労務・採用

私の適性年収は752万でした!自分の年収の相場を知る方法について

誰しも転職をするうえで気になるのが今の自分の年収の相場がどれくらいなのか?だと思います。転職をすれば「年収がアップする人」もいれば「年収がダウンする人」も当然いる訳です。

年収のことなので友人や同僚にも自分の年収が業界の相場と比較してどうなのか聞きにくいのですよね。そのため自分の仕事の待遇が適正年収なのか分からず転職を躊躇してしまう人もいるかと思います。

本記事では適性年収を知りたい人におすすめのツールを紹介していきますので是非参考にしてみてくださいね!ちなみに20代後半の営業畑を歩んでいる私がミイダスで適性年収を調べたところ752万円で選考が確約された5,000件以上の求人が見つけることができました。

一般的な平均年収の推移について

お金, 金タワー, コイン, ユーロ, € コイン, 正貨

厚生労働省の「平成30年賃金構造基本統計調査の概況」によると日本国内で働く人々、全体における平均年収は約306万円です。学歴別では大卒が約400万円で短大卒が約313万円、高卒が約291万円です。人手不足や高齢化、東京オリンピックなどの社会的背景からか、建設・娯楽・宿泊・飲食・医療・介護などの業界の平均年収が伸びているようです。下記は年代別の平均年収をまとめたものになります。

2014年2015年2016年2017年2018年
全年齢299万円304万円304万円304万円306万円
20代212万円216万円219万円221万円223万円
30代268万円272万円276万円277万円277万円
40代318万円323万円322万円320万円321万円

転職者が多い年齢別の平均年収について

続いて転職者が比較的多い年齢別の平均年収についてですが、大手転職エージェントdodaに登録した20歳~65歳まで正社員約36万人のデータに基づいた調査によると第二新卒やステップアップを目指す若手中堅層の方の平均年収は下記のようになってます。

全体
第二新卒の24歳320万円335万円304万円
若手中堅層の27歳377万円398万円347万円
ハイキャリアを目指す28歳390万円412万円354万円

参考:doda「平均年収ランキング」より
https://doda.jp/guide/heikin/age/

世間一般の平均年収と実際の年収を比較してどうなのか?

前述で世間一般的な平均年収を挙げました。住んでいる都道府県や職務経歴などによって年収は人それぞれですが、最低でも世間一般的な平均年収くらいは貰っていたいところです。

もし世間一般的な平均年収を下回っている人は実際に今のキャリアで転職した場合に自分にどれくらいの価値があるのか調べてみても良いかもしれません。

というのも”年収=自分の価値”なのでそもそも一般的な平均年収より貰っていない人は本来の価値よりも低い条件で働いている可能性があるかもしれません。

実際に転職のプロである転職エージェントに職務経歴を見てもらって自分自身の転職市場における年収相場を聞いてみるのが最も良いですが、今はAIなどから年収の相場を調べるツールがあります。

手軽に調べてみることができるので気になる人は次に紹介していくツールで適性年収を調べてみるとよいでしょう。

無料で利用できるおすすめの適性年収チェッカー

ミイダス

・200万人のデータより5分で年収相場を算出
・自分と同じようなキャリアの人と年収を比較できる
・職務経歴書、履歴書、面談が不要
・ストレス要因や相性の良い上司や部下など、あなた自身の行動特性が分析できる(コンピテンシー診断)
・生まれ持った個性や心のコンディションを分析できる(パーソナリティ診断)
・本来有料の日経バリューサーチの業界レポートを無料で読むことができる
・適性年収に見合った求人の選考確約のオファーが届く

ミイダス公式サイト(無料利用)

doda

・大手転職エージェントのdodaに登録する186万人の転職者データからAIで適性年収を算出
・今後30年のあなたの年収推移までグラフで分かりやすく表示される
・同じようなキャリアの転職事例を紹介してくれる
・年収査定結果をもとに適性年収に見合った求人を紹介してくれる
・利用するにはdoda公式サイトより職務経歴やプロフィールを入力し無料会員になる必要がある

doda公式サイト(利用無料)

パソナキャリア

・パソナキャリアへの登録は不要で1問1答形式で簡単に年収査定をすることができる
・算出データは東京・大阪・名古屋を参考にしているので住んでいる場所によっては実際に高めに表示される可能性がある
・求人紹介を受けるにはスカウトサービスに無料登録しなければならない(下記の公式サイトより登録できます)

パソナ公式サイト(利用無料)

type

・人材評価事業で評判の高い市場測定研究所という会社と転職サイトのtypeが共同で開発した市場価値診断テスト
・あなたのビジネス基礎のスキルや性格特性を数値化できる
・typeの会員40万人分の職種や年齢別の平均年収データと市場価値診断テストにおけるデータを基に適性年収を算出してくれる
・自分自身がどのような人物か(攻め型、守り型など)分かるので自己分析にも使える
・年収査定を受けるにはtyoeの公式サイトから登録が必要になる(所要時間5分程度)

type公式サイト(利用無料)

日経キャリアNET

・ビジネススキルや性格や適性などの潜在能力を客観的に分析・数値化して適性年収を算出
・診断受験者10万人のなかで、同世代・同業種・同役職とあなたのビジネスマンとしてのポジションを比較できる
・診断結果では同業界のみならず異業界や異業種において、あなたのビジネス偏差値も分かる
・利用するには公式サイトより会員登録をしなければならない

日経キャリアNET公式サイト(利用無料)

実際に適性年収チェッカーを使って調べたら自分の年収相場は破格!?

最初にお伝えしましたが実際に私はミイダスを使って自分自身の適性年収を調べてみました。プライベートな部分なので今の現年収や細かいキャリアについてはちょっとここでは言えませんが、20代後半で営業畑を歩んでいる私の転職市場における年収相場は752万円でした。

これを見た瞬間「752万円っっ…!!破格っっ…!!」って思って一瞬転職したい気持ちになりましたが、私は今の会社にいるのは金ではなく中長期的に見て市場価値の高い人間となれるスキルを身に付けるためだったので「全然気にしてないもんっ…!(涙)」と自分に言い聞かせることにしましたww

ただミイダスは本当に利用無料で煩わしい登録も不要で簡単に年収査定を受けることができるので興味本位で実際に1度試してみることをおすすめします。

でも精度の高い年収相場を知りたいのであれば実際に転職エージェントに登録をしてキャリアアドバイザーに自分と同じようなキャリアの人の年収を聞いたほうが信ぴょう性が高いです。

まとめ

今回紹介した適性年収を知る方法についてのポイントは下記の2点になります。

・年収査定を受けることができるツールを使えば簡単に無料で年収の相場を知ることができる
・信ぴょう性の高い情報を知りたいのであれば転職エージェントに登録してキャリアアドバイザーに聞くべし

年収査定ツールは無料で気軽に受けることができますが、転職市場は常に動いているので、本気で転職を考えている人は転職エージェントに登録して転職のプロであるキャリアアドバイザーに自分と同じようなキャリアの人の年収について聞いてみると良いでしょう。