転職

いま話題のギグワーカーとは?ギグワーカーのメリットやデメリットを解説

近年、「副業」を解禁する企業が増えてきて、本業で培ったノウハウやスキルを「副業」へ活かす人材が増えてきました。

より個人で稼ぐ力が必要になってきた現在で注目されているのが「ギグワーカー」という働き方です。

この記事では本業以外に空いた時間で収入アップをさせたい方や、ギグワーカーとして個人のスキルを伸ばしたい人に「ギグワーカー」について紹介していきますので是非参考にしてみてください。

お疲れ様です。森です。
私は人材業界で営業と採用の経験があります。

なので一般的な人よりはそこらへん詳しいかと思うので、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

ギグワーカーとは

ギグワーカー ライブ 単発

働き方改革で副業を解禁する企業が増えていくなかで昨今「ギグワーカー」という働き方が注目されています。

「Gig Economy」という個人の空き時間を利用して好きなときに働くことができる経済圏を指します。

「Gig Worker」はギグエコノミーの経済圏で働く人たちのことを指します。ちなみにギグワーカーの語源は昔アメリカでライブハウスで単発の演奏を請負うバンドマンのことを「gig」と呼んでいたそうです。

そこから単発の仕事のことを「gig」というようになり現在のようなギグエコノミーやギグワーカーという言葉が普及するようになりました。

ギグワーカーとフリーランスの違い

ギグワーカー フリーランス 違い

ギグワーカーとフリーランスは似ているようで異なる働き方なので、まずはそれぞれの違いについて説明していきましょう。

【ギグワーカー】
パソコンやモバイルを使ってビジネススキルマッチングサイトから好きな時間に好きな仕事を選び働くことができる働き方

【フリーランス】
会社のような組織に属さず個人で仕事を請負う働き方

フリーランスもギグワーカーも会社という組織に属していないという点で同じ働き方ですが、仕事を受ける契約の点が異なります。

ギグワーカーであれば依頼主から依頼された内容の仕事を1回ポッキリこなせば良いわけですが、

フリーランスの場合には企業からの仕事を個人で丸々請負うのでプロジェクトによって納期が様々です。

1日ぽっきりで終わるものもあれば1ヶ月近く納品まで時間がかかるものもあります。

ギグワーカーはフリーランスとは異なり、”単発”での仕事という形態となります。

ギグワーカーってどのような仕事なの?

ギグワーカー 仕事

ギグワーカーを代表とする仕事はウーバーイーツやココナラ、クラウドワークスのようなアプリで仕事を簡単に見つけることができます。

そこでギグワーカーにはどのような仕事があるのか紹介していきます。

配達員の仕事

最近ではギグワーカーの代表ともいえるようになってきましたがウーバーイーツや出前館などで食品配達員の仕事です。

配達員として登録を行えば誰でも簡単に働くことができるようになります。
配達1件につき報酬をもらえるので配達件数に収入が左右されます。

どのくらいウーバーイーツで稼げるのか気になる方は下記の関連記事も参考にしてみてください。

【体験談】ウーバーイーツでいくら稼げる?配達パートナー歴4ヶ月の給料を徹底解説!この記事ではウーバーイーツ配達パートナー歴4カ月の体験談を紹介しています。「ウーバーイーツって稼げるの?」って気になる方も多いと思いますが給料なども解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。...

イラスト・ライティングの仕事

文字を書いたり、絵が得意な方は自身の得意領域の仕事をギグワーカーとして仕事の依頼を受けることが可能です。

ココナラやクラウドワークスでよく見られるのが「ブログの記事を書いて欲しい」「SNSのアイコン用の似顔絵が欲しい」などそういった単発の案件が数多く存在します。

配達員とは違って自宅でも仕事をすることができるので、イラストやライティングのお仕事は主婦の方などに人気です。

HP制作・プログラミング

ホームページの制作やプログラミング関連もギグワーカーの仕事であります。

しかもホームページ制作やプログラミングの案件はギグワーカーの仕事のなかでも高単価の案件が多いのが特徴的です。

もしギグワーカーとして稼げるようになりたいと考えている方はプログラミングスキルを身に付けてホームページ制作やプログラミングの案件を中心に依頼を受けていくのがおすすめです。

配達員ライター/イラストレータープログラミング
単価相場/件300円3~5,000円5万~10万円
スキルレベル

スキルが必要な仕事ほど単価相場が上がるので効率よくギグワーカーとして稼ぐことができる!

今後も副業は拡大していくので、より稼げるスキルを今のうちに身に付けることが非常に大事ですね。

月々13,659円(税込)~プログラミングスキルが手に入る

テックアカデミーの無料体験はこちら

ギグワーカーの世間からの反応はどうなの?ギグワーカーで働くうえで注意すべきこと

ギグワーカーという言葉自体はまだ新しいので、正直あまりイメージが湧かないという方は多いかと思います。また「ギグワーカー」という働き方は世間ではどのように見られるのか、気になる方も中にはいるのではないでしょうか?

そこでギグワーカーに対する世間からのイメージと、一般的な印象を踏まえてギグワーカーとして働くうえで注意すべきことを解説していきたいと思います。

ギグワーカーに対する世間からのイメージについて

ギグワーカーに対する世間からの印象について、SNS上の口コミを調査してみました。

「ギグワーカー=単発の仕事を請け負う」という点で多くの人から、「単なる日雇い派遣」と変わらないという声がSNS上であげられていました。

ギグワーカーというと何やらニューノーマルとかいう時代の先端みたいな感じだけど、従来の日雇いと何が違うのか…。労働者を出す企業が番組内に出てきたが、口にする正当性や社会的存在意義について真っ当とは思えなかった。企業や経営者/使用者の良心に任せていては使い捨ての駒が増えるだけでは。

引用元:Twitter

ギグワーカーって日雇いと同じじゃないのか… ただ呼び方がカッコよくなってカタカナ語化することで本質をぼやかしてしまう日本の得意技を見てしまった気分なんですけど(ニュースウオッチ9見てた

引用元:Twitter

ギグワーカーなんて名前つけるなよ、、、 日雇い、アルバイター、フリーターとかとどう違うんだよ・・・

引用元:Twitter

NHKのニュースでギグワーカーを取り上げているけど。ギグワークって横文字にすると格好良いけど、やってることは山谷とか西成の日雇い労働者と一緒だよな。山谷や西成のおじさんたちはギグワークのアプリ使いこなせないから、ハローワークに行ってるけど。

引用元:Twitter

世間からの声を踏まえてギグワーカーとして働くうえで注意すべきこと

世間からの声で「ギグワーカーは日雇い派遣と変わらない」といった声があったように、これからギグワーカーとして働きたいと考えている方が注意すべき点を紹介したいと思います。

  • ギグワーカーは雇用が不安定である
  • サラリーマンとは異なり会社からの保障はない(個人事業主であるので全て自己責任)
  • 福利厚生がない(個人事業主であるため)

ギグワーカーは会社に雇用はされない働き方で、自由を得ることができる一方で、自由と引き換えに仕事上のトラブルや事故などは全て自己責任となります。

したがってギグワーカーとして働く際は会社員とは違い個人事業主なので保障されないという点はあらかじめ注意するようにしましょう。

ギグワーカーのデメリット・メリットについて

ギグワーカー メリット デメリット

好きな時間に働けるギグワーカーで隙間時間を利用して収入をあげたいという人には魅力的ですよね。

しかしギグワーカーの働き方には、どのようなメリット・デメリットがあるのか紹介していきたいと思います。

ギグワーカーの4つのメリットについて

柔軟な働き方ができる

ギグワーカーは柔軟な働き方ができます。主婦の人であれば家事や子育ての合間に自宅でパソコンやスマホさえあれば収入を得ることができます。

また会社に縛られずに自由に仕事をすることができるので、ギグワーカーとしての働き方を本業にしても良いですし、本業が終わったときに副業として働くといったことも可能です。

このように様々な状況に合わせて働き方を選択できるというのがメリットだと思います。

本業で培ったスキルを副業で活かすことができる

ギグワーカーは本業として培ったスキルを副業として活かすことができます。

本業で培ったスキルをそのまま活かすことができればスキルアップにもなりますし、収入アップに繋がるので仕事に対するモチベーションも上がります。

それ以外に自分自身で勉強したことをギグワーカーとしてアウトプットすることで新たなスキルを身につけることが可能になります。

ギグワーカーとしてある程度のスキルを身につけたあとは独立して個人事業主として会社経営をすることもできるので自身のキャリアの選択肢が拡がります。

カフェを開業するためにギグワーカーとして色んなカフェの仕事を短期間に集中して受けて独立を果たした方もいるそうです。(=独立をするためにあえてギグワーカーとして働きノウハウを身に付ける)

優秀な人材のスキルをシェアして世の中に新しいサービスが生まれる

副業を解禁する企業が増えてギグワーカーとして隙間時間で自身の能力を発揮する人が増えれば多方面の業界で優秀な人材をシェアすることができます。

ギグワーカーの方の本業の知見や経験を異業界で活かすことで企業は新しい風を取り込むことができます。

そういったことから今までにない新しいサービスが世の中に生まれてくる可能性があります。

企業は優秀な人材をシェアすることでそういったチャンスがあり、優秀な人材の埋もれたスキルを社会を良くするために存分に発揮できる機会を得ることができるのです。

企業は人件費を抑えることができる

正社員を雇用すれば社会保険や毎月一定の給料を支払う必要があります。しかしギグワーカーは企業から雇われるということではないので毎月固定でかかっていた人件費を抑えることができます。

企業からすると人件費を抑えることができるうえに優秀な人材のスキルを共有することができるのでギグワーカーを取り入れることは一石二鳥なのです。

ギグワーカーの4つのデメリットについて

雇用が不安定となる

ギグワーカーのように組織に捉われない働き方は仕事をいつ失うか分からないといったリスクがあります。

また正社員であれば社会保険や福利厚生が整っていますが、ギグワーカーはそれらの保障がありません。

仕事がなければ無職同様なので時代の流れで今後企業が単発で仕事をおろすことがなくなれば、それと同時にギグワーカーとして生計を立ててた人たちは無職になります。

収入が不安定

ギグワーカーは1つの仕事の成果に対しての報酬となるので最低賃金などの定めがありません。そのため企業に安く買い叩かれる可能性があります。

また毎月一定の収入を得るためには継続してある程度の仕事を受けなければなりません。万が一病気で働けないということになれば収入が減ってしまいます。

毎月安定的に収入を得るという保証がないので正社員と比較するとそういった意味ではギグワーカーは不利だと思います。

企業は情報漏洩のリスクがある

人件費を抑えることができるメリットのあるギグワーカーですが、本人の私用のパソコンやスマホを使って仕事をするようになるので、仕事で知り得た情報が外部に漏洩してしまうリスクがあります。

ギグワーカーは様々な企業案件を単発で請負うので、例えば競合の会社で今まで経験したプロジェクトの情報やスキルを簡単に横展開できてしまいます。

また会社の社員であれば情報管理に関する指導はおこないやすいですが、外部の人間にそこまでの徹底した管理をすることは容易ではないのでそういったデメリットがあることはギグワーカーを採用する際にはしっかりとリスクヘッジする必要がありそうです。

人材の使い捨てのリスクがある

ギグワーカーのような働き方が主流になれば企業はより安価で案件を引き受けてくれる人に依頼するようになると思います。

そのためギグワーカーは安く買い叩かれるといったことが起きる可能性があります。そうなった場合に人材の使い捨てが頻繁に行われ、ギグワーカーを長期的に取り入れようとする企業は少なくなってくるのではないかと思います。

まだまだこのような働き方に対する法の整備が進んでいないので、今後ギグワーカーの雇用を保護するための制度が整えられれば良いなと思います。

最近ではギグワーカーの業務中の労災の取り扱いについて問題となってますね。企業に属してないので問題が起きたときに自身で解決をしないといけないのもギグワーカーのデメリットとして挙げられます。

ギグワーカーは年間20万円以上の所得を得てしまうと確定申告を自分でやらないといけないので、副業として始めるのであれば多少そういった面倒な手続きもあります。

ギグワーカーにおすすめサービスを紹介!

ギグワーカーとして働きたいあなたにおすすめのサービスをピックアップしてみました。

スマホで簡単に仕事を見つけることができるので、まずはアプリに登録をして気になる仕事を見つけてみましょう。

PC・スマホを使った仕事で稼ぎたい方
ヴィーナスウォーカークラウドワークスへの登録がおすすめ!

どちらかというとPC・スマホの仕事が苦手な方
シェアフルでスキマ時間バイトを探すのがおすすめ!

シェアフル

【公式】シェアフルに登録はこちら

ヴィーナスウォーカー

【公式】ヴィーナスウォーカーに登録はこちら

クラウドワークス

【公式】クラウドワークスに登録はこちら

テックアカデミー

ギグワーカーとして大きな収入を得たい、あるいは大きな収入を得ることを目指している方は、世の中に必要とされているスキルを身に付けましょう。

現在ではIT技術の進歩でシステムエンジニアが不足してるといわれています。そのためプログラミングスキルは世の中の企業からまさしく必要とされています。

もしプログラミングスキルを身に付けることができれば、高単価の案件をこなすことができるようになるので、副業で本業以上の収入を目指すことだって可能です。

プログラミングは独学ではほとんどの方が挫折するといわれているので、プログラミングスキルを習得したい方はプログラミングスクールを利用することをおすすめします。

マクロミルの調査によると「テックアカデミー」が最も多くのユーザーに選ばれているプログラミングスクールということが分かりました。

このテックアカデミーのサービスは入学金が不要で、月々13,659円~(税込)から現役のエンジニアがマンツーマンでサポートしてくれるので、レベルの高いスキル習得を目指すことが可能です。

月々の支払いが億劫になるかもしれませんが、プログラミングスキルを習得後に何回か単発の仕事を受ければ相殺できるので自己投資だと思えば安いと思います。

プログラミングに興味のある方は、まずはテックアカデミーの無料体験をしてみるのがおすすめですよ。

テックアカデミーの無料体験はこちら

まとめ

ギグワーカーの働き方のまとめについては下記の通りです。

・本業のスキルを副業で活かすことができる
・場所や時間に捉われず自由に働くことができる
・スキマ時間を有効に使って収入アップできる

働き方改革により副業が解禁となり、隙間時間で働くギグワーカーが増えてきました。

本業の経験を異業界で活かすことのできるギグワーカーはスキルアップや収入のアップに繋がるのが最大のメリットですね。

しかしギグワーカーという働き方に対する保障がまだまだ進んでいないので、ギグワーカーの仕事だけで生計を立てるのは現実的に厳しいと思います。

そのため本業をしつつ副業として単発の案件をこなしていくことをおすすめします。

本業とは別に副業でいくつか収入源があったほうが、仮に本業の収入が途絶えたときに安心できますね。

また仕事の幅を広げるためにプログラミングのスキルを今のうちに取得するのもおすすめです!

SAGASUというサイトで自宅でプログラミングを学べるサービスを分かりやすく紹介しているので興味がある人はそちらも参考にしてみてくださいね。


就職・アルバイトランキング
【スポンサーリンク】

東京総合法務事務所の減額診断は匿名で家族や知人にバレることなく、簡単に自分の借金がいくら減るのか?ネットで調べることができます。

無料の減額診断は簡単な質問に答えて進めることができるので、数分で完了できますので、もし借金でお悩みの方は、ぜひ試してみてください!