転職

【ネイリストを辞めたい】退職理由の本質的な原因と転職先におすすめの仕事を徹底解説!

ネイリストはトレンドの最前線に立ち、お客さまをキレイにしながら自分の美意識も高くキープできる、魅力的な仕事ですよね。

とても華やかな職業で、女性にも人気のあるネイリストですが、実は理想と現実のギャップに悩み、辞めて転職をしたいと考えている人も多いようです。

多くの女性が夢や目標とすることが多いネイリストなのに、実際に働いている女性はナゼ辞めたい・転職を考えてしまうことがあるのか?

今回は、ネイリストを辞めたい人の理由とおすすめの転職先、同じような業界へ転職する際の注意点を合わせて解説していきます。

ネイリストを辞めたい…その原因・理由とは?

年齢を重ねても若々しく、トレンドの最前線にいながら働けるネイリストでも、現実には厳しい点がいくつもあるようです。

ここでは、ネイリストを辞めたいと思ってしまう良くある原因や理由やネイリストの仕事を辞めたい心理について紹介します。

施術と接客の「両立」が難しいから

ネイリストはお客さまが求める理想のネイルデザインを、細かな技術と高い集中力をキープしながら施術を進めていくのが根本的な仕事内容になります。

また施術中はお客さまが決して退屈をしないように、世間話をユーモラスな表現に変えながらコミュニケーションを取っていく必要があります。

ネイリストの集中力・技術力が必要な毎日の施術と、お客さまを楽しませるためのコミュニケーションの両立が難しく、お客さまによって会話の内容を変える必要もあるので、この難しさが辞めたい原因になることもあるのです。

ハードな業務の割には「低収入」である

世間一般的に、ネイリストは高収入で女性が活躍できる業界というイメージが一般的になっていますが、ネイリストの基本給は手取りが15~20万円以下となり、お客さまの予約や指名を取って初めて収入に反映される、歩合制の給料制であることが多いです。

ネイリストとして活躍している女性は、20~30代が圧倒的多数を占めていると言われていますが、この年代の女性の平均的な月収は20~25万円程度が一般的です。

そのため、ネイリストはハードな業務・神経をすり減らすことも多い接客という仕事内容の割には、それに見合った収入を得られず、辞めたい気持ちが高まることもあるようです。

「独立」をしてステップアップしたいため

ネイリストが辞めたいと思うのには、正社員として雇ってもらうのではなく、これまでに身に付けてきた技術や知識を活かすために、独立を考えることも理由のひとつになっています。

ネイルサロンで正社員として働くことは、昇給などのステップアップを狙うことが可能ですが、もらえる給料には上限があります。

そのため、もっと多くの収入を得て豊かなライフスタイル・ワークライフを送りたいと願う女性や、自由なスタイルでネイリストとして活躍するなど独立を志して転職や辞めることを決意するケースがあるようです。

ネイリストから他業種へ転職!これまでの経験が活きる転職先とは?

ネイリストは女性特有の仕事でもあるため、転職が難しいのではないかと悩む人も多いのではないでしょうか?

ネイリストで身に付けてきた技術やコミュニケーションスキルを活かせる、おすすめの転職先をまとめてみましたので、早めに今後の方向性・新しい目標を立ててくださいね。

パティシエ

ネイリストはシンプルでナチュラルな見た目だった女性の爪に、感性とセンス、個性を活かしたデザインを施していく仕事でもあります。

パティシエも実は、ネイリストの技術業務と似たような部分があり、何もない素材に細やかなデザインを施し、お客さまの興味を引きつけたり、新たなトレンドを生み出して販売店を盛り立てることが主な仕事内容になっています。

ネイリストの”その時その時”のトレンドを意識したデザイン技術は、パティシエにも通じる部分があるので、この仕事は経験と知識が活きた、元ネイリストにとってやりがいのある仕事となるでしょう。

飲食店のウェイトレス

ネイリストの仕事は、長時間座りっぱなしの状態となっているため、もっとアクティブに動き回れるような業種を求めることもありますよね。

カフェやホテルのビュッフェ、レストランなどのウェイター業務は、これまで座りっぱなしだったネイリストにとって新鮮に感じ、お客さまへの接客やコミュニケーション業務も、ネイリストの業務と似た部分があります。

ウェイトレスはアクティブな働き方と、きめ細やかなサービス精神を育てていける業種のため、ネイリストとして働いてきた気配り・コミュニケーションのスキルが役立つと言えるでしょう。

一般事務職

ネイリストの仕事では、ネイルサロン内で顧客データや月ごとの売り上げを管理したり、ネイルアートに必要な商品・機材の納入、注文、発注などの事務仕事も毎日の業務のひとつにですよね。

女性が活躍する職場として定番でもある一般事務職は、ネイルサロンでも必要だった事務業務の応用となるため、働きやすく業務内容を飲みこみやすいメリットがあります。

一般事務職は毎日の必要な業務に規則性があり、ネイリストのような細かな接客対応は少ないため、人間関係の難しさが原因でネイリストを辞めたいと思う人にもおすすめの職種となっています。

ネイリストから同業種へ転職する際の注意点とは?

ネイリストを辞めたいと思っていても、ネイリストという業種に魅了されていると、同業種の他のサロンや美容、ファッション関係に特化した職に就きたいと思う方も多いです。

ネイリストから同業種への転職は、これまでに身に付けてきた技術やコミュニケーションスキルを活かして、自分を成長させていけるメリットがあるのですが、いくつかの注意点も理解しておくことが大切です。

ここでは、ネイリストから同じような業界への転職を考えている女性に向けて、意外に見落としてしまいやすい注意点とポイントを解説していきたいと思います。

転職先の「良い部分」だけを見ないように気を付ける

ネイリストから同業種へ転職する際には、転職先の良い部分だけを見て、自分に合った職場・転職先であると早々に判断してしまうこともあります。

転職を決めると、早くそれを終わらせてしまおうと焦る気持ちが高まり、そこから後悔や失敗につながることもあるのです。

どんなに魅力的に感じる同業種の転職先であっても、良い部分ばかりを見て決めてしまうと、

「イメージしていた職場と違う…」「こんなはずではなかった…」

と、理想と現実のギャップに悩んでしまうリスクもあるので、転職を希望している職種・職場の悪い点も一緒に把握しておくようにしましょう。

また転職先に悪い部分が見つかったとしても、そのデメリットに応じた自分なりの対応策をいくつも見つけておくと、万が一の失敗をクリアしやすくなり、安心して働けるようになるはずです。

「トレンドの把握」と「スキルアップへの意識」をなくさない

ネイリストから同業種、たとえば他のネイルサロン、ファッションや美容関係の仕事に転職を考えた際は、トレンドとスキルアップしていく意識をなくさないことが大切です。

この理由は、ネイルであってもファッション、美容であっても、そのときどきでトレンドが細かに変わってくることもあるため。

ネイルサロンや美容、ファッション業界は、次々と新しいトレンドが生み出される、日進月歩的な部分が少なからずあります。

ネイリストから同業種への転職を成功させるためには、最先端のトレンドを把握し、それに沿ったスキルを持ち、レベルアップしていくことこそが大きなポイントになるでしょう。

まとめ

ネイリストを辞めたいと思っても、転職に何から始めたら良いのか迷ってしまう人も少なくはないはず。

お伝えしたポイントをもう一度見直しながら、転職エージェントなどのサポートサービス利用を検討して、元ネイリストひとりひとりの強みを活かせる転職活動を実現してくださいね。


就職・アルバイトランキング