転職が不安で悩んでいる人がやるべき3つのことを徹底解説!

転職を考えたときに「今、転職をするべきなのか」「転職先が見つかるのか」など悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。私も実際に転職を経験したことがあって、同じように悩んでいた時期があります。

この記事では実体験も交えながら、転職の不安を解決する方法について紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

読みたい項目にジャンプ

転職を不安に感じる理由について

人材業界№1のリクルートキャリアの調査によると、転職者全体の約70%の方が、転職先に入社するまでの期間で不安に感じたことがあるようです。

転職を不安に感じる理由
  • 年齢的に転職が成功できるのか
  • 年収がアップするのか(もしくは下がらないか)
  • 希望条件に合致した求人が見つかるのか
  • 転職先でスキルが通用するのか
  • 転職先の職場に馴染めるのか

ほとんどの方が転職活動中に不安を感じますが、意外と内定獲得した後に不安を感じる方もいるようです。

年齢が理由で仕事が見つからない

転職の際に40代以降の方であれば特にネックになるのが年齢です。一般的に40代以降の転職はマネジメント経験を求められます。そのためマネジメント経験がない方であれば、年齢の高さが原因で転職の際の求人が限定されてしまうことがあります。結果、希望の仕事が見つからないリスクがあるので年齢面で転職が不安だと感じる方も多いようです。

転職で年収が下がるかもしれない

転職で年収アップする人もいれば、逆に年収が下がる人もいます。よく「転職をすれば絶対に年収が上がる」と勘違いしている人がいますが、これはケースによって異なります。

同職種・同業界への転職であれば、年収は上がる可能性が高いですが、一方で未経験職種・未経験業界であれば年収が下がる可能性があります。

また転職先の考えによっても様々です。そのため今の会社と同等以上の年収で転職ができるかの保障がないので不安に感じる方が多いようです。

希望する条件の求人が見つからない

転職は企業との「縁」に左右されることが多いです。自分がやりたい仕事で企業の募集がなければ、自分が希望する条件の求人になかなか巡り合うことができません。そのため転職活動の際に「自分が希望する求人が見つからないのでは?」と不安に感じる方が多いようです。

転職先でスキルが通用するか

ある程度の社会人経験を積んでからの転職となると、企業からは即戦力になるよう求められます。特に同業界・同職種への転職であれば、その傾向は強いです。そのため転職してからすぐに結果を求められてしまうので、自分のスキルが転職先でも通用するのか不安に感じる方が多いようです。

次の職場に馴染めるか分からない

実際、転職先の職場の雰囲気は入社してからでないと分からないことが多いかと思います。面接時は「いい会社だ」と思っても実際に入社してみたら、職場の人間関係が最悪だったなんてこともあるかもしれません。

会社を辞める原因に関していうと、人間関係が原因で退職をするという方が最も多いと言われています。そのため転職先での人間関係を不安に感じる方が多いようです。

会社を辞めたあとに転職活動をすると不安を加速させる

私の転職に関する失敗談ですが、転職活動は必ず在職期間中に行うことべきです。私は会社を辞めたあとに転職活動を始めたので、「本当に転職先が見つかるのか」「今、転職すべきタイミングだったのか」など不安と後悔に襲われました。

結果的に私の場合は転職成功することができたので良かったのですが、こういった不安を抱えながらの転職活動は本当に危険です。また不安や焦りから転職先を妥協してしまうという方も出てくると思うのでおすすめできません。

転職先を妥協してしまうと次のようなリスクもあるので、転職活動は心に余裕をもったうえで、本当に自分の望むキャリアを歩むべきかと思います。

転職先を妥協すると起こりえるリスク
  • 希望の仕事に就くことができない
  • 希望の条件で働くことができない(年収が下がる)
  • 将来のキャリアの汚点になる

転職が不安の人がやるべき3つのこと

転職が不安な方が少しでも不安を解決する方法について紹介していきます。転職を考えたら、まずは下記の3つのことをやるようにしましょう。

  1. 転職を決めたら求人市場のリサーチをする
  2. 退職したい日を逆算して引継ぎ書を早めに作成する
  3. 在職中に転職活動を進める

では、解説していきますよ!!!

転職を決めたら求人市場のリサーチをするべし

転職を決めたら、まずは自分のやりたい仕事の求人がどのくらい出ているかを調査するようにしましょう。この時にそもそも求人が転職市場にない状態であれば、今は転職のタイミングではありません。一方で、希望の仕事の求人が多く市場にある状態であれば、転職にピッタリのタイミングといえるでしょう。

退職をしたい日を逆算して引継ぎ書を作るべし

転職求人の市場調査もバッチリで、これで転職の決意が固まった方は、先に同僚への引継ぎ書類を作成しておきましょう。辞めるからといって、引継ぎをテキトーにやることだけは絶対にやめましょう。

引継ぎ無しで最悪な辞め方をすると今後の人間関係に影響を与える恐れもあるので、会社を辞める時は綺麗な辞め方をするようにしましょう。

在職中に転職活動をするべし

転職活動は少しスケジュールが忙しくなり大変かもしれませんが必ず在職中に行うべきです。会社を辞めたあとに転職活動は不安や焦りで失敗しやすいので、私はおすすめしません。

もしどうしても在職中に転職活動をするのが難しい人は、転職活動資金として最低でも生活費の6カ月分以上の貯金をしてから退職をするようにしてください。

お金の部分でどうしても焦ってしまうことが多いので、6カ月は無給でも生活できるくらいの貯金があれば少し精神的に余裕をもって転職活動ができると思います。

自己都合退職であれば申請すれば退職してから90日後に失業手当の給付を受けることができるので、生活費6カ月分以上の貯金をしておけば転職活動における、金銭面での不安は解消できそうですね。

在職中に効率よく転職活動をする方法について

在職期間中に今の仕事と並行して、転職活動を進めるのはスケジュール的にかなり大変ですよね。そのため在職期間中に、いかに効率よく転職活動をできるかが肝になります。現職と並行しながら転職活動を進める方は、転職エージェントサービスを利用すると良いです。

なぜなら転職エージェントは無料で優良企業の求人を紹介してくれるので、自身で求人を探す手間であったり、応募書類の添削などもしてくれるので、応募書類を何回もやり直しするような手間をカットすることができます。

さらに企業の情報提供であったり、面接対策なんかも実施してくれるので使うメリットが非常に大きいです。実際、転職経験者のほとんどが転職エージェントサービスに平均3~4社ほど登録しているといわれています。

複数登録をしている理由としては、それぞれの転職エージェントサービスで非公開求人が異なるので、複数登録したほうが希望条件の求人が見つかりやすくなるので満足度が向上するからです。したがって、現職と並行しながら転職活動を進める方は、まずは転職エージェントに登録をして相談するようにしてみましょう!

在職中に転職活動をした方の評判・口コミについて

在職中に効率的に転職活動を進めるには、転職エージェントを賢く利用るべきというのが口コミからも見受けられますね!

当サイトでおすすめの転職エージェントについて

転職エージェントは無料で転職をサポートしてくれるサービスです。具体的なサポート内容は次の通りです。

  • 非公開求人を含めた優良企業の求人紹介
  • 履歴書や職務経歴書の添削
  • 各企業ごとの選考(面接)の対策
  • 年収交渉・入社日の調整
  • あなたを企業に推薦&直接人事にプッシュしてくれる

現在の仕事を併行して転職活動を進めていくには効率よくスピーディーに進めていく必要があります。また1人で情報収集をするのは限界がありますので、そのようなときには転職のプロにお願いするのがベストです。

実際に転職活動をするときに多くの方が、転職エージェントを使用して転職活動を進めていますよ!

実際に効率よく内定を獲得するには何社くらい転職エージェントに登録するべき?

「転職エージェントは何社登録すべきか?」と疑問に感じる方も少なくないようですが、リクルートエージェントの調査で転職成功者の多くが複数の転職エージェントを利用していることがわかりました。(参考:リクルートエージェント『転職エージェントは何社利用するのが良い?』)

この調査結果では平均2~3社は登録しているという方が多いので、最低でも2社以上の転職エージェントを使い分けることがおすすめです。

なぜ、転職エージェントを複数使い分けるべきかというと、次のような理由があるからです。

  • 転職エージェントによって求人情報が異なるのでキャリアの選択肢の幅が広がる
  • 複数のキャリアドバイザーからアドバイスをもらうことで客観的な視点で転職活動ができる
  • キャリアアドバイザーとの相性もあるので自分にあったキャリアアドバイザーと巡り合える

こういった理由から複数の転職エージェントを利用することを推奨しています。

転職エージェントに複数登録する際は、大手転職エージェントを中心に登録をするのがベスト!

リクルートエージェント

おすすめ度!
やめておけ!
登録推奨!

キャリアアドバイザーのヒアリング力・提案力はピカイチ!求人数もトップクラスに多いので、転職を考えたときにまず初めに登録をしておきたいおすすめ転職エージェント!

ここがおすすめ!
  • 業界№1の転職エージェントなので、むしろ登録をしない理由がない
  • 転職支援実績は累計41万人以上!
  • 非公開求人は業界最大級!
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが的確な転職サポート
  • 独自の業界&企業分析情報を提供してくれる

パソナキャリア

おすすめ度!
やめておけ!
登録推奨!

丁寧かつ親切な転職サポートに強みをもっています。女性の転職に強いのが特徴です。転職が初めての方におすすめ転職エージェント!

ここがおすすめ!
  • オリコン顧客満足度調査で転職エージェント部門【3年連続1位】
  • 50,000件以上の求人を保有(80%非公開求人)
  • サポート体制が万全でキャリアドバイザーの親身なサポートが好評
  • 転職後の年収アップ率67.1%

マイナビエージェント

おすすめ度!
やめておけ!
登録推奨!

関東・関西・東海エリアにおける転職サポートに強みをもっています。国内最大級の転職・就職サイト「マイナビ」を運営している会社だからこそ情報量も豊富です。20代~30代におすすめ転職エージェント!

ここがおすすめ!
  • 20代~30代に強い転職エージェント
  • 応募書類の準備から面接対策まで親身なサポートが評判
  • 全国の大手上場企業からベンチャーまで優良企業の人事と直接太いパイプを持っている
  • 優良企業の求人取り扱い数トップクラス

doda

転職サイトはdoda

サイトが1番使いやすいので、自身でも転職活動を進めることができるという方や、できるだけ自分で求人を探したいという方におすすめ転職エージェント!

おすすめ度!
やめておけ!
登録推奨!
ここがおすすめ!
  • dodaは約10万件以上の求人を保有しており、リクルートに次ぐ日本トップクラスの転職エージェント!
  • キャリアドバイザーがマメに情報提供をしてくれる!
  • スカウト機能があって企業から面談オファーが届くおかげで求人を探す手間が省ける

まとめ

この記事では転職が不安の方がやるべき3つの方法について紹介しました。今の仕事を退職してから転職活動をすると余計に不安が悪化するので、在職期間中に転職活動をするのがベストです。

ただし仕事と転職活動を並行するのはスケジュール的に厳しいという方は、転職のプロである転職エージェントサービスを利用するのがおすすめです。

無料で内定獲得までのサポートを受けることができるので、現職と並行しながら転職活動を進めることができます。また在職期間中に次の転職先を決めた方の多くは転職エージェントを有効活用して効率よく転職活動を進めています。

転職に関して不安に感じている方は、ぜひ転職エージェントの活用を検討してみてください。


就職・アルバイトランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皆さま、お疲れ様です。

森と申します。
私は人材業界で法人営業および採用関連の経験がございます。

派遣社員の正社員登用へのサポートなど、
キャリアアップ支援などに尽力をして参りました。

このような経験がどこかで活かせないかと思い、
趣味で「たまごジョブ」を運営しております。

仕事で困ったときに、当サイトが何かのキッカケになれば、幸いでございます。

読みたい項目にジャンプ
閉じる