に不安が悪化するので、在職期間中に転職活動をするのがベストです。

ただし仕事と転職活動を並行するのはスケジュール的に厳しいという方は、転職のプロである転職エージェントサービスを利用するのがおすすめです。

無料で内定獲得までのサポートを受けることができるので、現職と並行しながら転職活動を進めることができます。
また在職期間中に次の転職先を決めた方の多くは転職エージェントを有効活用して効率よく転職活動を進めています。

転職に関して不安に感じている方は、ぜひ転職エージェントの活用を検討してみてください。

おすすめ転職エージェント

■リクルートエージェント
特徴:人材業界№1!転職支援実績41万人以上
【公式】https://www.r-agent.com/

■パソナキャリア
特徴:最も親切・丁寧なサポートな転職エージェント
【公式】https://www.pasonacareer.jp/

■doda
特徴:人材業界№2!マメに連絡くれるので情報量が多い
【公式】https://doda.jp/


就職・アルバイトランキング

【編集部ピックアップ】