転職

【コールセンターを辞めたい】ストレスで限界を感じたときにベストな対処法を徹底紹介!

コールセンターのお仕事は年齢や性別に関わらず、働くことが可能で求人ニーズも高いといわれている職種です。

またコールセンターのお仕事は特に資格などを持っていなくても他の仕事と比較しても時給が高いのが魅力的ですよね。

しかし、高時給が見込めるメリットがある一方で、ストレスや悩みも多いようで、コールセンターのお仕事を辞めたいと感じている方も多いのではないでしょうか?

今回は、コールセンターを辞めたいと思ってしまう大きな理由や、限界を感じて転職を感じた際に、方向性を見つける対処法をわかりやすく解説していきます。

お疲れ様です。森です。
私は人材業界で営業・採用業務の経験があります。

今回はコールセンターのお仕事について解説をしていきます。
それではさっそくご覧ください!

コールセンターを辞めたいと思う原因とは?

コールセンターのお仕事はシフト制ではありますが、業務時間が安定しており、プライベートと仕事のバランスを取りやすい仕事といわれています。

コールセンターの仕事は家庭との両立がしやすい為、女性に人気の高い仕事です。

また他の職種と比較しても時給が高く、マニュアルに沿ったルーティンワークが多いので、未経験でも始めやすいのも、コールセンターのお仕事が人気の理由の1つかと思います。

しかしコールセンターの仕事を辞めたい・ストレスで限界だと感じてしまう人は多いようで、そういった方たちは次のような原因かもしれません。

ここでは、コールセンターを辞めたいと思う理由を参考にしてみましょう。

健康や安全面の不安によるもの

コールセンターは密になりやすい閉鎖空間に、たくさんのオペレーターが常駐して業務を進めていく環境です。

現在は特に、コロナ禍によって自分自身の健康と安全を守る意識が個人個人で高く持っているため、コールセンターの密な職場環境に不安を覚えて辞めたいと感じる人も少なくはありません。

またコールセンターは、長時間座りっぱなし・インカムやイヤフォンを装着して、お客様にサービス・商品の説明・アドバイス・相談を受けることが毎日の業務のため、心身ともに疲弊しやすく、ストレスを感じやすいことで辞職を考える人も多いようです。

クレームなどへの対処

コールセンターは商品やサービスを提供し、それに疑問・不安を感じるお客様への相談やアドバイスが毎日の基本的な業務になります。

コールセンターに電話をかけてくるお客様にはさまざまなタイプが存在していて、理不尽なクレームを付けられたり、商品・サービスへの不平不満はもちろん、コールセンタースタッフに暴言を吐いたりなどのトラブルも決してめずらしくはありません。

短気なお客様や、単純に暇つぶしのような感覚で長話をするお客様もめずらしくはなく、対面していないとはいえ、それらの対応に疲れて辞めたい気持ちが強くなることがあります。

ノルマや時間厳守対応によるプレッシャー

コールセンターはお客様からの相談を受けるだけではなく、自社が推している商品・サービスをこちら側から積極的に推奨して契約を取る業務もあります。

対面式の営業であれば、お客様の表情などから求めているニーズをくみ取ることが可能になるのですが、相手の顔が見えないコールセンターの場合は、お客様が何を求めているのか判断するのが難しいケースがあります。

お客様に提供する商品やサービスは、1カ月や1週間ごとに厳しいノルマが課せられることもあり、それが強いプレッシャーになることがあります。

そのノルマを達成しないと毎月の給料に反映されたり、まわりにサポートを頼んで負担を与えてしまうため、職場内の人間関係で悩む発端となり、社内に居づらくなって辞めたい気持ちが高まることもあります。

コールセンターを辞めたい|活躍できる異業種とは?

コールセンターの仕事は、集中力や忍耐力、さまざまな商品やサービス内容に詳しくなれる強みがあるため、活躍できる異業種は多いと言えます。

ここでは、コールセンター時代に培った能力やスキルが活きる、おすすめの異業種をまとめてご紹介したいと思います。

販売の仕事

コールセンターの基本業務は、自分から積極的にお客様に電話をかけ、商品やサービスを売り込むことです。

販売業への転職は、お客様が来るのを待つことがスタートになり、コールセンターで培ったコミュニケーションノウハウを接客時に活かすことができます。

また販売職は対面での営業スタイルになるので、普段電話でお客様のニーズをヒアリングするよりも、表情からニーズを汲み取りやすくなり、仕事のやりやすさであったり、楽しさを感じることができるでしょう。

企画関連の仕事

コールセンターでは、お客様の悩みや迷いを適切なアドバイスで解決し、そこからベストな商品・サービスを売り込むスキルを身に付けていくことができます。

企画の仕事は、ユーザーが求める理想やニーズ、悩みを解決するための商品・サービスを考案していく業務となります。

そのためコールセンター時代にお客様から受けた厳しいクレームなどの経験が企画関連の業務に役立ち、より斬新でインパクトのある企画を提案していくことができるでしょう。

サービス業への転職

コールセンターは対面していない接客だからこそ、お客様が求めることを自分なりに考え、ベストな選択をいくつも持っておく必要があります。

コールセンター時代に身に付けてきた、その細かで機転の利いた考え方や実際の対応は、サービス業でも大いに役立ち、同僚や上司、お客様からも重宝される人材に変わっていけることが期待できます。

対面営業の仕事

対面営業での仕事では、直接にお客様と顔を合わせなくても、最近ではオンラインツールなどを活用した働き方が一般的になっています。

お互いの顔が見えないコールセンターに比べると、オンラインを通しての対面はお客様・働く側の両方にとって安心感があるもの。

またコロナ禍の自分自身の健康と安全を守りながら、コールセンターで身に付けたコミュニケーションスキル・細かな情報をウリにして働ける強みがあると言えるでしょう。

コールセンターから転職!就職支援サービスの利用を検討してみよう

コールセンターでの学びや経験が活きる異業種はたくさんあることがわかり、少しは気持ちがラクに・前向きになれたのではないでしょうか?

転職はときに孤独に感じる活動ですが、就職支援サービスを利用することで、転職のプロと二人三脚の効率的な活動ができるようになります。

コールセンターからの転職に、就職支援サービスがおすすめの理由を特徴と合わせて参考にしてみましょう。

履歴書記入や面接のノウハウをアドバイスしてもらえる

転職支援サービスでは、面接担当者に深い印象を残せる履歴書の書き方や添削、面接時に成功しやすいノウハウをアドバイスしてもらうことができます。

就職支援サービスは、さまざまな面接のパターンを想定してシミュレーション、繰り返しの実践アドバイスも受けられるため、実践練習を重ねるたびに前向きな気持ちの維持と強い自信につながりやすくなります。

また細かで丁寧なサポートをしてもらうことで、これまでは気付けなかった自身のウィークポイントが把握でき、正しく成功率が高まるノウハウのみを身に付けられる安心感もありますよ。

転職に求める条件を受け入れてもらいやすい

転職支援サービスでは、

  • 一般的には掲載されていない未公開求人情報の紹介
  • 経歴や経験を問わない未経験者OKの求人
  • コールセンターの経験が活きる異業種

など、自分自身が転職先に求める条件に合ったアドバイス・求人情報をチェックしたりお知らせしてもらうことも可能になっています。

そのため、コールセンター時代の辞めたい原因を見つめ直し、同じ失敗や後悔を繰り返さないと安心できるでしょう。

まとめ

コールセンターは特にメンタル面に負担がかかる業務と言われていますが、これまでの経験は気持ちを強くすることにも一役買ってくれたはずです。

コールセンターでの学び・経験は、強い精神が育ったのだと前向きに受け止め、理想の転職活動と職場で新たなスタートを切ってくださいね。


就職・アルバイトランキング