転職

【キャバクラ辞めたい】水商売の定年はいつまで?辞めたい理由と昼職に転職すべき理由を徹底解説!

キャバクラやガールズバーなどの水商売は、いろいろなタイプの男性と出会って人間関係を深め、いつまでも華やかな外見でいられる魅力的なお仕事です。

しかし年齢を重ね水商売としての経験が長くなってくると、転職をした方が良いのか、辞めたい気持ちが高まってしまうこともあるでしょう。

今回はキャバクラやガールズバーを辞めたいと思ってしまう良くある原因と、水商売として活躍できる年齢の限度、スムーズな転職のためのポイントをわかりやすく解説!

水商売から転職したいと考えた際、自分にどんな職業が向いているのか悩んでいるあなたは、ぜひお伝えするポイントを参考にしてくださいね。

お疲れ様です。森です。
私は人材業界で営業や採用領域の経験があります。

最近は将来的な不安から夜職から昼職に転職で悩みを抱える方が増えているようです。
この記事では同じような境遇にいる方のお悩みを解決していきます!

キャバクラ・ガールズーバーなどの水商売はいつまで働けるの?

水商売をしている経験がそれなりに長くなり、女性が年齢を重ねると、誰でもこの仕事をいつまで続けるべきなのかという悩みにぶつかってしまうことが多いのではないでしょうか?

キャバクラ・ガールズバーなどの水商売で活躍できる年代は、一般的に、高校を卒業した18歳~25歳程度と幅が狭くなっています。

もちろん、25歳以上でもキャバクラやガールズバーで活躍している女性は少なくありませんが、25歳を過ぎると昼職への転職を意識し始めたり、水商売でも経営に回る検討をする女性が増えていると言われています。

そのため、水商売は20代前半までに一生懸命働き、多くの知識やコミュニケーションスキルを高めながら、次のステップに進むための転職の準備、貯金などをしておく必要もあるのかもしれませんね。

キャバクラやガールズバーの水商売を辞めたい原因とは?

女性ひとりひとりの魅力やコミュニケーション能力を活かして、華々しい世界のイメージが強いのがキャバクラやガールズバーのお仕事ですよね。

しかし水商売は外見・内面ともに優れた魅力を持っている女性ではないと、活躍できない厳しさがあります。

ここではそんな華やかでやりがいある水商売でも、辞めたいと思ってしまう原因は何か、その理由に迫ってみることにしましょう。

男性客が絡むキャスト同士の人間関係が大変だから

キャバクラやガールズバーの水商売を辞めたいと思う、もっとも大きな原因には男性客が絡む女性同士の人間関係がツラく、消耗してしまいやすいということです。

水商売はキャバクラやガールズバーにかかわらず、どれだけお客さまを掴んで店を盛り立て、自分の収入を高めていくかが毎日の仕事の根本でもあります。

そのようなプロ意識を持った女性同士が集まるキャバクラ・ガールズバーは、お客を取った取られたというキャスト間のトラブルが絶えず、人間関係の難しさ・お客さまを繋ぎとめる難しさに限界を感じ、辞めたい気持ちが高まることがあります。

恋愛相手ではなく「遊びの相手」に見られることが多い

キャバクラやガールズバーで働いている女性は意外と恋愛に関する考え方や意識がとてもピュアな人が多いですよね。

ですが、

  • 水商売という特殊な仕事内容
  • 一般的な職種よりも高額な収入が得られる
  • 外見が華やかなため遊んでいそうに見られる

などがネックとなって、気になる男性に出会っても恋愛対象ではなく一時的な遊びの相手に見られることが少なくありません。

水商売をしている女性は、他のタイプの女性よりも男性心理を理解し、家庭的な一面を持つ人が多いのですが、男性の中にはそれに気付けず、単純に見た目と仕事内容だけを見て遊びの相手と決めつけてしまうことがあります。

真剣な恋愛をしたい、恋をしたい気持ちが高い水商売女性にとって、このような現状は辞めたいことの大きな原因とも言えるのではないでしょうか。

家族や昼職友人の心配が辞めたい原因に?

キャバクラやガールズバーの水商売を辞めたいと思うのは、あなたのことを良く知る家族や昼職の友人の心配が原因になることもめずらしくはありません。

水商売は心身ともに疲弊しやすく、仕事内容も決して単純な業務ではありません。

そのため家族や昼職に就いている友人が健康面・将来性・金銭感覚のすべてを心配し、自分も影響を受け、水商売の仕事に誇りを持てなくなって辞めたい気持ちが高まることがあります。

水商売経験者の女性が転職をして活躍できる職種とは?

キャバクラやガールズバーは、女性それぞれに事情があっての仕事ではあるものの、まだまだ世間的には安定した仕事だとは見られない厳しさがあります。

一度、水商売の仕事を経験してしまうと、昼職への転職が難しい・身に着いた金銭感覚を変えるのが大変というデメリットのイメージを持たれる方が多いのですが、実は水商売の経験を活かして活躍できる昼職はいくつも存在していることに多くの方は気づいていません。

水商売で培ってきた知識とスキル、女性それぞれの個性と美点を活かすことができるよう、ここでは転職におすすめ・活躍できる昼職について一緒に見ていきましょう。

美容部員やエステティシャン

キャバクラやガールズバーで働いてきた女性は、

  • 常に見られている意識を忘れない
  • 男性客に魅力に映るための自分磨きを怠らない
  • 美容に関する情報に敏感である

という強みを持った方が非常に多いです。

美容部員やエステティシャンは、お客さまをキレイにしながら、自分の美意識にも刺激を与えていける魅力的な仕事です。

そのため元水商売の女性が活躍しているケースも多く、興味のある美容に毎日触れながら、美しく健康的なワークライフを過ごせるようになります。

オペレーター

キャバクラやガールズバーは、覚えることが多く、お客さまに対しての細かな気遣いや、指名をもらい続けるために自分磨きが欠かせない等、ときに神経が磨り減る仕事でもありますよね。

そんな疲弊しやすい仕事に携わった経験があると、もっとシンプルでルーティン的な仕事を理想に感じている方は多いようです。

オペレーターの仕事は、マニュアルに沿って案内・相談などを受け付ける仕事となっているので、心身ともに疲弊しにくく、ルーティンな業務で安定したワークライフを進めていくことができます。

また水商売の女性は、それまでの経験で人の話を聞く・アドバイスをするという能力に非常に長けているので、問い合わせやサービス・商品紹介などの営業に必要な業務も自然とこなしていくことができるでしょう。

秘書や会社受付

秘書や会社受付には、外見が華やかで、すらりとしたスタイルの女性をイメージすることが多いのではないでしょうか?

会社の顔・花形の部署と呼ばれることも多い秘書や会社受付は、キャバクラやガールズバーなどの水商売で働いてきた女性の外見的な魅力にマッチングしやすいと考えられています。

また秘書や経理、事務職に関連する資格を取得しておくと、元水商売の女性でも転職に有利になったり、年齢を重ねても長く仕事が続けられるメリットがあります。

秘書や会社受付は、水商売と同じような細やかな気配り・華やかな外見を維持するなど、似通った部分が多くあるため、元水商売の女性が活躍しやすい昼職と言えるでしょう。

まとめ

キャバクラやガールズバーとして活躍できる期間はあっという間です。

そのため、女性の年齢にかかわらずに昼職に就く計画を早めに進めておくことが、辞めたいと思う原因の解決・安定の未来を叶える秘訣になります。

これまでの水商売の経験では、他の職種では得られないような知識と気配りのココロが身についているはずなので、前向きな転職活動でやりがいのある昼職を見つけてくださいね!


就職・アルバイトランキング