【見なきゃ損する】残業代の計算方法と出ないときの対処法を紹介

残業代というのは本来1日の所定労働時間を越えた際に会社が労働者に対して支払わなければいけません。しかし近年「ブラック企業」が話題にもなっていますが、劣悪な労働環境で残業代が法律通りに支払わない企業が問題となりました。

本来、労働者に対して当然支払われるべきである残業代ですが、労働者側もブラック企業の言いなりにならないように、残業代など労務に関する基礎知識を身に付けておくことが重要かと思います。

この記事では、残業代に関する基礎知識を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

読みたい項目にジャンプ

法定時間内労働と法定時間外労働の違いについて

まず残業代についての知識を習得するうえで「法定時間外労働」と「法定時間内労働」の違いについて理解する必要があります。それぞれについて説明をしていくと下記の通りです。

法定時間外労働とは?

法定時間外労働とは労働基準法で定められる1日8時間・週40時間の労働時間を越えて働く場合の残業のことをいいます。

法定内時間外労働とは?

会社が定める所定時間を越えて働いたが、法律上の範囲内で働いた労働のことを言います。(1日8時間・週40時間未満)

2つの違いは残業代を支払われるかどうかです。法定時間外労働については残業代が支払われなくてはいけませんが、法定時間内労働については残業代が支払われなくても問題ありません。

残業代の計算方法について

次に残業代の計算方法について解説をしていきます。こちらも基本的なことになるので、必ず覚えておくようにしてください。

残業代についてそれぞれ解説をしていくうえで、例としてAさんを想定して考えていきます。

所定労働時間8時間を越えた場合の残業代の計算方法について

所定労働時間8時間を越えた場合は所定賃金の25%増しの残業代が支払われます。Aさんの所定勤務時間は下記の通りです。

項目勤務時間残業時間
所定勤務時間9:00~18:00(休憩1H)0:00
実際の勤務時間9:00~20:00(休憩1H)2:00

この場合、Aさんは2時間の残業をしていることになります。したがって残業代の計算は下記のようになります。

残業代の計算方法

①9:00~18:00は通常の通常通りの計算

  • 時給1,000円×8H=8,000円

②18:00~20:00は残業時間(25%増)に該当する

  • 時給1,000円×2H×1.25=2,500円

③1日の給料の合計

  • 10,500円

夜勤の際の残業代の計算方法

22時~翌朝5時までの勤務のときは深夜残業として扱われます。そのため所定賃金の25%増しが深夜手当として支払われます。Aさんの深夜時の所定勤務時間は下記の通りです。

項目勤務時間残業時間
所定勤務時間22:00~7:00(休憩1H)0:00
実際の勤務時間22:00~9:00(休憩1H)2:00

Aさんは深夜勤務とプラス2時間の残業をしています。この場合の深夜勤務と残業の計算式は下記のようになります。

残業代の計算方法

①22:00~5:00までは深夜手当が発生する(休憩1H)

  • 時給1,000円×6H×1.25=7,500円

②5:00~7:00までは通常の勤務

  • 時給1,000円×2H=2,000円

③7:00~9:00までは残業時間に該当する

  • 時給1,000円×2H×1.25=2,500円

④1日の給料の合計

  • 12,000円

休日出勤をおこなった際の残業代の計算方法

休日出勤をした場合は所定賃金の35%増の賃金が支払われます。Aさんの1週間の出勤スケジュールは下記の通りです。

曜日勤務時間実際の勤務時間
月曜日9:00~18:009:00~18:00
火曜日9:00~18:009:00~18:00
水曜日9:00~18:009:00~18:00
木曜日9:00~18:009:00~18:00
金曜日9:00~18:009:00~18:00
土曜日休み9:00~18:00
日曜日休み9:00~18:00

土曜日と日曜日は本来は休みであるのにも関わらず、いずれも出勤となった場合の計算方法については下記のようになります。

残業代の計算方法

①土曜日の出勤は法定外休日労働に該当するので25%増の賃金

  • 時給1,000円×8H×1.25=10,000円

②日曜日の勤務は7日連続となり法定休日労働に該当するので35%増の賃金

  • 時給1,000円×8H×1.35=10,800円

残業代が支払われない会社の特徴について

残業代は法律上は労働者に対して必ず支払わないといけないものですが、出ない会社も多いです。残業代が出ない会社の特徴について挙げてみました。

  • 給料が年俸制であること
  • みなし残業で残業代を給料に含めている

こういった会社は残業代がでない可能性が高いです。

特にみなし残業を取り入れている会社については注意が必要です。みなし残業は残業の有無に関わらず予め残業代を給料に含んで支払うようになっていますが、超過した分の残業代が支払われないケースも少なくないからです。

本来は、みなし残業を取り入れている会社であっても、残業時間の超過分は労働者に支払わないといけません。しかし労働者側もそのことを知らないあるいは超過分を申告しても支払ってもらえない状況の可能性があるので、もしトラブルに発展しそうであれば法律の専門家や労務の専門家に相談をすることをおすすめします。

残業代が出ないときの対処法について

残業代が支払われない会社で働いているのだがどうしたらいい…?

残業代が支払われないときの対処法として最も優先すべきことは「転職をする」です。そもそも残業代を労働者に支払うことは当然のことなので、中長期的に働き続けることを考えたら、今の会社は辞めたほうが良いです。

またあなたの貴重な時間を労働の対価として、残業代をもらう訳で、残業代が出ない会社で働くのは非常に勿体ないことだと思います。

そのため、もし残業代が出ない会社で働いており、不満があるのであればコンプライアンスをしっかりと守った会社に転職することが対処法としてはおすすめです。

ちなみに残業代の未払金に関しては証拠さえあれば、退職後2年以内であれば会社に対して請求することができますよ。

転職活動中にやるべきこと
  • 労働時間が明記されたタイムカード
  • メールの送信時間の履歴
  • パソコンのログインとログオフの記録
  • 出社時間と退勤時間がわかるもの
  • 上記の証拠を転職活動中に集めることができれば未払い残業代の証拠として扱うことが可能です
  • 上記の証拠を集めるのが難しい場合は出退勤時間をメモするだけでも最悪OK

残業代の請求は自分ではなく弁護士に依頼するのが効果的

未払いの残業代を請求したい場合はどうすれば良いの…?

未払い残業代を請求したいけど、「上司が怖い」「やり方が分からない」など思っている方は、法律の専門家に相談することがおすすめです。仮に個人で会社に未払い残業代を請求しても、相手は企業なので、個人が1人で戦うのは厳しいかと思います。

しかし労務を得意とした弁護士などに相談すると、残業代未払いの問題を解決することができるかもしれません。また最近では退職代行というサービスがあり、弁護士が運営しているサービスを利用することで、残業代未払いの労務トラブルと退職交渉を弁護士が代理でおこなってくれます。

費用に関しては、ホームページなどにも記載されているので、安心して相談することができます。もし退職代行についてもう少し詳しく知りたいという方は下記の記事を参考にしてみてくださいね。

転職エージェントを上手に利用して転職活動を始めよう!

在職中に転職活動をおこなう際に「転職の方法が分からない」「忙しくて時間が取れない」という方は多いと思います。ましてやサービス残業の多い方であれば、仕事から帰ってきて転職活動をするのは、よほどの気合いと根性が必要になります。

そういった方は、ぜひ転職エージェントを上手に利用してください。転職エージェントを活用することで転職先内定まで一気通貫でキャリアアドバイザーから転職サポートを受けることができます。

忙しくて優良企業の求人を探すことができない

履歴書・職務経歴書の作成に時間が取れない

こういった方でも、専任のキャリアドバイザーがあなたの転職活動を無料でしっかりとサポートしてくれるので、お仕事をしながら効率的に転職活動を進めることができるのです。

また優秀なキャリアアドバイザーから客観的な転職アドバイスや企業の労働環境の情報をもらうことで、企業選びで失敗するリスクを軽減することだってできると思います。したがって、転職活動が初めての方や忙しい方には、積極的に転職エージェントを利用していただきたいです。

ちなみに転職エージェントは企業から紹介料をもらうビジネスモデルなので利用者(求職者)は一切の費用がかからず無料で利用することができるので逆に使わない理由はないですよね!

おすすめの転職エージェントを紹介!

リクルートエージェントの調査で転職成功者の多くが複数の転職エージェントを利用していることがわかりました。(参考:リクルートエージェント『転職エージェントは何社利用するのが良い?』)

この調査結果では平均2~3社は登録しているという方が多いので、最低でも2社以上の転職エージェントを使い分けることがおすすめです。

なぜ、転職エージェントを複数使い分けるべきかというと、次のような理由があるからです。

  • 転職エージェントによって求人情報が異なるのでキャリアの選択肢の幅が広がる
  • 複数のキャリアドバイザーからアドバイスをもらうことで客観的な視点で転職活動ができる
  • キャリアアドバイザーとの相性もあるので自分にあったキャリアアドバイザーと巡り合える

こういった理由から複数の転職エージェントを利用することを推奨しています。

転職エージェントに複数登録する際は、大手転職エージェントを中心に登録をするのがベスト!

リクルートエージェント

おすすめ度!
やめておけ!
登録推奨!

キャリアアドバイザーのヒアリング力・提案力はピカイチ!求人数もトップクラスに多いので、転職を考えたときにまず初めに登録をしておきたいおすすめ転職エージェント!

ここがおすすめ!
  • 業界№1の転職エージェントなので、むしろ登録をしない理由がない
  • 転職支援実績は累計41万人以上!
  • 非公開求人は業界最大級!
  • 経験豊富なキャリアアドバイザーが的確な転職サポート
  • 独自の業界&企業分析情報を提供してくれる

パソナキャリア

おすすめ度!
やめておけ!
登録推奨!

丁寧かつ親切な転職サポートに強みをもっています。女性の転職に強いのが特徴です。転職が初めての方におすすめ転職エージェント!

ここがおすすめ!
  • オリコン顧客満足度調査で転職エージェント部門【3年連続1位】
  • 50,000件以上の求人を保有(80%非公開求人)
  • サポート体制が万全でキャリアドバイザーの親身なサポートが好評
  • 転職後の年収アップ率67.1%

マイナビエージェント

おすすめ度!
やめておけ!
登録推奨!

関東・関西・東海エリアにおける転職サポートに強みをもっています。国内最大級の転職・就職サイト「マイナビ」を運営している会社だからこそ情報量も豊富です。20代~30代におすすめ転職エージェント!

ここがおすすめ!
  • 20代~30代に強い転職エージェント
  • 応募書類の準備から面接対策まで親身なサポートが評判
  • 全国の大手上場企業からベンチャーまで優良企業の人事と直接太いパイプを持っている
  • 優良企業の求人取り扱い数トップクラス

doda

転職サイトはdoda

サイトが1番使いやすいので、自身でも転職活動を進めることができるという方や、できるだけ自分で求人を探したいという方におすすめ転職エージェント!

おすすめ度!
やめておけ!
登録推奨!
ここがおすすめ!
  • dodaは約10万件以上の求人を保有しており、リクルートに次ぐ日本トップクラスの転職エージェント!
  • キャリアドバイザーがマメに情報提供をしてくれる!
  • スカウト機能があって企業から面談オファーが届くおかげで求人を探す手間が省ける

まとめ

この記事では残業代に関する基礎知識を紹介しました。残業代は労働者に対して当然支払われるべき対価です。基礎知識を身に付けることも重要ですが、現在残業代の未払いの悩みを抱えている方は転職をするのが良いでしょう。

コンプライアンス遵守をしている企業に転職すれば、きっと今よりも満足度の高い生活を送ることができると思います。現在の生活をより豊かにしたいと考えている方は当サイトで紹介した転職エージェントにまずは無料相談を検討してみてはいかがでしょうか?


人事・労務ランキング
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

皆さま、お疲れ様です。

森と申します。
私は人材業界で法人営業および採用関連の経験がございます。

派遣社員の正社員登用へのサポートなど、
キャリアアップ支援などに尽力をして参りました。

このような経験がどこかで活かせないかと思い、
趣味で「たまごジョブ」を運営しております。

仕事で困ったときに、当サイトが何かのキッカケになれば、幸いでございます。

読みたい項目にジャンプ
閉じる