労務・採用

【ベンチャー就職】CheerCareer(旧:パッションナビ)は利用すべき?評判・口コミを紹介

就活生のなかで企業選びの軸を「自己成長」を特に重視している方はベンチャー企業への就職をおすすめします。

しかしベンチャー企業へ就職活動をするうえで、どの就活ナビサイトを使えば良いのか?困っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではCheerCareer(旧:パッションナビ)というベンチャー就職を専門にしている就活ナビサイトを紹介していくので、是非参考にしてみてくださいね。

ベンチャー企業への就職をおすすめな方は

・成長意欲が高い
・将来起業したい
・裁量権をもって新卒からバリバリ働きたい
・スキルを高めて市場価値の高い人材になりたい

方です。
そういった方は是非最後までこの記事を読んでもらえると嬉しいです。

【公式】CheerCareer

CheerCareer(旧:パッションナビ)とは?

CheerCreer(旧:パッションナビ)は株式会社Cheerが運営するベンチャー企業に就職したい学生向けの就活ナビサイトです。

社名株式会社CheerCreer
事業内容・オウンドメディア事業
・就活マッチングイベント
・学生向け啓蒙イベント
・企業向けセミナー、研修
設立2020年7月
本社東京都渋谷区渋谷3-1-9 YAZAWAビル3F
公式https://cheercareer.jp/

他の就活ナビサイトと違う点は

  1. 成長著しいベンチャー企業の求人を専門に取り扱っている
  2. 自分に興味をもった企業の社長や人事から直接オファーが来る
  3. オファーメールは一斉メールではなく1通1通厳選されている

ことです。

ベンチャー企業の社長や人事と直接繋がることができるので、その分企業への理解も深まりますし、余計な選考フローを挟まず内定を獲得することも可能です。

現在では1学年約40,000人の学生がこのCheerCareerを利用しており、ベンチャー企業への就職を目指している方に、非常に人気の就活ナビサイトです。

CheerCareer(旧:パッションナビ)はどんな人におすすめ?

パッションナビ おすすめ

具体的にCheerCareer(旧:パッションナビ)はどのような人におすすめなのかを紹介していきます。

CheerCareerがおすすめの人は下記のような人です。

  1. ベンチャー企業に就職したい
  2. 将来は社長になりたい
  3. どの会社にも通用するスキルを身に付けたい
  4. ますはインターンでベンチャー企業の雰囲気を知りたい

逆にCheerCareerをおすすめできない人はどのような人なのかというと、大企業への就職を目指している方や、自己成長よりも安定を重視している方にはあまりおすすめできません。

ベンチャー企業というのは言葉の響きは格好の良い感じはしますが、実態は少人数の組織で会社の歴史はまだまだ浅いです。

もちろん会社が急成長すればIPO(新規上場)などを刺激的な経験ができる可能性がありますが、その保証はどこにもありません。

そのため自身の仕事が会社の成長に直結することのプレッシャーを楽しめる人にCheerCareerをおすすめします。

CheerCareer(旧:パッションナビ)に多く掲載されているベンチャー企業の業界について

CheerCareer(旧:パッションナビ)にはどのような業界のベンチャー企業が多く掲載されているのかを紹介します。

CheerCareerでは下記のような業界のベンチャー企業が多く掲載されています。

CheerCareerに掲載企業の業界

広告 / IT / コンサル / 不動産 / 人材

学生に人気職種
1位営業
2位マーケティング
3位SE・プログラマー
4位クリエイター
5位販売

営業・マーケティング・エンジニア系の職種を志望する学生が多いので、掲載する企業もIT・広告系の業界のベンチャー企業が多いような印象です。

将来的に社長になりたいといった方は、営業やマーケティングのスキルは必須になってくると思うので、ベンチャー企業でバリバリ経験を積むことで同世代よりも早く成長できるでしょう。

CheerCareerで興味のある企業にインターン応募ができる

CheerCareer(旧:パッションナビ)ではインターン募集の求人を多く取り扱っているので、興味のある企業を見つけたらインターンに応募することができるのが魅力です。

首都圏を中心に2020年8月時点で約116件のインターン求人が掲載されています。

就活生の方のなかにはインターンに参加しようか迷っている方が多いかと思います。

インターンに参加しようか迷っている方に関しては、積極的に参加することをおすすめします。

なぜインターンに参加するのをおすすめするのかというと、それは3点あります。

インターンがおすすめな理由

1:インターン先にそのまま入社できる可能性が高い
2:短期間で様々な仕事を経験できる
3:人との繋がりが増えて、今後の人生に役立つ良い出会いがあるかもしれない

インターンは学生のうちにしか経験できないことなので、社会人になってから『学生時代にインターンを経験しておけば良かった』と後悔する人も少なくありません。

なので、もしやりたい仕事が明確に決まってない人は、インターンを複数社経験して、業界や職種の雰囲気を掴んでおくと、

社会人になってから入社前後のギャップに苦しんだりする失敗は少ないでしょう。

CheerCareer(旧:パッションナビ)ってどうなの?評判・口コミを紹介

CheerCareer(旧:パッションナビ)は1学年40,000人ほどの学生が利用しているとのことですが、実際の評判・口コミが気になる方が多いのではないでしょうか。

CheerCareerのインターネット上の評判・口コミを調査してみたので参考にしてみてください。

CheerCareer(旧名パッションナビ)を利用してました!ベンチャー志望の方におすすめです!

引用:Twitterより

パッションナビの人は良すぎました笑 絶対に無理やり紹介しない方でした笑

引用:Twitterより

ベンチャー企業メインの「パッションナビ」は、新卒メインのメディアなのに「仕事検索」がある。やりたい仕事で探したい!って人にはいいかも! たぶん今後は、この動きがどんどん進んでいくと思う。

引用:Twitterより

パッションナビさんは学生に真っ先にオススメする就活サービスでした。 掲載企業が多いというだけではなく、見やすい管理画面や担当者の即レスなど、企業側にも親切なサービスです。 今後ともよろしくお願いします

引用:Twitterより

SNS上で評判・口コミを調べてみましたが、特に悪い評判・口コミはなく、見やすい管理画面や仕事検索ができるので、

ベンチャー企業でこの仕事がやりたい!って具体的に決まっている方には仕事が見つかりやすいのではないでしょうか。

特に首都圏でベンチャー企業の求人を探しているような都内の学生はCeerCareerを一度利用してみると良いですよ。

まとめ

この記事ではCheerCareer(旧:パッションナビ)について紹介をしました。
CheerCareerはベンチャー企業を目指す方におすすめの就職サイトです。

成長意欲が高い方や、将来的に社長になりたいといった野心溢れる学生におすすめです。

これからインターン先の企業を探している人や、ベンチャー企業の求人を探している人は是非CheerCareerの公式サイトで面白そうな求人を探してみてください。


就職・アルバイトランキング
【編集部ピックアップ】