労務・採用

ソニーの新卒は年収730万円!?気になる高い給料の理由について

恐らく誰でも知っているソニーという大手メーカーの給料ってめちゃくちゃ高いことを知っていますか?

特に就活生の方であれば、「ソニーが大本命!」といった方も多いと思います。

この記事ではソニーに新卒で入社することの魅力などを紹介しているので、就活生の方は是非参考にしてみてくださいね。

私も人生をやり直すことができるのであれば、ソニーのような優良企業で働いてみたいものです…笑

まずはソニーってどのような会社なの?

ソニーは東京都港区に本社を構えており、ゲームやパソコン、生活家電などの電化製品などを製造・販売している日本屈指のメーカーです。

グループ会社も複数あって、グループ会社では保険・介護・音楽・芸能など生活の周りのサービスを豊かにする事業を幅広くおこなっているのが特徴的です。

そのためソニーという会社のロゴは1度くらいは目にしたことがあるのではないでしょうか?

会社概要について

社名ソニー株式会社
設立1946年5月
本社東京都港区港南1-7-1
資本金8,802億円(2020年3月)
事業内容ゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画、エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューション(モバイル・コミュニケーション/イメージング・プロダクツ&ソリューション/ホームエンタテインメント&サウンド)、イメージング&センシング・ソリューション、金融及びその他の事業
従業員数(連結)111,700名(2020年3月)
売上(連結)8兆2,599億円(2019年実績)

売上が8兆円って凄まじいですよね…。

ちなみに8兆円ってどのくらいの規模なのかというと…

  • 2020年のフィリピンの国家予算(8兆6,100万円)
  • 100万円の束を積み上げると8兆円で約80キロの長さ
  • 8兆円の重さは800トン

フィリピンの国家予算と同じくらいの売上ってソニー半端ねぇー。

ソニーは年収が高いの?なんと新卒の年収はMAX730万円

結論からお伝えすると

ソニーの新卒は稼げる可能性が高いっす

なんと新卒で年収が730万円の可能性も見込めるようです。

なぜなら2019年6月3日の日本経済新聞によるとソニーは新卒社員の初任給に差をつける制度を新たに設けたからです。

この制度について簡単に紹介すると、人工知能やAIの領域で専門的なスキルやノウハウのある新卒社員に対して高い給料を支払うようで、

入社後に成果を挙げることができれば、等級(ジョブグレード)もあがり、比例して年収を上げることができるというものになります。

2019年卒の新卒社員は約400人いるので、そのうち対象は5%なので、この中に入ることができた20人は新卒で年収730万円を獲得することができます。

ソニーに入社したら新卒から親の年収を軽く越えてしまうこともあるとはコレもまた凄まじいですね。

ソニーはめっちゃ優良企業!気になる評判・口コミについて

「ソニーに入社したら730万円の年収を稼げる可能性があるって本当なの?」って思いますよね。

実際に何か裏があるのでは…と疑っている人も少なからずいるかもしれないので、ソニーの評判・口コミについて調査してみました。

そうなんだよな〜 ただSONYとかは能力に応じて新卒でも結構な額受け取れるらしいよ….

引用元:Twitter

ソニー の新卒3年目のボーナス200万かよ やば

引用元:Twitter

ソニーは20代課長もいて、割りと実力主義な気がします。高度人材に2割増しで初年度年収730万ということは、普通の新卒にも600万近く出しているのでだいぶ良い方かと。社内の日本人の比率が低い(35-40%くらい)ので実力主義への反対が少ない感じです。

引用元:Twitter

ソニーに新卒で入社できれば誰でも730万円の年収を獲得できるということではないですが、一般的にみても高い年収の部類には入りそうですね。

しかし、新卒でソニーに入社したいと考えている人は多く、その分ライバルたちも多いので、入社のハードルは他の企業と比較しても高いほうだと思います。

優良企業に入社したいけど就活の自信がないっていう人におすすめ就活サービス

ソニーとか名だたる大企業に入社して高待遇で働きたい…けど自分に自信がない人は就活エージェントサービスを利用すると良いです。

就活エージェントは登録・利用が完全無料で、求人の紹介や履歴書・エントリーシートの添削、面接対策などのサポートを受けることができます。

もちろんまずは登録して就活の相談をキャリアアドバイザーにするだけでも全然問題ないです。

優良企業からの内定率を少しでも上げたいと考えている人は就活エージェントサービスの利用がおすすめです。

まずは下記の3つの就活サービスの利用がおすすめですよ。

登録も利用も完全無料なので、まずは相談してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

キャリアチケット

・キャリアアドバイザーが専任で内定獲得まで個別サポートをしてくれる
・多数の企業人事とのパイプがあるので、特別推薦枠が豊富
・最短1週間で内定獲得が可能

キャリアチケットに無料相談

Job Spring

・エージェントが入社後のキャリアプランまで考えて紹介してくれる
・内定獲得率の高さと早期離職の少なさが強み
・就活生の希望に合わせた企業を厳選して紹介してくれる

Job Springに無料相談

digmee

・LINEで手軽に就活ができる
・企業の人事と直接面談ができる
・最大7社から選考パスが与えられる可能性あり

digmeeに無料LINE相談

どのサービスが良いのか分からないって人は、まずはキャリアチケットを利用してみると良いでしょう。

まとめ

この記事ではソニーの新卒の年収は一般的にみても高いということを紹介しました。

ソニーのような優良企業の選考は大部分は書類選考でふるいにかけられてしまいます。

そのためしっかりと自己分析をおこない応募書類のブラッシュアップをすることをおすすめします。

もし就活であまり自信が無いという人は就活サービスを利用すれば、応募書類の添削や面接対策など無料でサポートしてもらえるので、こういったサービスを有効活用することで内定獲得の可能性を高めていきましょう。


就職・アルバイトランキング
【編集部ピックアップ】