転職

【バス運転手を辞めたい】辞めた方が良い人と退職するときの対処法を徹底解説!

バスは公共交通機関で人々には無くてはならない移動手段の1つです。
そのためバスの運転手はいつの時代でもニーズが高い職種かと思います。

しかし、現在バスの運転手として働いている方の中には、さまざまな要因・健康面の問題などで「辞めたい」「転職をしたい」と考える人が意外に多いというのが現状としてあります。

バスの運転手はルーティンな業務で働きやすい業務のイメージが強くありますが、辞めたいと思う人が多い現状にはどのような理由・心理があるのでしょうか?

ここでは、バス運転手を辞めたいと思う人の理由と、おすすめの転職先に合わせて、退職時の注意点をわかりやすく解説してみたいと思います!

お疲れ様です。森です。
私は人材業界で営業・採用業務の経験があります。

今回はバス運転手の方のお仕事の悩みの解決方法について紹介していきます!
さっそくご覧ください!

【バス運転手を辞めたい】転職を考えてしまう原因・心理とは?

バスの運転手の仕事は地域に密着した働き方と、健康・安全への意識を自然に高めていくことができるといえます。

バスを運転するための資格やスキルが必要になるので、決して誰もがなれる訳ではありませんが、次のような原因が重なると、辞めたい・転職したい気持ちが高まることもあるようです。

そこで現役バス運転手によく見られる辞めたい・転職したい原因・心理をまとめてみました。

心身の健康管理が難しいため

バス運転手は早朝から深夜までの長時間のダイヤを組まれることも多く、休日は一般的に3日に1回程度と言われています。

そんなバス運転手の業務は長時間同じ姿勢と集中力が必要不可欠です。
そのため心身ともに休まる暇もなく、健康面での不安を心配する人が多いようです。

また、バス運転手は、安全運転を心がけることはもちろん、自分と乗客の安全、お客さまの安心と信頼を獲得しなければなりません。

高い運転技術はもちろん、乗客に気を配るコミュニケーション能力も必要になるため、心身の消耗から辞めたい・転職したい気持ちが強くなっていくことがあるのです。

給料が安いため

バス運転手は一般的に、公務員や自営業などの職種に比べると、給料が安いというウィークポイントがあります。

バス運転手の給料は、その会社によって多少の差異はあるものの、

  • 走った㎞×8円
  • 貸し切りバスの場合は走った㎞×4円

が一般的な相場となっております。

それなりの技術・コミュニケーション能力・経験が長かったとしても、大学初任給よりも給料が安いというケースもあります。

豊かで安定した生活のためには、ある程度の年収は誰しもが必要としていますよね。
しかしバスの運転手はこういった給料面を理由に辞めたい気持ちが高まる方も少なくありません。

監視と時間厳守のプレッシャーが負担になる

意外に知られていないことも多いのですが、バス内には事故防止・何かのトラブル時に役立つドライブレコーダーが設置されています。

ドライブレコーダーはバス運転手の勤務や乗客の様子を事細かに映し出し、監視するための目的もあるため、「ドライブレコーダーで常に見られている」とプレッシャーに感じる人も多いようです。

さらにバスは定められたダイヤに沿った運航をしなければならず、時間を厳守しないと最悪クレームになることもあります。

時間厳守の意識はあっても、天気や乗降客の流れ、渋滞の具合などによってスムーズな運転ができないこともあるため、その毎回の焦りやプレッシャーなどから辞めたい・転職したい原因につながることも多いようです。

【バス運転手を辞めたい】転職を考えた際の注意点を押さえておこう

バス運転手を辞めて違う業種に転職したいと考えた際は、転職の方向性を見直しながら、本当に後悔しないか・気持ちがラクに前向きになれるかどうかも見直しておきたい大事なポイントになります。

ここからは、バス運転手が転職を考えた際に、意外に見落としやすい注意点とスムーズな転職活動を進めるためのポイントを合わせてお伝えしていきたいと思います。

バス運転手を辞めた方が良いor向いているタイプを見直しておこう

バス運転手を辞めたいと思った際には、自分がこの職種に”向いている・向いていない”をもう一度見つめ直してみると、転職で後悔しない選択ができるのではないでしょうか。

バス運転手に向いているタイプとは、大まかに下記の3つになります。

  1. 人とのコミュニケーションが好きである
  2. 運転が好きである
  3. できるだけバス運転手を長く続けたいという気持ちがある

もし自分が少しでも上記に当てはまっているのであれば、まだまだバス運転手として活躍できる可能性が大いにあるのです。

逆にバス運転手に向いていない・転職した方が良いかもしれないタイプの人には、

  • バス運転手のルーティンな業務が負担に感じる
  • 監視や時間厳守などの厳しいルールに限界を感じている
  • 接客能力が低いと感じる

などのウィークポイントがあるため、自分の内面・働き方・仕事に関する意識や姿勢をもう一度見直して、転職を考えてみるのが良いのではないでしょうか。

どんな業界でもいきなり高給取りにはなれない

バス運転手は、ハードな業務内容の割に、給料が少ないため、待遇面が原因で辞めたいと思う人も少なくはないでしょう。

しかし、一般的に高収入と言われている業界であっても、転職したばかりの頃は未経験・新人扱いになるため、はじめから高額な給料を得ることはハードルが高いです。

転職の際に待遇面の良い求人ばかりを狙って転職活動を進めても、未経験であるがゆえに年収が下がるケースは大いにあります。

そのため自分自身どのような仕事が長く続けられそうかを1番大事にしながら転職活動を進めていってほしいです。

【バス運転手を辞めたい】これまでの経験が活きる転職先3選

バス運転手を辞めて新しい世界で活躍したいと転職を考えた際には、これまでの経験・技術力を活かせる仕事に就くことが1番理想的な転職ですよね。

そこでこちらではバスの運転手で培ったスキルを活かせるおすすめの転職先3選をご紹介したいと思います。

接客業

バス運転手はお客さまとのコミュニケーションも毎日の欠かせない業務内容のひとつとなっているため、コミュニケーション能力を身に付けた方が多いのではないでしょうか。

バスの運転手で培った親しみやすいコミュニケーションスキルを接客業に活かすことで異業種でも活躍できる可能性が大いにあります。

また、長時間じっと安全と健康を守りながらの運転に、心身ともに負担や単調さを感じてしまっている場合も、接客業という世界は人と人との触れ合いを密にしながら、新しい出会いに新鮮味と刺激を受けることができるのではないでしょうか。

介護タクシーの運転手

バス運転手からの転職先で多いのが、運転技術やコミュニケーション能力が活かせる介護タクシーの運転手といわれています。

現在は高齢化社会と言われているので、介護タクシーはニーズの高い業種でもあり、バス運転手に比べると、個人間での接客・運転サービスとなるため、そこまでのプレッシャーを感じる心配がないと言えます。

また介護タクシーは、一般的なタクシーのように待機する必要が少なく、予約を多く取れば取るほどに給料に反映されていくので、大きなやりがいを感じることができるでしょう。

技術関係の仕事

バス運転手からの転職では、整備士や工事現場などの技術的な仕事も注目を集めています。

バス運転手は車体の整備や技術、システムについても豊富な知識を身に付けているため、技術関係の仕事は馴染みやすく、バス運転手よりも給料が良いケースも多数あります。

また技術関係の仕事は、接客などの業務がほとんどないため、バス運転手時代に人間関係に苦労してしまった人にとっても気楽に感じられることでしょう。

まとめ

バス運転手を辞めたい・転職を考えた際は、転職の難しさも意識しながら、本当に後悔しない選択ができるかどうかが重要なポイントになります。

バス運転手時代の経験を最大限に生かすことができるよう、これまでの働き方・ベストな転職先を見つける準備を慎重かつ丁寧に進めていってくださいね!


就職・アルバイトランキング
【スポンサーリンク】

東京総合法務事務所の減額診断は匿名で家族や知人にバレることなく、簡単に自分の借金がいくら減るのか?ネットで調べることができます。

無料の減額診断は簡単な質問に答えて進めることができるので、数分で完了できますので、もし借金でお悩みの方は、ぜひ試してみてください!