労務・採用

工場きつい?工場の仕事がきつい理由と派遣で働く際の心構え

工場の仕事

工場の仕事は単調な繰り返し作業や重量物を扱う肉体労働もあれば、高度な技術が必要な機械加工など現場によって様々な仕事があります。

また職場によってはエアコンなどの空調が整っておらず、夏は暑く冬は寒いなど過酷な環境で働くことにもなります。

これらは求人に応募する段階で派遣会社の営業担当や採用コーディネーターから情報収集することができますが、実際に職場に入って働いてみないと分からないことだってあります。

工場未経験の方は「工場の仕事はきつい」というイメージがあると思いますが、工場の仕事のどのような点がきついとされるのかを紹介していきたいと思います。

工場は3K(きつい・汚い・危険)

工場は一般的に3Kだと言われております。3Kはきつい・汚い・危険のそれぞれ3つの頭文字の「K」を取ってこのような言い方をしています。

確かに工場によっては肉体的や精神的にきつい作業であったり、ホコリやオイルまみれで汚い現場であったり、フォークリフトやマシンが縦横無尽に工場内で稼働して危険だったり3Kと言われる意味が身にしみて分かる現場も中にはあります。

ただ必ずしも3Kの全てが当てはまる訳ではなく、工場によっては快適に長期間働くことに適している現場もあることは確かです。

工場の仕事は単純作業がきつい

工場の仕事は現場によって単純作業や繰り返し作業をおこなわなければなりません。

例えばもし貴方が食品工場の求人に応募をしたときに一体どのような単純作業が待ち構えていると思いますか?

大体の人は想像がつきますが、「お弁当の盛り付け」を永遠と繰り返さなければなりません。

もう少し具体的にいうとお弁当のおかずとなる唐揚げを決められた個数を永遠と”乗せるだけ”です。

仕事内容は簡単で誰でもできる作業ですが、この作業を8時間するということは精神的にきついです。

工場の仕事は重量物を扱うのがきつい

現場によっては重量物を扱うことがあります。単純な繰り返し作業とあわせて扱う物が重量物だと精神的にも体力的にもきついです。

自動車工場でパーツを梱包する工程では自動車のパーツを手作業で運んだり持ったりすることが頻繁にあります。

自動車のネジなど1つの重さはたった数グラムでもそれが大量になると10キロくらいになることがあります。

中腰姿勢でパーツを持ち、所定の場所に置いたり梱包をすると腰に負担がかかるので、とてもきついです。

とにかく重量物を扱う工場は体力的にきついです。

工場の仕事は立ち仕事がきつい

工場の仕事は基本的に座り作業か立ち仕事かのどちらかというパターンに別れます。

きついとされるのは大体立ち仕事のほうですが、どのような点がきついのかというとそれは1日中立ちっぱなしということです。

立ち仕事を経験したことのない方にはどのようなところがきついのか、あまりピンとは来ないと思いますが8時間ずっと立ちっぱなしでいると足腰がきついのは勿論ですが腰にも相当な負担になります。

また週1日だけならまだしも週5日、休日出勤があれば週6日建ち続けなければなりません。

疲れが取れないまま次の日を迎えるので足は棒のようになり、次第に立ち仕事がきつくなってきます。

工場の仕事は勤務シフトがきつい

工場の仕事は日勤・夜勤・交替勤務のいずれかで現場を稼働させます。

日勤もしくは夜勤の専属であれば負担はまだ軽減できますが、交替勤務だと慣れていない人には相当きついです。

交替勤務も5勤2休のところもあれば3勤2休など現場によって様々です。

交替勤務をしている方によくある事とすれば「シフトが合わず眠れない」「食欲が出ない」「仕事中に急に眠くなる」などの体調不良を訴えることがしばしばあります。

交替勤務のシフトが自分に合っている人に自分の好きな時間が増えてかつ稼げるシフトですが、合わない人には地獄のような勤務形態になります。

このように工場の勤務シフトがきついと感じるのは個人差がありますが、自身に合っていないシフトのためきついとされるのだと考えます。

工場の仕事は人間関係がきつい

工場の仕事は現場によって劣悪な人間関係の職場が多々あります。特に女性の多い職場は人間関係が酷く、気に食わない新人がいるようなら古参のお局からイジメや嫌がらせを受けたりすることもあるようです。

一方でもちろん人間関係が良い職場も多いですが、これは実際に働いてみないと分からないことでもあるので、もし可能であれば事前に派遣会社の営業担当や採用コーディネーターから情報を聞くことをおすすめします。

工場で働く人の多い退職理由の1つとして「人間関係」が挙げられますが、もともと工場で働く人は他者とのコミュニケーションを極力避けたいと考えている方が多いのでコミュニケーション不足で相手に変な誤解を与えて人間関係を悪化させているのではないかと考えます。

もしコミュニケーション不足を解消できれば工場の仕事は人間関係がきついという問題はおそらく解消されるでしょう。

工場の仕事は職場環境がきつい

工場の仕事はエアコンなど空調が完備されているところと完備されてないところがあります。

空調が完備されているのであれば、まだマシな方ですが空調が完備されてないのは工場の仕事は肉体的にも精神的にもきついです。

例えるならば夏場はサウナ状態で冬場は冷蔵庫のような環境です。

このような環境のなか永遠と単純作業を繰り返すのは、大変きついです。

働く前の情報収集と自分に合った求人に応募しよう

「工場の仕事はきつい」とされる原因は求人を選んだ貴方にも原因があります。

求人をよく調べないまま応募して、結局「仕事が合わない」「仕事がつらい」などの不満が生じてきます。

そうならないためには、まずは求人に応募する前に情報収集を多めにする時間を取ることをおすすめします。

情報収集といっても求人広告にある程度簡単に仕事内容や職場環境、シフトなどは記載されておりますが、それだけでは足りません。

実際に転職エージェントや派遣会社に登録して話を聞きにいき求人広告には記載されていない(できない)情報を集めにいくべきです。

転職エージェントや派遣会社の担当者の方に質問して情報を取りに行っても教えてくれないのではないか?って思う人もいるかと思いますが、意外とあっさり、しかも丁寧に教えてくれることが多いです。

というのも転職エージェントや派遣会社からすると早期離職を1番リスクとして考えており、入社後ミスマッチをおこさないためにざっくばらんに話してくれます。

なので「工場の仕事はつらい」と後悔する前に転職エージェントや派遣会社に登録して相談してみましょう。

工場がきつくて辞めたい人へ

既に「工場がきつい」「もう限界だ!」って感じている人は異業種への転職を視野に入れるのもアリだと思います。

工場がきつくて辞めたいと考えているのであれば、下記のパターンをおすすめします。

①環境に恵まれた別の工場に転職

②工場以外の異業種に転職

上記の2パターンはどちらも現状の環境を変えるという共通点があります。

工場がきつくて辞めたいと考えているのであれば、我慢をせず将来を見据えて行動するのが最善の解決方法だと思います。

また辞めて次の仕事で働きたいと考えているというのは貴方の人生の転機でもあります。そしてキャリアアップのチャンスでもあります。

もし派遣社員として働いているのであれば正社員に転職するチャンスでもありますし、既に正社員で働いている人も異業種でキャリアを積めるチャンスでもあります。

そのチャンスを掴むために貴方はどのように行動していくかが今後の人生の分かれ道です。

成功の確率を上げるのであれば前述でも述べたようにまずは転職エージェントや転職サイトに登録し情報収集から始めてみましょう。