労務・採用

あなたは上司のことが嫌い?嫌いな上司への対応と解決策を徹底紹介

もし「あなたは上司のことをリスペクトしていますか?」と急に質問をされたら「YES」と即答できる人はどのくらいいるのでしょうか。

この記事にたどり着いた方は、どちらかというと上司のことが嫌いすぎて困っている方が多いかと思います。

上司は部下のことを選ぶことができても、部下は上司を選ぶことができませんよね。

この記事では「上司が嫌いすぎて、もう限界…」って方のために嫌いな上司の対応と解決策を紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

会社には色んなタイプの人間がいますからね。
今回は上司が嫌いな人の解決策について紹介したいと思います。

上司が嫌いで仕事を辞めたいなら転職を考えたほうが良い

日本で働く人の退職理由で”人間関係”は上位に入ります。

上記の図は厚生労働省の雇用動向調査によるものになりますが、特に女性は人間関係で退職される人が多いようです。

そのため今嫌いな上司で悩んでいる人のなかで、「上司が嫌いだけどそんな理由で辞めるのは恥ずかしい」と思っている人は、人間関係で仕事を辞めるのは普通にあり得ることなので過剰に気にする必要はありません。

やはり1つの会社で長く働くには職場の人間関係が収入と同じくらい大事ですよね。

ストレスで鬱になるよりは転職をした方が自分のためになる

仕事は好きだったけど上司が嫌いだった 工事の仕事から全く関係ない工場に転職 一番は人間関係だね

引用元:Twitter

嫌な上司に「もう我慢の限界!」って人は転職をするのも1つの手段です。
もちろん直ぐにでも辞めて転職しろという訳ではありません。

しかし我慢を続けて、ストレスを溜め込んで、鬱になってからでは手遅れです。

人間関係で退職をしたら、次の仕事が見つかりにくいと思う方もいるかもしれませんが、そもそも鬱になってしまったら、なおさら再就職に不利になります。

そうならないように、上司が嫌いすぎて「限界」と感じたときには転職を検討してみることをおすすめします。

まずは無料で利用できる転職エージェントサービスを利用すると良いですよ。

【人材業界経験者が選ぶ】おすすめ転職エージェントランキングこの記事ではおすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介しています。現在、転職を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。...

なぜ上司のことが嫌いなのか?嫌われる上司の特徴について

「何となく上司のことが嫌い」っていう人は、流石にあまりいないと思いますが、なぜ上司のことが嫌いなのでしょうか?

さっそく嫌われる上司の特徴について紹介していきます。

上司がめちゃくちゃ怖い

嫌われる上司の特徴として「めちゃくちゃ怖い」ということが挙げられます。

ただでさえ役職のある上司とは話しづらい印象があるのに、そこに威圧感がプラスされてしまったら、萎縮してしまい良好な人間関係を築くことは難しいですよね。

また、ただ見た目が怖いだけなら、まだ我慢できますが、イライラを部下にぶつけたりする攻撃的な上司は最悪です。

嫌われて当然な上司ですね。

細かいことに口出しをしてくる

次に嫌われる上司の特徴は「細かいことを口出ししてくる」です。
仕事の細かさは部下の成長のためにも非常に大事なことかと思います。

そのため部下に仕事面で細かい指摘をできる上司は、その時は「ウザイ上司」だったとしても何年後かに振り返ったときに、「良い上司だった」と思えるときが来ます。

しかし重箱の隅を楊枝でほじくるような限度が行き過ぎた細かい口出しは、部下からは嫌われます。

嫌いな上司の対応について

社会人であれば嫌いな人がいても平然と対応するのが当然です。
そのため嫌いな上司がいても普通に接するのがベストです。

嫌いな上司と距離が近すぎてもストレスが溜まってしまいますし、逆に距離が遠すぎても昇進など会社内での貴方の評価がマイナスになってしまうリスクがあります。

嫌われる上司と仲の良い同僚は、適度な距離感を取るのが上手な人だと思います。

こういった距離感を上手く取れる人は、上司を上手く利用して、出世の階段を登るスマートな人です。

上司が嫌いな人は、まずは適度な距離感を意識して普通に接することを目指してみましょう。

嫌いな上司の対応でやってはいけないこと

嫌いな上司であっても”普通に接するべき”ということですが、逆に嫌いな上司に対してやってはいけないことについて紹介します。

もし嫌いな上司に対してNGな対応をやっていたら、明日からでも態度を改めたほうが良いでしょう。

それでは、さっそく紹介していきます。

嫌いなことを態度に出す

嫌いな上司から話しかけられたときに、顔や態度に出すのは絶対にやってはいけません。

妙に不貞腐れていたり、言葉遣いが乱れていたり、睨み付けたりする行為は、そもそも目上の人に対して失礼ですよね。

ましてや嫌いとはいえ、上司は上司なので、貴方の行動や言動はそのまま会社での評価に直結し、会社で働き続けるのが難しくなるので、絶対にやめましょう。

上司が嫌いすぎて「もう限界」なときは?

上司が嫌いすぎて「もう我慢の限界!」っていう人は、環境を変えることをおすすめします。

このまま同じ環境で働きつづけるのは精神的に厳しいと思うので、自分の体調を優先して行動をするべきです。

もう上司が嫌いすぎて限界という人は、これから紹介する解決策を取ると良いでしょう。

人事に相談をする

直属の上司が嫌いすぎて我慢の限界という人は会社の人事に、まずは相談するべきです。

嫌いな上司のモンスターレベルにもよると思いますが、人事から上司に注意をしてもらうことも可能です。

また場合によっては部署や支店の異動なども検討してもらえるので、人事に相談することで、今の会社を退職せずに働き続けることが可能です。

転職をする

もし人事に相談するのが嫌というや、人事に相談したけど解決できなかった人は転職をするべきです。

ここまで我慢の限界がきたら、貴方は転職をして別の会社で働いた方が成功する可能性が高いと思います。

嫌な上司のもとで我慢しながら、無駄な時間を過ごすより、環境を変えて、働いたほうがキャリアも身につくでしょう。

転職をするときは在職中に行った方が良いので、効率よく転職活動を進めるために転職エージェントサービスを利用するのがおすすめです。

【人材業界経験者が選ぶ】おすすめ転職エージェントランキングこの記事ではおすすめの転職エージェントをランキング形式で紹介しています。現在、転職を検討している方はぜひ参考にしてみてくださいね。...

まとめ

この記事では上司が嫌いすぎて限界という人の解決策について紹介しました。

部下は上司を選ぶことができません。
そのため貴方の上司が実は嫌な奴だったことは、もはや運命なのです。

我慢して働くか、環境を変えるのかは、
もちろん貴方次第ですが、自身のキャリアや体調を考えるのであれば、
異動や転職という選択肢を取るのがベストだと思います。

異動か転職かいずれにせよ、環境は変えたほうが良いでしょう。


人事・労務ランキング
【編集部ピックアップ】