労務・採用

【見なきゃ損する】残業代の計算方法と出ないときの対処法を紹介

残業代というのは本来1日の所定労働時間を越えた際に会社が労働者に対して支払わなければいけません。

しかし残業代が法律通りに支払われず、
サービス残業をしている方も多いのではないでしょうか。

今日12時間50分も働いた。 だけど、お給料は8時間だけ、 残業代も貰えない 早く転職したい

引用元:Twitter

この記事では残業代の計算方法と残業代が支払われないときの対処法について紹介をしていきます。

現在の職場でサービス残業を強要されていることに不満を抱えている方は是非参考にしてみてください。

初めまして。森です。
私は人材業界で営業と採用領域を兼任して働いています。

1日4時間以上もサービス残業は酷いですね…。
もしかしたら働く側が残業代の仕組みを知らないので、企業から下に見られているかもしれません…。

残業代について知らないと損をすることが多いので、損をしないためにも最後まで読んでもらえると嬉しいです。

法定時間内労働と法定時間外労働の違いについて

まず残業代についての知識を習得するうえで「法定時間外労働」と「法定時間内労働」の違いについて理解する必要があります。

それぞれについて説明をしていくと下記の通りです。

残業代について基本的な部分なので、
ここは知っておくべきです。

残業代の計算方法について

次に残業代の計算方法について解説をしていきます。
こちらも基本的なことになるので、必ず覚えておくようにしてください。

残業代についてそれぞれ解説をしていくうえで、
例としてAさんを想定して考えていきます。

■所定労働時間8時間を越えた場合の残業代の計算方法について

所定労働時間8時間を越えた場合は所定賃金の25%増しの残業代が支払われます。

Aさんの所定勤務時間は下記の通りです。

項目勤務時間残業時間
所定勤務時間9:00~18:00(休憩1H)0:00
実際の勤務時間9:00~20:00(休憩1H)2:00

この場合、Aさんは2時間の残業をしていることになります。
したがって残業代の計算は下記のようになります。

①9:00~18:00は通常の通常通りの計算
時給1,000円×8H=8,000円

②18:00~20:00は残業時間に該当する
時給1,000円×2H×1.25=2,500円

③1日の給料の合計
10,500円

■夜勤の際の残業代の計算方法

22時~翌朝5時までの勤務のときは深夜残業として扱われます。
そのため所定賃金の25%増しが深夜手当として支払われます。

Aさんの深夜時の所定勤務時間は下記の通りです。

項目勤務時間残業時間
所定勤務時間22:00~7:00(休憩1H)0:00
実際の勤務時間22:00~9:00(休憩1H)2:00

Aさんは深夜勤務とプラス2時間の残業をしています。
この場合の深夜勤務と残業の計算式は下記のようになります。

①22:00~5:00までは深夜手当が発生する(休憩1H)
時給1,000円×6H×1.25=7,500円

②5:00~7:00までは通常の勤務
時給1,000円×2H=2,000円

③7:00~9:00までは残業時間に該当する
時給1,000円×2H×1.25=2,500円

④1日の給料の合計
12,000円

■休日出勤をおこなった際の残業代の計算方法

休日出勤をした場合は所定賃金の35%増の賃金が支払われます。
Aさんの1週間の出勤スケジュールは下記の通りです。

曜日勤務時間実際の勤務時間
月曜日9:00~18:009:00~18:00
火曜日9:00~18:009:00~18:00
水曜日9:00~18:009:00~18:00
木曜日9:00~18:009:00~18:00
金曜日9:00~18:009:00~18:00
土曜日休み9:00~18:00
日曜日休み9:00~18:00

土曜日と日曜日は本来は休みであるのにも関わらず、
いずれも出勤となった場合の計算方法については下記のようになります。

①土曜日の出勤は法定外休日労働に該当するので25%増の賃金
時給1,000円×8H×1.25=10,000円

②日曜日の勤務は7日連続となり法定休日労働に該当するので35%増の賃金
時給1,000円×8H×1.35=10,800円

ここも基本的な内容になるので、
覚えておくことをおすすめします。

残業代が支払われない会社の特徴について

残業代は法律上は労働者に対して必ず支払わないといけないものですが、出ない会社も多いです。

残業代が出ない会社の特徴について挙げてみました。

こういった会社は残業代がでない可能性が高いです。
なぜなら年俸制やみなし残業で給与を支払っている会社は残業代という概念が薄れてしまうからです。

残業代が出ないというか 残業代という概念がないのがうちの会社の特徴( ̄▽ ̄)

引用元:Twitter

特にみなし残業を取り入れている会社については注意が必要です。
みなし残業は残業の有無に関わらず予め残業代を給料に含んで支払うようになっていますが、超過した分の残業代が支払われないことが多いです。

みなし残業が20時間であるが実際の残業時間は40時間だったなんてことは、よくあることなのでみなし残業時間を低く見積もっている会社はやめたほうが良いです。

みなし残業時間の超過分は労働者が会社に申告すればもらう事ができますが、ほとんどの方が申告できてないのでサービス残業となっていることかと思います。

残業代が出ないときの対処法について

残業代が支払われない会社はブラック企業なので、そのような会社はすぐに辞めて転職するべきです。

【今すぐ辞めた方がいい会社の特徴 TOP4】
・定時で帰れない空気がある
・上司が感情的で話し合いにすらならない
・あなたが辞めたら回らなくなる
・残業代が出ない

引用元:Twitter

また残業代の未払金に関しては証拠さえあれば、退職後2年以内であれば会社に対して請求することができます。

①~④までの証拠を転職する前までに集める必要があります。
しかし、もし難しい場合は、自身の出勤時間や退勤時間をスケジュール帳にメモするだけでも有効な証拠になります。

残業代の出ない会社から抜け出すために簡単に流れを紹介していきます。

■転職までの大まかな流れについて

残業代の請求は自分ではなく弁護士に依頼するのが効果的

不払い分の残業代の請求を自分で会社にしても、相手は企業なので歯が立たないです。泣き寝入りすることになるのは目に見えているので、そうならないように初めから弁護士に相談するようにしましょう。

「弁護士に依頼すると高いのでは…?」と思う方も多いと思いますが、そもそも貰えなかった残業代を回収してくれ、そこから支払うだけなので高くはありません。

どこの弁護士に依頼すれば良いのか分からないといった方に残業代の請求に強い弁護士事務所をピックアップしてみました。

弁護士法人アズバーズ
弁護士法人アズバーズは残業代請求を専門としているので最大1回650万円の回収実績があります。

最初の相談費用も含め、初期費用が0円のプランもあります。また成果報酬についても事前に決まっているので安心して利用することができます。

\急ぎ電話で問合せの方は/
\03-5937-3261/

無料相談はこちら

残業代がもらえる会社に転職する方法

次の会社は残業代がちゃんと支払ってくれる会社に転職するようにしましょうね。

最低限、下記のポイントを抑えたうえで求人を探すと良いでしょう。

ただ自分1人で転職活動をしてしまうとブラック企業に引っかかるリスクは高いので、安全な企業選びをするためには転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは実際に企業の内部を調査したうえで、
求職者を紹介するので、ブラック企業への紹介は基本的にないと考えて大丈夫です。

転職エージェントは求職者を企業に紹介して紹介料をもらうビジネスモデルなので、変なブラック企業を紹介して求職者からの評判が落ちると、ビジネスが成立しません。

そのため転職エージェントから紹介される企業でブラック企業はないので安心して利用することができます。

■転職エージェントの利用イメージ

転職に成功している人は平均3~4社ほど転職エージェントに登録しているといわれています。
そのため転職を考えている人は、まずは転職エージェントに登録するのがおすすめです。

転職エージェントのなかには劣悪な労働環境の企業ばかり紹介する業者もいるので要注意です。
しかし大手の転職エージェントであれば安心して利用することができます。

おすすめの大手の転職エージェントをピックアップしてみました。
ますは無料カウンセリング登録をするようにしましょう。

リクルートエージェント
リクルートエージェントは転職支援実績41万人上を誇る業界№1の転職エージェントです。

さらに非公開求人を約20万件以上を保有しておりこちらも業界№1と言われています。

各業界に精通したハイレベルな専門キャリアドバイザーがマンツーマンで転職サポートをしてくれるので、登録して損はないです。

\転職支援実績№1・登録利用は完全無料/

リクルートに相談はこちら

パソナキャリア
パソナキャリアは業界で最も親切・丁寧な転職サポートをしてくれると言われている転職エージェントです。

求人数は他よりも若干劣りますが、それ以上に転職サポートが手厚いので、実際に利用したことのあるユーザーからの満足度が非常に高いです。(転職支援実績25万人と申し分ない実績を誇ります)

転職が初めての方でも安心して利用ができる転職エージェントなので、個人的におすすめしたい転職エージェントです。

\求職者に寄り添った転職サポート・登録利用は完全無料/

パソナに相談はこちら

doda
転職サイトはdoda
dodaは約10万件以上の求人を保有しており、リクルートに次ぐ日本トップクラスの転職エージェントです。

やはり強みは求人数が多いことと、あとはキャリアドバイザーがマメに情報をくれるので、転職活動の際に役立ちました。

また企業からのスカウト機能があって、求人を探す手間が省けるので、効率よく転職活動をしたい方におすすめです。

\情報量の多さトップクラス・登録利用は完全無料/

dodaに相談はこちら

上記の3社を組み合わせて利用すれば、ほぼ網羅できるので、それ以外の転職エージェントに登録する必要はありません。

迷ったら、まずは業界№1のリクルートエージェントに登録して相談するのがおすすめです。

まとめ

この記事では残業代の計算方法と残業代が出ないときの対処法について紹介しました。

残業代が出ない会社は、労働基準法を無視したブラック企業である可能性が高いです。
そのような会社で長く働く意味がないので転職することをおすすめします。

また残業代の不払いに関しては退職後2年以内は企業に請求することができるので、残業代の請求を専門としている弁護士にまずは無料相談から始めると良いでしょう。


人事・労務ランキング
【編集部ピックアップ】