転職

【アパレルを辞めたい】販売員からの転職でおすすめの仕事を徹底解説!

アパレル販売員は女性はもちろん、男性にも人気の職業で、トレンドを意識したファッションに身を包みながら働くことができる、キラキラと華があるイメージの仕事ですよね。

魅力的な業種のアパレル販売でも、日々の業務は体力勝負・神経を使うことも多いので、ツラい気持ちが強くなり、辞めたい・転職を考える人も少なくはありません。

今回はアパレルを辞めたいと悩む人に向けて、そもそもの理由や転職のベストなタイミング、転職におすすめの仕事を徹底解説!

アパレルを辞めて次なるステップへ前向きに進むために、ぜひお伝えする情報を参考にしてくださいね。

アパレル販売員を辞めたい…限界を感じてしまう理由とは?

アパレル販売員は外見上の魅力を引き出せたり、さまざまなタイプのお客様と接していく内に、コミュニケーション能力・共感力などのスキルが身に付く職種でもあります。

しかし入社前に思い描いていたアパレル販売員の仕事と現実のギャップに苦労して、挫折してしまう人も多いようです。

アパレル販売員を辞めたいと思う人の心理、限界を感じてしまう理由を紹介していきます。

接客が購入に結びつかない難しさ

アパレル販売員は、来店されたお客様のニーズをくみ取り、理想と目的に合った商品をお勧めして購入につなげることが毎日の基本的な業務になります。

しかし、お客さまの中には、

  • 単純に店内を見て楽しむ人
  • 暇つぶしの感覚でお喋りをして楽しむ人
  • いくつもの商品を試着しても満足できない人

というタイプが少なからず存在しているものです。

アパレル販売員が実績UP・売り上げのために誠心誠意接客・サービス・アドバイスをしても、必ずしもそれが結果につながらないケースもあるため、努力が報われないと感じて辞めたい気持ちが強くなることもあります。

年齢を重ねるとブランドイメージに対応しきれなくなる

アパレルは、ブランド・商品それぞれにターゲットやコンセプトがあり、それに適した年代が決まっていて、販売員自身もその商品を身に付けて接客、売り上げにつなげることが一般的な働き方になっています。

そのためアパレル店員が年齢を重ねると、体型・見た目ともに若い頃の状態をキープするのが難しくなり、店舗の商品・ブランドイメージにそぐわないと感じることがあります。

ファッションは日々トレンドやターゲット層が細かに変わっていくため、アパレル店員の年齢を重ねたことが、それに追いつけない支障になることも少なくはありません。

安定した収入を得ることが難しい

アパレル店員は、経験あり・未経験にかかわらず、はじめはアルバイト採用からの雇用が一般的になっています。

アルバイトからのアパレル店員の場合は、最低賃金に近い時給となるのがほとんどです。

そのため月収は20万円に満たないことがザラにあるので、生活の面で不安を覚える人が多いと言われています。

また店舗で販売されているファッションアイテムを常に着用して接客・売り上げにつなげなければならないルールがあるため、少ないお給料から自社製品を買うことに負担を感じる人も多いです。

アパレル販売員には通常よりも自社製品を安く買える社員割引などが設けられているものの、お給料の半分近くが購入でなくなってしまうこともあるため、安定した収入が得られずに転職を考える人も多いと言われています。

アパレル販売員を辞めるべきタイミングとは?

アパレル販売員を辞めるべきタイミングは、この業界だからいえるベストな時期があります。

これからの転職活動をスムーズに進めることができるよう、アパレルを辞める際の適切なタイミングを早めに把握しておきましょう。

転職先を大まかに決めてから

アパレル販売員からの転職を考えた際には、早めに次の転職先とどんな業種に就きたいかを明確にしておくことが重要です。

単純にアパレル販売員を辞めたいと思っていても、次の転職先・転職の目途が立っていないと、目標や目的を持つのが難しくなってしまうため、ダラダラした時間を過ごしてしまうことになりかねません。

転職先が決まったら、今の会社の規則に則って退職の意向を伝えておくと、まわりも自分も負担を感じずに気持ちよく退職できるでしょう。

年度代わりや年末

年度代わりや年末はアパレルを辞めるキリの良いタイミングであります。

さらに他の業界の求人数も増えてくるのが、12月~1月、3~4月ごろのタイミングといわれています。

そのため年度代わりや年末にアパレルを辞める準備を整えておくと、他業種の求人情報を確認しながらの転職活動ができるので、効率良く転職活動を進めることができます。

また正社員の方であれば年末に冬のボーナスが支給されることもあります。

ボーナスなど貰えるものはキチンと貰ってから、退職手続きをすることをおすすめします。

アパレル販売員から転職したい!これまでの能力が活きるおすすめの仕事

アパレル販売員時代に身に着けたコミュニケーション能力と、売り上げ・実績につなげるための粘り強さは、さまざまな異業種で活かしていくことができます。

アパレル販売員を辞めたいと思っていても、今後どのような職種に就けばよいのか、転職の方向性が見えないと悩んでしまった際には、次の異業種での転職活動を視野に入れてみてくださいね。

スタイリスト

スタイリストの仕事は、モデルの雰囲気に合ったアイテムをセレクトして提案し、コーディネートのサポートをする仕事になります。

スタイリストの業務は、アパレル販売員時代に培った、お客様ひとりひとりのテイストに合ったアイテムを選ぶ能力が活きると言えます。

またアパレル時代のように「売上」というプレッシャーもそこまで大きくなく、華のあるファッション業界でまた違った新鮮味を感じて働くことができるでしょう。

サービス業

アパレル販売員からの転職にサービス業がおすすめなのは、これまでのアパレルの経験で、お客様ひとりひとりへの思いやり・気配りといった内面的な魅力が育っていることも大きな理由です。

サービス業はお客様が求める理想やニーズを、商品やサービス、実際のサポートで実現していくことが毎日の基本的な業務になります。

この仕事内容はアパレル販売員の業務と似ている部分があり、必要なスキルに大きな差はないため、未経験でも比較的早い段階でその業務内容に慣れていくことができるでしょう。

事務職

アパレル販売員と事務職はまったく違った業務になりますが、事務職は未経験でも応募可能な求人が多いと言われています。

事務職ではデスクワークの他にも、会社に訪れたお客様への接客や電話・オンライン応対などを任せられるケースもあるため、アパレル時代に培ったコミュニケーション能力が活きやすくなります。

またアパレルを辞めたい理由が人間関係・接客の難しさなどの場合、事務職は比較的人間関係がそこまで複雑ではないと言われているため、自分のペースで安定したワークライフを確立していくことができるでしょう。

まとめ

人気の高いアパレル販売員のお仕事でも、実際は理想と現実とのギャップがあって、そのギャップに心が折れてしまう方は多いようです。

しかしアパレル時代に身に付けたスキルは異業界でも活かすことができる部分は多いと思いますので、もし異業界に転職を考えている方は、ぜひ自信をもってチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


就職・アルバイトランキング