転職

いま話題のギグワーカーとは?ギグワーカーのメリットやデメリットを解説

近年、「副業」を解禁する企業が増えてきて、本業で培ったノウハウやスキルを「副業」へ活かす人材が増えてきました。

より個人で稼ぐ力が必要になってきた現在で注目されているのが「ギグワーカー」という働き方です。

この記事では本業以外に空いた時間で収入アップをさせたい方や、ギグワーカーとして個人のスキルを伸ばしたい人に「ギグワーカー」について紹介していきますので是非参考にしてみてください。

ギグワーカーとは

ギグワーカー ライブ 単発

働き方改革で副業を解禁する企業が増えていくなかで昨今「ギグワーカー」という働き方が注目されています。

「Gig Economy」という個人の空き時間を利用して好きなときに働くことができる経済圏を指します。

「Gig Worker」はギグエコノミーの経済圏で働く人たちのことを指します。ちなみにギグワーカーの語源は昔アメリカでライブハウスで単発の演奏を請負うバンドマンのことを「gig」と呼んでいたそうです。

そこから単発の仕事のことを「gig」というようになり現在のようなギグエコノミーやギグワーカーという言葉が普及するようになりました。

ギグワーカーとフリーランスの違い

ギグワーカー フリーランス 違い

ギグワーカーもフリーランスは似たような働き方ですが、ギグワーカーとフリーランスの違いについて説明します。

▼ギグワーカー
大前提:パソコンやモバイルを使ってビジネススキルマッチングサイトから好きな時間に好きな仕事を選び働くことができる働き方

▼フリーランス
大前提:会社のような組織に属さず個人で仕事を請負う働き方

フリーランスもギグワーカーも会社という組織に属していないという点で同じ働き方ですが、仕事を受ける契約の点が異なります。

ギグワーカーであれば依頼主から依頼された内容の仕事を1回ポッキリこなせば良いわけですが、フリーランスの場合には企業からの仕事を個人で丸々請負うのでプロジェクトによって納期が様々です。

1日ぽっきりで終わるものもあれば1ヶ月近く納品まで時間がかかるものもあります。

ギグワーカーってどのような仕事なの?

ギグワーカー 仕事

ギグワーカーを代表とする仕事はウーバーイーツやココナラ、クラウドワークスなどで仕事を見つけることができます。どれもスポットで企業が依頼する業務をギグワーカーが好きなときに好きな仕事を選んで応募することができます。

ウーバーイーツであれば利用されたことがある人はイメージしやすいですが、飲食店の配達をスポットでおこないます。ウーバーイーツで働く人はスマートフォンで近くの飲食店の配達依頼を探して、そのお店の配達業務をおこなっています。

ココナラやクラウドワークスであれば主にライティング(ブログ記事の執筆)の仕事が多くありますが、子育て中の主婦など空いている時間を利用して自宅作業で収入を得ることができます。ギグワーカーはこういった配達代行やライティングが代表的な仕事です。

このように組織に属さず、働く場所を選ばなくていいというのがギグワーカーの仕事ですね。

Youtuberで事務所に所属しないで個人で活動している人もいますが、このような人も「ギグワーカー」の1つの働き方かもしれませんね。

ギグワーカーにおすすめ

シェアフル
アプリで簡単応募!1日単位でスキマ時間で働き収入アップ!

クラウドテック
独立したい、業務委託で稼ぎたい人のための求人が豊富!業界トップクラスのクラウドワークスが運営するサービス。

クラウドワークス
テレビや新聞で話題の日本最大級。エンジニアやデザイナー、ライターにおすすめ!

ギグワーカーのデメリット・メリットについて

ギグワーカー メリット デメリット

好きな時間に働けるギグワーカーで隙間時間を利用して収入をあげたいという人には魅力的ですが、どのようなメリット・デメリットがあるのか紹介していきたいと思います。

ギグワーカーの4つのメリットについて

①柔軟な働き方ができる
ギグワーカーは柔軟な働き方ができます。主婦の人であれば家事や子育ての合間に自宅でパソコンやスマホさえあれば収入を得ることができます。また会社に縛られずに自由に仕事をすることができるので、ギグワーカーとしての働き方を本業にしても良いですし、本業が終わったときに副業として働くといったことも可能です。このように様々な状況に合わせて働き方を選択できるというのがメリットだと思います。

②本業で培ったスキルを副業で活かすことができる
ギグワーカーは本業として培ったスキルを副業として活かすことができます。本業で培ったスキルをそのまま活かすことができればスキルアップにもなりますし、収入アップに繋がるので仕事に対するモチベーションも上がります。それ以外に自分自身で勉強したことをギグワーカーとしてアウトプットすることで新たなスキルを身につけることが可能になります。ギグワーカーとしてある程度のスキルを身につけたあとは独立して個人事業主として会社経営をすることもできるので自身のキャリアの選択肢が拡がります。

③優秀な人材のスキルをシェアして世の中に新たなサービスが生まれる
副業を解禁する企業が増えてギグワーカーとして隙間時間で自身の能力を発揮する人が増えれば多方面の業界で優秀な人材をシェアすることができます。ギグワーカーの方の本業の知見や経験を異業界で活かすことで企業は新しい風を取り込むことができます。そういったことから今までにない新しいサービスが世の中に生まれてくる可能性があります。企業は優秀な人材をシェアすることでそういったチャンスがあり、優秀な人材の埋もれたスキルを社会を良くするために存分に発揮できる機会を得ることができるのです。

④企業は人件費を抑えることができる
正社員を雇用すれば社会保険や毎月一定の給料を支払う必要があります。しかしギグワーカーは企業から雇われるということではないので毎月固定でかかっていた人件費を抑えることができます。企業からすると人件費を抑えることができるうえに優秀な人材のスキルを共有することができるのでギグワーカーを取り入れることは一石二鳥なのです。

ギグワーカーの4つのデメリットについて

①雇用が不安定となる
ギグワーカーのように組織に捉われない働き方は仕事をいつ失うか分からないといったリスクがあります。また正社員であれば社会保険や福利厚生が整っていますが、ギグワーカーはそれらの保障がありません。仕事がなければ無職同様なので時代の流れで今後企業が単発で仕事をおろすことがなくなれば、それと同時にギグワーカーとして生計を立ててた人たちは無職になります。

②収入が不安定
ギグワーカーは1つの仕事の成果に対しての報酬となるので最低賃金などの定めがありません。そのため企業に安く買い叩かれる可能性があります。また毎月一定の収入を得るためには継続してある程度の仕事を受けなければなりません。万が一病気で働けないということになれば収入が減ってしまいます。毎月安定的に収入を得るという保証がないので正社員と比較するとそういった意味ではギグワーカーは不利だと思います。

③企業は情報漏洩のリスクがある
人件費を抑えることができるメリットのあるギグワーカーですが、本人の私用のパソコンやスマホを使って仕事をするようになるので、仕事で知り得た情報が外部に漏洩してしまうリスクがあります。ギグワーカーは様々な企業案件を単発で請負うので、例えば競合の会社で今まで経験したプロジェクトの情報やスキルを簡単に横展開できてしまいます。また会社の社員であれば情報管理に関する指導はおこないやすいですが、外部の人間にそこまでの徹底した管理をすることは容易ではないのでそういったデメリットがあることはギグワーカーを採用する際にはしっかりとリスクヘッジする必要がありそうです。

④人材の使い捨てのリスクがある
ギグワーカーのような働き方が主流になれば企業はより安価で案件を引き受けてくれる人に依頼するようになると思います。そのためギグワーカーは安く買い叩かれるといったことが起きる可能性があります。そうなった場合に人材の使い捨てが頻繁に行われ、ギグワーカーを長期的に取り入れようとする企業は少なくなってくるのではないかと思います。まだまだこのような働き方に対する法の整備が進んでいないので、今後ギグワーカーの雇用を保護するための制度が整えられれば良いなと思います。

ギグワーカーにおすすめ

シェアフル
アプリで簡単応募!1日単位でスキマ時間で働き収入アップ!

クラウドテック
独立したい、業務委託で稼ぎたい人のための求人が豊富!業界トップクラスのクラウドワークスが運営するサービス。

クラウドワークス
テレビや新聞で話題の日本最大級。エンジニアやデザイナー、ライターにおすすめ!

まとめ

働き方改革により副業が解禁となり、隙間時間で働くギグワーカーが増えてきました。本業の経験を異業界へと活かしスキルアップや収入のアップなどメリットはありますが、ギグワーカー1本で生活をするのはまだまだ厳しいというのが現状だと思います。

ただ本業とは別に副業収入があることで、万が一本業の収入が途絶えたときのリスクヘッジとなるので、可能であれば本業の傍らで自身のスキルアップに繋がるような単発案件をやってみることをおすすめします。

ギグワーカーという働き方で収入アップやスキルアップを目指したい人は、下記のサービスからどんどん仕事を受注していくことから始めてみることをおすすめしますよ。

シェアフル

クラウドワークス

クラウドテック

プチジョブ