転職

【2020年最新版】広告に騙されるな!元人材業界営業マンがおすすめ転職エージェントランキング

私が選ぶ、おすすめの転職エージェントを発表します。必ず登録すべき転職エージェントは「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは業界ナンバー1で求人数も圧倒的に多いので逆に登録しない理由はありません。

しかし個人的におすすめしたいのは「パソナキャリア」が実際に使ってみて良かったです。理由としては求人数は少ないですがキャリアアドバイザーの対応が使った転職エージェントのなかで1番親切で丁寧でした。

転職エージェントを選ぶ理由は人それぞれですが、自らの実体験や各転職エージェントの評判・口コミ、企業分析をおこなったうえでランキング形式でおすすめしていきたいと思います。

ランキングの根拠を説明

解析, アナリティクス, ビジネス, 図, コンピュータ, コンセプト, データ

本記事では各エージェントの売上を基本にランキング付けをしています。なぜ売上を基本にしているかというと転職エージェントのビジネスモデルにあります。

転職エージェントは求職者を転職させる毎に企業から紹介料の報酬が支払われます。これが転職エージェントの売上になります。つまり売上の多い転職エージェントは利用者が多い(=人気の高い)サービスであることが分かります。

更に利益額の多い転職エージェントは求職者に対して好条件を提示して転職成功に導けていることが仮定できます。これらのロジックと私が実際に転職エージェントを使ったときの所感や世間の口コミ・評判を総合的に判断して紹介していきます。

転職や派遣のサービスを利用する前に見て欲しい!人材業界の仕組みを解説 職業紹介業について 職業紹介業とは厚生労働大臣の認可を受けた職業紹介事業者が転職を希望する求職者と人材を紹介してほしい企業(...

【タイプ別】転職エージェントを解説

雇用, リクルート, 募集, 従業員, キャリア, 仕事, Hr, 人間

総合型の転職エージェントについて

幅広い年代や職種の人の転職のサポート全般をおこなう転職エージェントサービスです。扱う求人数が比較的多いので一般的に転職エージェントに登録する人は総合型の転職エージェントに登録します。

総合型転職エージェントの代表例を挙げるとリクルートエージェントやマイナビエージェントなどは総合型の転職エージェントに分類されます。

フリーター・第二新卒の転職エージェントについて

ニートや第二新卒など職歴の浅い人の就職・転職のサポート全般を無料でおこなうエージェントサービスです。またニートや第二新卒に特化している転職エージェントが多いので紹介先の企業は職務経歴よりも人柄やポテンシャルの採用を重視しているところが多いです。

フリーター・第二新卒転職エージェントの代表例を挙げると就職shopやマイナビジョブ20`sなどがフリーター・第二新卒の特化型転職エージェントに分類されます。

ハイキャリア

20代後半から40代までのハイキャリア層の転職サポート全般をおこなう専門型の転職エージェントサービスです。主に年収が500万円~600万円の人が対象となりハイキャリアに特化している転職エージェントになります。

ハイキャリア転職エージェントの代表例を挙げるとJACリクルートメントやビズリーチがハイキャリア特化の転職エージェントに分類されます。

【タイプ別】転職エージェントを比較

雇用, Hr, レンタル, 仕事, リクルート, 募集, 人, 雇用者

それでは早速タイプ別の転職エージェントの比較をしてみました!転職エージェントを選ぶときはこれらの比較を参考にすると自分にあった転職エージェントを見つけることができます。

総合転職エージェントの比較について

転職エージェント 支店数 売上 利益 転職実績 公開求人 未公開求人
リクルートエージェント 16 86憶6,000万円 17億9,000万円 47,000人 162,291件 156,154件
パソナキャリア 74 153億7,700万円 35億1,000万円 250,000人 40,873件 非公開
doda 12 858億2,600万円 155憶5,500万円 非公開 78,226件 60,697件
マイナビエージェント 10 非公開 非公開 非公開 20,020件 21668件
type 1 25億737万4,000円 非公開 非公開 10,409件 9,180件

▼業績(みんなが利用する)で選ぶのであれば
dodaパソナリクルートエージェントがおすすめ!

▼転職成功率の高さで選ぶのであれば
パソナ・リクルートエージェントがおすすめ!

▼求人数の豊富さで選ぶのであれば
リクルートエージェント・dodaがおすすめ!

フリーター・第二新卒転職エージェントの比較について

転職エージェント 支店数 売上 粗利 転職実績 求人数
ハタラクティブ 10 非公開 非公開 60,000人 2,300件
就職shop 10 非公開 非公開 非公開 8,555社
JAIC 9 27億200万円 2億2,100万円 20,000人 不明
いい就職ドットコム 4 非公開 非公開 10,000人 5,000社以上
マイナビジョブ20 3 非公開 非公開 非公開 2,501件
DYM 18 非公開 非公開 5,000人 2,000件以上
ウズキャリ既卒 3 非公開 非公開 非公開 1,500社以上
第二新卒エージェントneo 4 非公開 非公開 15,000人 5,000件以上

▼フリーターからの正社員を目指すのであれば、
ハタラクティブ・JAICがおすすめ!

▼第二新卒・既卒で正社員を目指すのであれば、
就職shop・マイナビジョブ20`s・いい就職ドットコムがおすすめ!

▼1日でも早く正社員になりたいのであれば、
就職率96%で最短1週間で内定可能のDYM就職がおすすめ!

ハイキャリア転職エージェントの比較について

転職エージェント 支店数 資本金 売上 粗利 転職実績 求人数
JAC 9 6億1,950万円 230億6,400万円 55億6,800万円 年間67,000人が新規会員登録 非公開
ビズリーチ 9 41億円 156億5,800万円 6億8,600万円 月間47,000人以上が新規会員登録 10,000社以上
ランスタッド 1 1億円 非公開 非公開 非公開 1,163件(公開)

▼今よりも好条件で転職を狙いにいくのであれば、
JACリクルートメントがおすすめ!

▼時間をかけずに効率よく転職をしたいのであれば、
ビズリーチがおすすめ!

【タイプ別】転職エージェントランキング

総合的にみて実際にどの転職エージェントを利用すると良いのか順位をつけて紹介していきます。

【5社】総合エージェントランキング

1位リクルートエージェント
2位パソナキャリア
3位doda
4位マイナビエージェント
5位type

リクルートエージェントを1位に選んだのは、やはり求人数が断トツに多いという点です。求人数が多ければそれだけ選択肢も広がりますし、他の転職エージェントにはない求人も多く保有しているメリットがあります。そのためリクルートエージェントを1位にしました。

一方でなぜdodaの方が求人数が多いのにパソナキャリアが2位なの?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、私が注目したのは転職支援実績と売上です。

パソナキャリアは求人数はそこまで多くありませんが、転職支援実績と売上が大きいのは転職エージェントに複数登録している求職者は最終的にパソナキャリア経由で内定を獲得した企業に入社していることが推測できます。

つまりパソナキャリアはサポートの質が高く、より求職者の満足度が高いサービスである裏付けになります。そのためdodaではなくパソナキャリアを2位にしました。
※dodaは広告の売上もあるので実際に転職エージェントとしての売上は非公開

【8社】フリーター・第二新卒転職エージェントランキング

1位ハタラクティブ
2位就職shop
3位JAIC
4位いい就職ドットコム
5位マイナビジョブ20`s
6位DYM就職
7位第二新卒エージェントneo
8位ウズキャリ既卒

ハタラクティブを1位に選んだのはやはり未経験から正社員登用の実績の高さです。他のフリーター・第二新卒転職エージェントよりも遥かに実績が高いので正社員を目指したいのであればハタラクティブへの登録は外せないでしょう。したがって1位にハタラクティブを選びました。

2位に就職shopを選んだのは運営母体がリクルートであることと、求人数の多さです。やはり人材業界ではリクルートがトップクラスなのでフリーターや第二新卒向けの就職shopも安心して利用することができます。したがって2位に就職shopを選びました。

3位にJAICを選んだ理由はJAICは登録すると教育研修を受けることができるからです。もともとJAICは教育研修事業からスタートして2004年~2005年ごろから人材紹介事業がスタートしました。もともと教育研修事業の会社だったので求職者へのサポートの質が高いです。そのため就職率も高いので3位にJAICを選びました。

【3社】ハイキャリア転職エージェントランキング

1位JACリクルートメント
2位ビズリーチ
3位ランスタッド

これは問答無用の順位ですね。
JACリクルートメントがハイキャリア転職では圧倒的に実績が高く、年収500万円~600万円以上の方でないとサポートしてくれないみたいです。その代わりにサポートの質が高く、利用者は希望する条件での転職を実現することができています。

その裏付けとなるのがJACリクルートメントの売上です。JACリクルートメントは国内の転職エージェントのなかでもトップ3の売上規模のある大手転職エージェントです。したがって1位にJACリクルートメントを選びました。

まとめ

元人材業界の営業マンがおすすめする転職エージェントランキングについてのまとめは下記の通りです。

▼総合転職
リクルートエージェントパソナの登録は必須

▼第二新卒・フリーター
ハタラクティブの登録は必須

▼ハイキャリア
JACリクルートメントの登録は必須

転職の際にどこの転職エージェントに登録すれば良いか分からないという人は上記の転職エージェントにまずは登録すると良いでしょう。

また転職エージェントは無料で利用ができるので1社だけでなく複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

転職に成功しているひとは最低3~4社登録していると言われてます。そのため自分のタイプにあった転職エージェントをいくつか選んで登録してみると良いでしょう。