転職

世界が注目するeSports!プロゲーマーになる方法について

eSports(イースポーツ)とは何か!?

eSports イースポーツ とは

一般社団法人日本eスポーツ連合によるとeSportsを下記のような見解で捉えています。

「eスポーツ(esports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。
引用:一般社団法人日本eスポーツ連合公式サイト

つまりeSports(イースポーツ)とは大人数でプレイできるオンラインゲームを通常のスポーツと同じように技術や得点を競うものとなっています。日本ではオンラインゲームと聞くとオタクなどと揶揄されイースポーツの発展が海外と比較して遅れており、最近やっとメディアに取り上げられるようになりました。

しかしアメリカや中国・韓国ではイースポーツがひと昔前から盛んで、プロゲーマーはプロスポーツ選手としての地位が確立されているようです。日本ではオンラインゲームのイメージがあまり良くありませんが、今後時代の流れによっては囲碁や将棋などのプロ選手と同様な地位になっていくのかもしれません。今後、注目のイースポーツの動向から目が離せません。

【イースポーツのゲームジャンル】
・スポーツ
・格闘
・RTS(リアルタイムストラテジー)
・MOBA(マルチプレーヤーオンラインバトルアリーナ)
・シューティング
・トレーディングカード
・パズル

eSportsの市場規模について

eSports 市場規模

ゲーム情報誌の「ファミ通」を運営する株式会社G’zブレインの調査によると2018年の日本国内のイースポーツの市場は48億円でした。そのうち75パーセントを占めているのがスポンサー・広告費用でジワジワと日本で注目されているイースポーツだけにメディアの注目は高まり、スポンサーを名乗りでる大企業も増えてきています。

今後もイースポーツ市場は伸びていく傾向にありますが2022年までに国内市場は99億円まで拡大されると予想されています。市場の拡大に伴ってファンの数の増加や大会の増加が見込まれるので、まだイースポーツを知らない人も今後はイースポーツに触れる機会が増えてくるでしょう。

2022年にはeSports(イースポーツ)はプロ野球を越える予想

eSports 市場規模

日本経済新聞『eSports完全図解 プロの技やゲーム機器の秘密』によると2020年にはイースポーツはプロ野球のファン数を越えると予想されてます。

ちなみにプロ野球のファン数は2020年に5億人の予測ですがイースポーツは6億4,000万人です。ひと昔前では想像もつきませんがオタクやゲーマーがイチローや大谷翔平のようなスーパースターと同じように注目され、プロ野球のペナントレースと同じようにプロゲーマーを応援するといった時代もすぐ近くに来てます。

ファンの年齢層も30代未満が半数以上を占めておりますので次の世代では憧れの職業に「eSports選手」がランクインするかもしれませんね!

eSports(イースポーツ)の大会に優勝すると賞金はいくら貰える?

eSports 賞金

イースポーツ選手が大会に優勝するといくら貰えるんだろう?と本記事を読み進めていくと気になった方もいるはずです。日経新聞『eスポーツ世界大会、米16歳が優勝によると世界的に有名なゲームタイトルのFortnite(フォートナイト)の世界大会で優勝した16歳の少年は賞金約3億円を手にしました。ますます市場が拡大して企業からの注目が集まっていく今後は高額賞金のゲーム大会が増加していくことでしょう。

プロゲーマーになるには

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
一獲千金も夢じゃないプロゲーマーですがどのようにしたらすればプロゲーマーとして活躍ができるようになると思う?本項でプロゲーマーになるための方法を紹介していくよ。

個人でスキルを磨く

プロゲーマーなるには

プロゲーマーは自宅で朝から晩までゲームの練習をおこないスキルを磨きます。Fortnite(フォートナイト)の世界大会で準優勝し180万ドルを手にしたハリソン・チャンさんは1日10時間もゲームに没頭し、自身のゲームスキルを磨いたとそうです。

しかしプロゲーマーになるためにはただ単にゲームをするだけでは上達することができないため、日々何かしらの目標であったり改善を繰り返しながら練習に取り組む必要があります。また夕方から深夜にかけてはオンラインのユーザーが多く集まるのでこの時間帯は世界中のゲーマー同士と一緒に練習をおこないます。したがって個人でスキルアップを目指す人は必然的に四六時中ゲーム漬けになる必要があります。

専門学校で学ぶ

プロゲーマーなるには

イースポーツの注目を受けてeSports人材を育成する専門学校が続々と設立されてきました。専門学校ではプロゲーマーに必須の情報処理や情報セキュリティの基礎を身につけて、その後本格的な技術の習得を学ぶことができます。

専門学校に行くことでプロゲーマーになる以外にもゲームの解説者など多様なキャリアを目指すことができます。また専門学校にいき知識と技術を習得することでプロゲーマーになれなかったときのリスクヘッジをすることができるメリットがあります。下記にはイースポーツを学びたい人の専門学校を紹介してますので是非参考にしてみてください。

新潟コンピュータ専門学校

>資料請求など詳細は公式サイト

東京アニメ・声優&eSports専門学校

>資料請求など詳細は公式サイト

大阪デザイン&IT専門学校

>資料請求など詳細は公式サイト

東京クールジャパン

>資料請求など詳細は公式サイト

福岡デザイン&テクノロジー専門学校

>資料請求など詳細は公式サイト

チームを結成し大会で優勝する

プロゲーマーなるには

プロゲーマーを目指すためにはまずは大会に出ることです。オンラインで仲良くなったゲーマーとチームを結成して大会に出場するのが一般的な方法です。しかし自宅でゲームの練習をして上手くなって大会に出場するだけではプロゲーマーにはなれません。

プロゲーマーになるためには大会で優勝もしくは好成績を残して企業の目にかからなければなりません。ゲームの世界の人気は圧倒的な強さが必要で人気がなければ企業とスポンサー契約を果たすことはできないでしょう。したがってプロゲーマーになるにはひたすら強さを追求するしかないのです。

しかし強さ以外にも例外はあります。それは”面白さ”で人気を集めることです。ニコニコ動画やツイキャス、YouTubeなどで個人をアピールする場所がたくさんあります。そこで多くのユーザーから”この人面白い”ってたちまちバズることができれば企業からも注目されるようになります。これからプロゲーマーを目指す人は”強さ”と”面白さ”の2軸で自分を売り込めるようにしておきましょう。

プロゲーマーの平均年収について

プロゲーマー 年収

プロゲーマーの平均年収はピンからキリまでです。人気ゲーマーでは年収数百〜数千万円のプレーヤーがいますが一握りの世界です。中国の動画メディアのビリビリが運営しているイースポーツの合宿所では3つの階級に分かれていて、1番低い階級で月収15万円で中級で年収500万円です。

日本でも同じくらいだと思いますが、転職エージェントのTypeによるとプロ連合「野良連合」に取材している記事がありました。日本のプロゲーマーの収入事情は様々ですが野良連合については新卒程度の月収プラス大会賞金が年収と直結します。大会の賞金は原則2割は所属チームに収め、残り8割は自分の手元に入ります。また賞金以外に企業とのスポンサー契約を結ぶことで収入を得ることができます。

ただスポンサー契約は期間を定めた内容を成績や人気度によって更新していくものなので成績や人気が下がればスポンサー契約解消などもあり安定しません。つまりプロゲーマーとして安定した収入を得るためには勝ち続けるしかないのです。

プロゲーマーの世間からの評価について

プロゲーマー eSports

プロゲーマーは企業とスポンサー契約を結んでいる間は”プロ”として堂々と名乗ることができますがスポンサー契約が無くなるとプロとして名乗っていいのか不安になります。

どんなプロ目指してても金がなかったら 
バイトなり就職なりして金稼ぐからな 
それをやってないと夢追いかけるだけの 
くそニートだよ
出典:ゲーム速報|デビィ夫人「プロゲーマーを目指してるって今はただゲームだけやってるニートでしょう?w」 2chまとめ

世間からの評価は厳しく、プロゲーマーとしての収入がなければニートと同じ評価を受けます。プロゲーマーはスポンサー契約を結べない限り世間から冷たい評価を受けることから避けることはできないでしょう。

eSportsの代表ゲームタイトル

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
eSportsで活躍するプロゲーマーになるには1度はプレイしておきたいゲーム7選を紹介するよ!

PUPG

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
PLAYERUNKWON`SBATTLEGROUNDS(PUBG)は武器や乗り物など様々なアイテムを使って最後まで生き残るバトルロイヤルゲームだよ。

Fortnite(フォートナイト)

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
フォートナイトは集めた素材でバリアを作ったりクラフト要素を取り入れつつ敵を倒していくバトルロイヤルゲームだよ!またモードによっては複数のプレイヤーが協力しながらチームで戦うこともできるよ。eSportsの大会でこのゲームに優勝した少年は3億円もの賞金を手にしたんだ!

League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
リーグオブレジェンドは5対5の対戦ゲームだよ!課金しても強くなることはないから強くなるには自分自身のスキルを伸ばすしかないやり込み必須のゲームなんだ!

Counter-Strike(カウンター・ストライク)

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
カウンター・ストライクは対テロ特殊部隊とテロリストで戦うゲームだよ!プレイヤーは各々で決められた目的を遂行して勝利を目指すんだ!

Rainbow Six Siege(レインボーシックスシージ)

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
レインボーシックスシージは対テロ特殊部隊『レインボー』の活躍のストーリーを描くシューティングゲームだよ!

ストリートファイター

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
ストリートファイターはあまりゲームに詳しくない人でも分かるひとは多いよね!1対1の格闘ゲームでよくゲームセンターでプレイしてるひと多かったよね。

FIFA

プロゲーマー(自称)
プロゲーマー(自称)
これはもう分かりやすい。ウイニングイレブンと同じようなサッカーゲームだよ!

GeForceNow(ジーフォースナウ)があれば高スペックPCは不要!

ジーフォースナウ GeForceNow
出典:GeForceNow公式サイトより

プロゲーマーを目指すためにはサクサク動作するハイスペックなPCやマウス、キーボードを揃える必要があるため初期投資が掛かります。そのためオンラインゲームの敷居は少しだけ高いです。

でもこれからはサクサク動く高性能なパソコンは必要ありません。なぜならGeForceNow(ジーフォースナウ)というクラウドゲーミングサービスがあるからです。このGeForceNowは元々米国でサービスを展開してましたが日本国内でもソフトバンクよりサービスの開始が予定されています。GeForceNowがあれば、どのようなデバイス端末であっても快適にゲームをすることができるようになります。

なぜ快適に動作するのかというと、GeForceNowはデータの保存など全てクラウド上で処理されるからです。そのためデバイス端末のメモリを使うことがないので、2〜3万程度の安いパソコンであってもサクサクゲームをすることができるのです。GeForceNowがあればFortniteやPUBGなどの大ヒットオンラインゲームをプレイすることができるのでおすすめです。

【GeForceNowでできるゲーム】
・フォートナイト
・Conan Exiles
・Darksiders II Deathinitive Edition
・Darksiders III
・DARK SOULS REMASTERED
・DARK SOULS II SCHOLAR OF THE FIRST SIN
・DARK SOULS III
・Dead by Daylight
・Destiny 2
・DYING LIGHT ENHANCED EDITION
・Kingdom Come: Deliverance
・Metal Wolf Chaos XD
・SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE
・This War of Mine
・World of Tanks

まとめ

eSportsの大会などで圧倒的な強さで人気注目選手となれれば誰にだってプロゲーマーになれるチャンスはあります。企業とのスポンサー契約を結ぶことができれば晴れてあなたはプロゲーマーとして高収入を得ることができます。しかしプロゲーマーの選手寿命は短く平均で24〜25歳までと言われています。

プロゲーマーはまさにハイリスクハイリターンの職業なので20代からプロゲーマーを目指す方であればあまりおすすめできません。むしろゲーム好きな性格を活かしてゲームメーカーに就職をすべきです。どうしてもプロゲーマーを諦めきれないという方は会社員として働き休日にゲーマーとして活動するように決め、キャリアのリスク分散をするとよいでしょう!